マンションリノベーション

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を (リビングダイニング)

リビングダイニング

リビング。左の白い壁の向こうが寝室だ

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を (キッチン)

キッチン

無骨なかっこよさのある業務用キッチン

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を (廊下)

廊下

廊下の両側は収納。左側はカーテンに

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を (玄関)

玄関

和を感じる素材を使った玄関

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を (寝室)

寝室

寝室はざっくりとした雰囲気に

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を (天井)

天井

寝室とリビングは繋がっている

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を (暗室)

暗室

洗面所の扉の一部を開くと作業場が

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都目黒区

費用

設計・施工:1000万円

施工面積

56.7㎡

改修規模

フルリノベーション

築年数

35年

期間

設計:3ヶ月 、施工:3ヶ月

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、監理を担当

大のカメラ好きのYさんのご要望は「暗室」でした。そして「広めの玄関」。月に1度くらいとのことだったので、暗室は洗面所の一部に作ることに。普段は洗面所ですが、隅にある扉を開けると中には現像用の流しがあり、引き延ばし機も収納されています。作業をするときは、洗面所の出入り口の扉を閉めれば、部屋全体が暗室になり、洗面所の扉を開ければ、キッチンから風呂まで一直線につながり、家事動線がとてもスムーズです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

ご主人は千葉県、奥様は都内で働いているご夫婦です。社宅に住んでいましたが、取り壊しが決まったため、新しい住まいを探すことになり、新築も検討したものの、せっかくなら「趣味を生かした部屋にしたい」と相談に来られました。

この事例の見どころや工夫したところ

キッチンはカウンターが高めの半クローズドな空間。シンクやコンロは業務用。寝室はとてもコンパクトです。都会と自然、趣味と仕事。無駄なところにお金はかけず、好きなことを身の丈で実現したバランスのいい住まいです。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

ブルースタジオ

ブルースタジオ

ブルースタジオ

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都中野区東中野1-55-4 大島ビル第2別館

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

ブルースタジオさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ