古民家 に関する記事や事例写真、Q&A

築50年以上経った、日本の伝統的な工法で建てられた住宅を指すことが多い。町家や武家屋敷、農家など、種類はさまざまあるが、昔ながらの間取りや木材の風合いが価値として見直され、再び住宅や飲食店として活用されている事例も多く見られる。

築50年以上経った、日本の伝統的な工法で建てられた住宅を指すことが多い。町家や武家屋敷、農家など、種類はさまざまあるが、昔ながらの間取りや木材の風合いが価値として見直され、再び住宅や飲食店として活用されている事例も多く見られる。

古民家の画像1 古民家の画像3 古民家の画像2

1〜12件を表示 (全186件)

古き良き日本を感じる古民家リノベーション♪

2015-01-26 21:30:00 | 37064

リノベーション事例(古民家・町家リノベーション事例)

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。 飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。 そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

古い家をリフォーム・リノベーションして、快適な暮らしを手に入れる

2015-07-08 23:00:00 | 4199

リノベーション事例(古民家・町家リノベーション事例)

築年数が重なり家が古くなってくると、気持ちまでなんだか疲れてしまいそう。リフォーム・リノベーションをすることで、気持ちも一新、生まれ変わったような気持ちになれますよ。快適な暮らしを手に入れたお宅のリフォーム・リノベーション事例をご覧ください。

改築ではなく進化させる古民家の新しい住まい方

2016-01-16 09:00:00 | 2701

リノベーション事例(古民家・町家リノベーション事例)

「古民家再生」という言葉をご存知ですか。文字通り現存する古民家の良さを活かし、その再生を図り住居や商業施設としての再利用を図る取り組みです。近年では、地域活性化のために古民家を利用した商業施設、廃校を利用した「道の駅」など、さまざまな取り組みにより、古き良き日本の建造物を維持するための活動が見直されています。古民家のメリットとして、使用されている木材の希少性や資源の保護、新建材によるシックハウスのクリア、固定資産税の軽減など、様々なメリットが挙げられます。 一方でデメリットとして、耐震構造や断熱性の問題、解体や廃材処分の問題など、経験豊富なリフォームの専門家でも、必要費用の見積もりが難しく、実際に工事に入った後で必要経費が発生するなど、費用面での不安があるのも事実です。 そんな「古民家」を改築するのではなく、進化させて再利用する新しい家の住まい方をご紹介します。