マンションリフォーム・リノベーション

FIKA-「斬新すぎる」と方針転換、カフェ風に

費用:

1200万円

実施エリア:

千葉県市川市

延床面積:

62平米

築年数:

14年

内容:

Nさんご夫婦は、部屋の一部がマンション共用部にかかっていたため、物件購入前にしっかりプランニング。
当初のテーマは「整理整頓」。棚に箱をずらりと並べて収納し、全体のトーンはモノクロで、廊下の壁を斜めにして・・・と。
しかしその後、「やっぱり、斬新すぎるかもしれない、初心に戻ります」とお気持ちが変わったため、プランを大幅に変更。最終的に目指したのは、「カフェのような家」です。
 そこで、当初のプランから、いらないものを引いて行くという作業が始まりました。ご夫婦が好きな素材やパーツは最後まで残しました。具体的には、ローズウッドのフローリング、青い扉、黒革鉄風のスチール。「整理整頓」の世界観は、ウオークインクローゼットに少し残っています。
家づくりにおいて、プランを進める中で世界観が変わるのはしょうがないこと。最初のプランニングしっかりやっておけば、その後がらりと雰囲気を変えたくなっても大丈夫です。

リビング

ローズウッドのフローリングが落ちついた雰囲気を演出している

LDK

木目を多用し、朝コーヒーをゆっくり飲めるような空間

クローゼット

まるでおしゃれなショップのよう

キッチン

キッチンの棚の金具などには黒革鉄風スチールを使用した

リビング

お気に入りの洋服は見せて収納

洗面

洗面台には大きな鏡を設置した

照明

照明は、エジソン球を使ったスズラン灯

廊下

玄関からリビングに抜ける廊下。左側の壁は黒板塗装だ

キッチン

キッチンの壁は少し高くして、手元を隠した

キッチン

コンパクトで使いやすいキッチン

リビング

木目のある素材を多様した、温かみのあるリビング

リビング

白い扉はウオークインクローゼットへ、青い扉はベッドルームへ

クローゼット

ウオークインクローゼットの扉は全面ミラーだ

ベッドルーム

コンパクトなベッドルーム。青い扉がかわいらしい

この専門家のプロジェクト一覧