古民家 に関する記事や事例写真、Q&A

築50年以上経った、日本の伝統的な工法で建てられた住宅を指すことが多い。町家や武家屋敷、農家など、種類はさまざまあるが、昔ながらの間取りや木材の風合いが価値として見直され、再び住宅や飲食店として活用されている事例も多く見られる。

築50年以上経った、日本の伝統的な工法で建てられた住宅を指すことが多い。町家や武家屋敷、農家など、種類はさまざまあるが、昔ながらの間取りや木材の風合いが価値として見直され、再び住宅や飲食店として活用されている事例も多く見られる。

古民家の画像1 古民家の画像3 古民家の画像2

1〜12件を表示 (全171件)

京都の町家が現代スタイルに。町家リノベーション事例まとめ

2016-08-20 21:30:00 | 2016

リノベーション・リフォーム(その他)

京都の商業地区や埼玉の川越に現存する「町家」。もともとは町人が住む民家で、店舗併設の都市型住居のことを指します。 蔵造などに代表される重厚な造りの町家もあり、現存する建物も少なくありません。そんな町家の魅力を活かしたリノベーション事例をご紹介します。

現代によみがえるお洒落な長屋リノベーション6選

2017-04-28 08:00:00 | 895

リノベーション・リフォーム(その他)

古くて狭いイメージのある「長屋」ですが、近頃はリフォームやリノベーションにより、快適でおしゃれな住宅に生まれ変わっています。そもそも長屋とはどのようなものなのでしょうか。そして、どのような形に生まれ変わり、現代で住まわれているのでしょうか。