古民家・町家リノベーションの読みもの一覧|リノベーション

古民家・町家リノベーションに関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

古民家リノベーション事例40選

2019/05/07更新|79579 ViewSUVACO編集部

古民家リノベーション事例40選

日本の伝統的な工法で建てられた古民家を訪れると、どこか懐かしくホッとする人も多いのでは?最近では古民家や古い町家のよさに気づき、古民家をリノベーションして住んだり、カフェにしたりする人も増え、人気を呼んでいます。長い年月を経た空間だからこそ、生まれる心地よさがそこにはあるのです。 それでは、古民家リノベーションの事例をみていきましょう。

住み継がれるヴィンテージハウス 和の戸建て・古民家リノベーション事例集

2017/04/09更新|4973 Viewfumio

住み継がれるヴィンテージハウス 和の戸建て・古民家リノベーション事例集

古い家には新しい家にない味わいがあります。時間を積み重ねることでしか出せない梁や柱の風合いは、新築にはない魅力です。だからと言ってただ古いだけでは、現代の生活スタイルに合わなかったり、好みでなかったりするのも事実。和の良さを残しつつ、現代的でおしゃれにリノベーションされた事例をご紹介します。

古民家再生のススメ。風情と落ち着きのある古民家事例集

2017/02/08更新|6329 Viewsonohiro

古民家再生のススメ。風情と落ち着きのある古民家事例集

古民家とは概ね築年数が戦前に建てられた民家の事を言います。(具体的な建築年の定義はなし) 新居を選ぶ際に新築を建てるのも良いですが、趣のある古民家に住む、又はリノベーションをして住むというのも新築で住むとはまた違った良さがあります。そんな良さがたくさん詰まった古民家の実例を紹介したいと思います。

築100年の古民家も再生。「昭和の香り漂う和風の家」をリノベーションして住む

2016/09/01更新|6062 Viewklug

築100年の古民家も再生。「昭和の香り漂う和風の家」をリノベーションして住む

日本の夏といえば、夏祭りに縁日、花火大会など、昔ながらの行事が各地で行われます。 御神輿や盆踊り、法被や浴衣姿など、夏の風物詩ともいえる情景を見ると「ああ、今年も夏が来たな」というワクワク感と子供の頃の夏休みの思い出が蘇り、どこか懐かしくほっこりとした気持ちにさせられます。今回は、そんな日本の風情が残る「昭和の香り漂う和風の家」を厳選してご紹介します。

レトロ好き必見。古民家を味わう暮らし

2016/05/30更新|9556 Viewcucumber

レトロ好き必見。古民家を味わう暮らし

日本では家屋は30年サイクルで立て直されると言われています。もちろんもっと永く住む人もたくさんいますが、古くなった家は解体して新築する人も多いです。しかし海外では古い家屋はリフォームなどの手入れをされて、永く住まれるということが多いようです。築80年や築100年を超えた古民家をリフォームした事例を見てみましょう。

『古民家リノベーション』のススメ

2016/05/24更新|4588 Viewスミレ4539

『古民家リノベーション』のススメ

最近使われだした言葉として”リノベーション”があります。リノベーションとは、住まいをより質の高い空間にする事を目的とし、間取りを変更したり、設備を最新式のものに入れ替えたりする事を言います。 なかでもブームになっているのは「古民家リノベーション」。古民家とは、一般的に100年以上の古い日本の伝統的な建築工法で建てられた建物のことです。古い民家を現代生活に合わせてリノベーションし、日本ならではの生活を楽しみましょう。

”京都の美しい町並みをいつまでも・・・”という思いから生まれた「ナカクラの現代京町家(株式会社 中藏)」のリノベーション事例

2016/02/08更新|3577 Viewhypericum

”京都の美しい町並みをいつまでも・・・”という思いから生まれた「ナカクラの現代京町家(株式会社 中藏)」のリノベーション事例

京都を訪れると、美しい町並みに”和”を感じ、心が和みます。京都における”京町屋”は日本の財産ともいえますね。京町屋の多くは俗に「うなぎの寝床」と言われる細長い形をしています。このような敷地で快適に生活をするには、経験と知識あるリフォーム・リノベーション会社に相談することが一番です。

捨てるのはもったいない!古材を活かしたアンティークリノベーション

2016/01/31更新|8982 ViewMeru

捨てるのはもったいない!古材を活かしたアンティークリノベーション

古材とは古い民家を解体した時に出てくる木材などの資材を指し、リノベーションをする際にも多くの古材が出ます。良質な木材は何十年経っていても再利用できるものが多く、それを活かすことでアンティークの良さが加わった新しい住宅に生まれ変わります。最近はそんな古材の魅力に注目が集まり、わざと古材風の木材を使う手法も多く見られるようになりました。古材の魅力が溢れる素敵なアンティークリノベーションを見てみましょう。

アメリカの建築事情に見る「リクレイム」とは?

2016/01/25更新|4462 Viewklug

アメリカの建築事情に見る「リクレイム」とは?

アメリカで注目されている「リクレイム」とは、建築に対する思想や見解のひとつです。もともと「再生利用」や「取り戻す」「開拓する」という意味を持つ言葉ですが、今この「リクレイム」が全米で話題になっています。アメリカと日本では風土の違いはありますが、日本各地に現存する古い寺院やお城など千年以上前からの建造物があることを考えると、「リクレイム」が注目されるのはごく自然なことのように思えます。 最近では、古材ではなく、敢えて「リクレイムウッド」と呼ぶなど、古びた味わいを活かした建材や家具の再利用化も見直されつつあります。実際にどんな風に使われているのか、事例を見ながらご紹介いたします。

改築ではなく進化させる古民家の新しい住まい方

2016/01/16更新|5054 Viewklug

改築ではなく進化させる古民家の新しい住まい方

「古民家再生」という言葉をご存知ですか。文字通り現存する古民家の良さを活かし、その再生を図り住居や商業施設としての再利用を図る取り組みです。近年では、地域活性化のために古民家を利用した商業施設、廃校を利用した「道の駅」など、さまざまな取り組みにより、古き良き日本の建造物を維持するための活動が見直されています。古民家のメリットとして、使用されている木材の希少性や資源の保護、新建材によるシックハウスのクリア、固定資産税の軽減など、様々なメリットが挙げられます。 一方でデメリットとして、耐震構造や断熱性の問題、解体や廃材処分の問題など、経験豊富なリフォームの専門家でも、必要費用の見積もりが難しく、実際に工事に入った後で必要経費が発生するなど、費用面での不安があるのも事実です。 そんな「古民家」を改築するのではなく、進化させて再利用する新しい家の住まい方をご紹介します。

築50年超えていても快適な暮らしリノベーション

2015/12/31更新|7509 Viewchao-chiko

築50年超えていても快適な暮らしリノベーション

築年数の経った物件をリノベーションするという決断は、色々と不安要素も多いですよね。 新築の時以上の性能へと工事するのがリノベーションではありますが、土台は基本的にそのまま使うので、工事をしてあと何年住めるのか?快適な生活を送れるのか?耐久性はどうなのか?…など、少なからず気にかかるところではないでしょうか? 古い建物だから土台もガタがきている…と思うのは大きな間違いですよ! 良い材料を使い腕の良い職人の手で建てられた住宅は、たとえ何年経っていても頑丈でビクともしません。 また、文化的な価値も高く、柱や梁など経年劣化した部分もまた美しいものです。 不安な部分があれば事前に専門家の方に内覧同行などして頂き、納得いくまで確認してもらいましょう! 今回は、築50年を超える住宅リノベーションについてご紹介させて頂きます。

スウェーデンに見る古民家再生。1890年代に建った家

2014/10/19更新|5126 ViewSUVACO編集部

スウェーデンに見る古民家再生。1890年代に建った家

日本では最近、古民家ブームです。 自分の気に入った古民家を購入、理想通りにリフォームして、住んでおられる方も増えてきました。 北欧スウェーデンでは、古民家は当たり前。新築よりもある意味中古の方を好まれる方も多く、首都ストックホルムにも、1800年代に建てられたマンションが街中にたくさんあります。今回紹介するのは、スウェーデン中部にある町の郊外に建てられた一戸建て。1890年代築です。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る