2017年04月21日更新

リノベーション会社・建築家紹介(リノベーション会社紹介)

築28年の中古マンションをブルースタジオがリノベーションしたら、どうなる?

たとえ同じ間取りでも全く異なる部屋、暮らしへと変化するのが、リノベーションのおもしろさ。数多くのリノベーション住宅を手がけてきた第一線のプロが提案したプランとは?実際のマンションの見学ツアーの最終回にあたる今回は、ブルースタジオの斬新な提案をご覧いただきます。


今回見学したマンションはこちら

実際に販売されているマンションを見学しながらリノベーションについて学ぶ今回のイベントでは、住友林業が手がける一棟丸ごとリノベーションマンション『フォレスティア上北沢』を訪れました。

フォレスティア上北沢

フォレスティア上北沢

イベントでは、SUVACOで日頃からユーザーの相談を受けているアドバイザーの竹村が、リノベーション前の住戸、スケルトン住戸、リノベーション済みの住戸の3タイプ案内し、物件のチェックポイントを紹介しました。

マンションリノベには3タイプある!実際の中古物件でメリット・デメリットを確認するには?

これら3タイプの物件については、3Dstyleeを提供するエフマイナーの協力のもと、住戸内を360°眺められるVR撮影も行いました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【360°VR体験】同じ間取りのリノベーションマンションを比べてみました。ビフォー→スケルトン→アフターをVRで体験

そして物件見学の後は、ブルースタジオ執行役員である石井健さんによるリノベーションセミナーを開催しました。石井さんは数多くのリノベーション住宅を手がけ、リノベーションがここまで浸透する基礎を作った立役者です。

【石井健さんプロフィール】
1969年 福岡県生。1992年 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業
ブルースタジオ執行役員/建築家・不動産コンサルタント。
日本のリノベーション・シーンの黎明期から多数のリノベーションを手掛けてきた。
著書:『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)

リノベーション・リフォーム会社 ブルースタジオ

ブルースタジオ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

“中古+リノベーション”のワンストップサービスで、 あなたの「くらし」にあわせた「家」づくりのお手伝いをします。



それでは、どんなプランが出てくるか見ていきましょう!

もしもあなたがフォレスティア上北沢でリノベーションをするとしたら… by ブルースタジオ

まずマンションのロケーションを確認。京王線「上北沢」駅から徒歩4分に位置しています。

駅からのアクセスマップ

駅からのアクセスマップ

現地写真

現地写真

今回、対象となったのは角住戸の306号室です。

現地写真

現地写真

まずは物件の特性を知ろう!!

まずはこの物件、この住戸の特性をつかむところからです。

1. 鉄筋コンクリート造 壁式構造
2. 階段室型(中央玄関で左右振り分け)
3. 元設計は3LDK
4. 浴室エリアは移動しないほうが合理的

出典:フォレスティア上北沢

こうした特性を元に物件の日当たりや窓の位置、壁や配管を確認していきます。浴室エリアは移動させないほうが合理的なので残します。

「フォレスティア上北沢」物件の特性 byブルースタジオ

「フォレスティア上北沢」物件の特性 byブルースタジオ

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例

これらの特性を元にまずは、いわゆるリノベーション「的」な典型的なプランを考えていただきました。まずはゾーニングから。

「フォレスティア上北沢」【プランA】ゾーニング byブルースタジオ

「フォレスティア上北沢」【プランA】ゾーニング byブルースタジオ

広い玄関土間や将来間仕切りもできる寝室、ウォークインクローゼット、広いリビングと開放的なキッチンなど、リノベーションで人気の高い要素を詰め込んだゾーニングになっています。

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 イメージ写真 byブルースタジオ

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 イメージ写真 byブルースタジオ

これを元に具体的な間取りにまで落とし込んだのが、以下のプランです。

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

【プランB】「巨大タタミ小上がり」がある暮らし

次に石井さんが提案したのが、南側のリビング・ダイニングスペースに巨大な畳の小上がりをつくるという大胆なプラン。先ほどのプランAと比較してみましょう。

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

【プランB】「巨大タタミ小上がり」がある暮らし byブルースタジオ

【プランB】「巨大タタミ小上がり」がある暮らし byブルースタジオ

リビング・ダイニング・キッチンを一体化させ、そこに巨大な畳スペースをしつらえました。キッチンは長いテーブルと一体化させ、小上がりとつながるように。

おもしろいのは、小上がりの周囲にある回遊通路とインナーテラス。これがあることで畳スペースの周りを自由に回遊することができるうえ、インナーテラスをバルコニーと一続きの土間のようなスペースとして活用できます。

下記は別の物件ですが、実際の巨大小上がりの写真です。

巨大な小上がりスペース byブルースタジオ

巨大な小上がりスペース byブルースタジオ

【プランC】「ファミリーライブラリー」がある暮らし

最後は、玄関を抜けて右側にある寝室エリアのリノベーションプランです。

はじめのプランでは広めの玄関土間と、2つに区切れる寝室、ウォークインクローゼット(WIC)という間取りでしたが、ここにも工夫の余地があると石井さんはおっしゃいます。

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

このプランCでは、玄関から入って右のスペースに3つの寝室と収納スペースを設けるとともに、なんとそこへ至る入り口部分を丸くくり抜いてしまいました。

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

【プランA】リノベーション「的」住まいの典型例 byブルースタジオ

こうすることで、玄関土間から各居室へ至る道が単なる通路ではなく、家族で共有できる空間へと変貌します。たとえばこの丸い空間に本棚をしつらえ、ベンチを配せばファミリーライブラリーとして家族が交流できる場所へ生まれ変わるのです。

ファミリーライブラリーの実例写真 byブルースタジオ

ファミリーライブラリーの実例写真 byブルースタジオ

「実は家の中は、思った以上にいろんなことができるんです」と石井さんはおっしゃいます。

たとえ同じ間取りで、動かせない壁があったとしても、発想次第でこれだけの自由な住まいを作り出すことができるのです。そしてこれこそが、リノベーション、家づくりのおもしろさなのです。

ブルースタジオ執行役員 石井さん

ブルースタジオ執行役員 石井さん

イベントを終えて

3回に渡って、イベントの様子をお伝えしました。

中古マンションのリノベーションといっても、いくつかのパターンがあり、それぞれにメリットやチェックポイントがあること、そして、たとえ同じ間取りだとしても、住む人の暮らしのあり方、自由な発想によって、住まいはいかようにでもカタチを変えることを実例とともにお伝えしました。

ぜひみなさまのリノベーションのヒントになればうれしく思います。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • 斜め窓のあるリビングダイニング
  • 書斎(ロフト)
  • 温かなダイニングキッチン
  • 外観
  • 扉を開けるとキッチンパントリーへとつながる
自分らしい家、誰とつくる?