古民家 に関する記事や事例写真、Q&A

築50年以上経った、日本の伝統的な工法で建てられた住宅を指すことが多い。町家や武家屋敷、農家など、種類はさまざまあるが、昔ながらの間取りや木材の風合いが価値として見直され、再び住宅や飲食店として活用されている事例も多く見られる。

築50年以上経った、日本の伝統的な工法で建てられた住宅を指すことが多い。町家や武家屋敷、農家など、種類はさまざまあるが、昔ながらの間取りや木材の風合いが価値として見直され、再び住宅や飲食店として活用されている事例も多く見られる。

古民家の画像1 古民家の画像3 古民家の画像2

1〜12件を表示 (全334件)

下町の古き良き時代の趣を-故郷を感じる民家風のおうち

2015-04-24 20:00:00 | 3419

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

下町というと、人情味あふれる商店や、軒の連なった町並みを思い浮かびますよね。本来下町とは、江戸時代の庶民が住んでいた地域、土地の低い場所(海や川に近い低地)を指すようですが、その定義を外れる場所でも、いわゆる下町と呼ばれ親しまれているようです。下町に住んでいた方はもちろん、観光などで訪れると、どこか懐かしさを感じませんか? 時代を感じる民家風の趣は、懐かしいふるさとを感じられほっこりした気持ちになりますよね。どこか懐かしくそれでいて新しい、故郷を感じる家。最近はそういった日本の古き良き次代を取り入れた家も増えてきているようですよ。