アクセントカラー に関する記事や事例写真、Q&A

アクセントカラーは強調色とも呼ばれ、ファッションやインテリアの色彩の中で色調に変化をつけたり、他の色調を強調する役割を果たす色のことを指す。メインとなる色とは異なる色彩・彩度・明度の色を壁紙やクッション、カーテンなどに少し取り入れることで、部屋全体の印象を引き締めることができる。

アクセントカラーは強調色とも呼ばれ、ファッションやインテリアの色彩の中で色調に変化をつけたり、他の色調を強調する役割を果たす色のことを指す。メインとなる色とは異なる色彩・彩度・明度の色を壁紙やクッション、カーテンなどに少し取り入れることで、部屋全体の印象を引き締めることができる。

アクセントカラーの画像1 アクセントカラーの画像3 アクセントカラーの画像2

1〜12件を表示 (全1101件)

雰囲気づくりに一役買うカーテンの存在

2015-03-02 20:00:00 | 5442

インテリア(ファブリック)

部屋の雰囲気をガラリと変えたいと思った時に、まず思いつくのが壁紙を変える事だと思います。 しかし、壁紙を変更するのはかなり大変。思い通りの雰囲気にならなかった時に、やり直しが手軽に出来ないというリスクもあります。そこで、提案したいのがカーテンの取り替えです。部屋の中でも大きな面積を取っているカーテンは、部屋の雰囲気づくりにも一役かっています。カーテンの魅力は何といってもゆらゆらとなびくドレープの美しさです。壁紙には無い、風にゆらめくカーテンはどこか暖か味を感じる存在です。暖か味を感じつつ、手軽に部屋の雰囲気を変えてみませんか。カーテンでつくる部屋の雰囲気ご紹介いたします。

アクセントは色使い!色と共にある生活

2014-09-21 12:00:00 | 2435

注文住宅HOW TO(注文住宅 その他)

日本の住宅は、おおよそ多色使いを好みません。風土や気候的なものや尊ばれる素材感からも、多色は受け入れられなかったのかもしれません。 現代人の私たちにも、わびさび文化を美徳するスピリッツが無意識ながらも息づいているのでしょう。 多色の効果はいくつかあります。空間にハリを与え、強弱を付けます。そこでは合理的なアクティビティも生まれるはずです。 生活とともに変化する好みに合わせて、変えることもできます。空間の新陳代謝が期待できます。曇りの多い日、採光がとりにくい室内には色が発してくれる明るさがあります。是非そういった場所には効果的に多色を取入れてみてください。