お金(資金・ローン・補助金)のQ&A一覧

より快適に、機能的に、そしておしゃれにしたいという要望に応えられる注文住宅やリフォーム・リノベーションは、一体どのくらいの予算でできるのでしょうか? どのタイミングでいくらかかるのか、住宅ローンや設計料の内容、コストを下げるアイデアなど、お金に関するよくある質問と専門家からの回答をご紹介します。

表示順:

リフォームローンの審査内容について教えて。

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-20 16:45:32 | 5  | 256

リフォームローンの借入を予定しております。金融期間からローン借入を行うのと、リフォーム会社やリノベーション会社の提携ローンを使うのでは何が違うのでしょうか?メリット・デメリットがあるのでしょうか?

銀行ローンは変動・固定が選べて、低金利で長期に借りられて、住宅ローンとリフォーム分をセットで借りられるものもあります。ただ、諸費用が別途です。低額で組むと高くついてしまう可能性があるので、高額向きです。 提携ローンは基本的に固定型で、銀行ローンに比べると金利が高く、短期のローンです。書類だけの一発審査であり、最近ではネット申込ができるものもあります。店頭での打合せなどを必要としない「お手軽さ」もメリットの一つです。金利が高いといっても、諸費用など全て込み込みなので、低額向きです。 高額なら銀行ローン、低額なら提携ローンがお得ですが、リフォーム分が低額だったとしても、住宅ローンを組むのであれば、住宅ローンとのセットをお勧めします。短期であったとしても、その期間のローン支払が二重になりますから。

続きを読む

設計料やコーディネート料はいつ支払うの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:40:46 | 4  | 173

設計料やコーディネート料はいつ支払うのでしょうか?

各設計事務所でそれぞれ設定していますが,通常3〜4回(リノベーションならば2〜3回)に分けてお支払い頂くことが多いです. 以下,一般的な新築の場合のお支払いタイミングです. ・設計契約時 ・基本設計終了時(規模・構造・間取り・デザインの大枠が決まった段階) ・実施設計終了時(確認申請・工事契約が終わった段階) ・工事監理終了時(工事が完了してお引き渡しが済んだ段階)

続きを読む

リフォーム・リノベーションの時に、手持ちでいくら持っておけばいいの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-27 18:35:13 | 2  | 216

リフォーム・リノベーションを行う場合に、手元にどの程度の資金を用意しておけば良いでしょうか?

規模や仕様によって大きく変わってくると思います。ただ、どれくらい資金が必要かよりも自分たちの理想の暮らしはどのようなもので、現在どれくらい資金を用意できるか、というところから考えて計画の優先順位をきちんと考えていく方法がいいと思います。

続きを読む

新しい住まいを考えた時って、今の生活に見合った資金計画を計画した方が良いの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:12:35 | 5  | 252

現在、家賃15万円の賃貸アパートに住んでいます。生活水準を下げたくないのですが、同程度の返済で済むような資金計画にしたほうがよいのでしょうか?何から考えたらよいのかわからず困っています。

月々の支出と年間の支出の両方を確認しつつ資金計画を立てられるのが良いかと思います。 マンションを購入されると、管理費や修繕積立金などローン返済の他にも月々支払うべきお金が発生しますので、それらの合計支出と今の家賃とを比べられた方が良いかと思います。 また、新耐震の不動産を購入された場合は、その他の適用条件を満たせば、住宅ローン減税を受ける事ができますので、このことも月々の支払いとは別に確認されるのが良いでしょう。 つまり、住宅ローン減税によって所得税が控除される(控除しきれなかった分は住民税から控除されます)ので、月々の支払いが若干今よりも高くなったとしても、年間で考えた際には減税分を考慮することによって今と同等になるというケースも考えられます。 お金の事は、住宅ローン以外の事も含めて総合的に考えて頂いた方がよいと思いますので、より具体的に生活の支出を検証されたいという方は、まずはフィナンシャルプランナーなどにご相談されるのも良いかと思います。

続きを読む

住宅ローンがまだ残っているけど、リフォームローンって組める?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:13:14 | 4  | 182

住宅ローンの残債が600万円ありますが、リフォームローンを組む事は可能でしょうか?(主人の収入が500万円、私の収入が450万円です。)

借入の可能額を算出する場合は、現在の借入残額ではなく毎月の返済額で算出します。住宅ローンの年間返済額と新たな「リフォームローン」の年間返済額がご年収に対する返済比率で金融機関の定める基準値以内に収まれば審査の対象となります。又、生計を共にするご夫婦共働きの場合は、お二人の収入を合算して計算することが出来ます。

続きを読む

別荘のリフォームでもローンは組めるの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-20 15:24:02 | 4  | 145

中古で購入した別荘をリフォームしようと思っております。自身が住まない家はローンの借り入れが出来ないと聞きましたが、何か良い方法はありませんか?

住宅ローンは自分で住まない住宅や別荘には原則使えません。そのような建物のためのローンとしてセカンドハウスローンというものがありますが、こちらは一般の住宅ローンより金利が高くなっています。ただ、最近は銀行によりいろいろな形のローンが用意されているようですので、銀行やファイナンシャルプランナーの無料相談会などを利用し相談してみるのもいいかもしれません。

続きを読む

他の借り入れを住宅ローンに入れられる?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:51:56 | 3  | 203

妻に内緒のクレジットカードの借り入れがあります。住宅ローンと合わせて隠すことは可能でしょうか?

住宅ローンの借入限度額は「年収に対する返済比率」で算出されます。これは「年収(月収)に対していくらまでだったら滞納のリスクが少なく返済してもらえるか」を各銀行が規定にあわせて算出するものです。この「返済」は当然、住宅ローン以外に「現在あるすべての借入」が対象になります。予定する住宅ローンの支払額とクレジットカードの支払額との合計が、「年収に対する返済比率」で余裕のある数値となれば、「カードの返済はそのまま」で融資が実行されるケースもあります。担当者に事情を打ち明け、この「比率」を計算してもらうことが必要です。

続きを読む

ローンを組むのに、相談に行く先やタイミングって?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:30:03 | 4  | 319

中古マンションを購入してリノベーションしたいと考えています。トータルで5000万円以内に収めたいと考えており、自己資金は800万円です。夫婦合わせた年収は1300万円(夫:900万円、妻:400万円)です。この場合にローンについては最初にどこに相談しに行けば宜しいのでしょうか?設計事務所やリノベーション会社にローンや資金計画を相談しても宜しいのでしょうか?

視点が二つあるのですが、①お借入可能かどうかの確認、②総予算に収めるための資金計画、という見方です。 ①の場合は銀行へ行き、収入証明などを提出して審査を受けていただければ可能かどうかは判別つきます。 一方で、ローンの斡旋なども行ってくれるリノベーション会社に相談すれば、大枠のお借入れ可能額も分かり、且つ②の工事費やその他諸費用も含めた資金(予算)計画も立ててくれます。 設計事務所でも資金計画を立案することが可能な方もいらっしゃるかもしれませんが、実感値では専門外な方が多いと思います。 工事費も借入が必要になる資金計画になる場合には、銀行によって制約や条件が異なりますので、経験が多く、それらに長けていて統括的に判断してベストな金融機関を提案できる会社がお勧めです。

続きを読む

設計料を住宅ローンに組み込めるの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-20 15:20:15 | 3  | 570

設計料を住宅ローンに組み込む事は出来ますか?

工務店などの設計・施工一貫で請負う会社の場合は、工事費に設計・監理料が含まれてますので可能だと思いますが、設計事務所に支払う設計・監理料は、諸費用という扱いになり、一般的に住宅ローンには算入できません。但し、諸費用専用ローンというもので算入可能になると思います。

続きを読む

リフォーム・リノベーションの設計料について聞きたい。

お金(資金・ローン・補助金)

2016-07-25 15:22:13 | 2  | 125

リフォーム・リノベーションをお願いする場合、平均的な設計料はあるのでしょうか?設計料が掛からない会社もありましたが何が違うのでしょうか?

設計料はあります。リノベーションに限らず新築でも設計図という物がなければ、工事はできません。また設計料がかからない会社でも、見積上に反映されていないだけで別項目に設計料が加算されています。

続きを読む

リフォームやリノベーションでローンを組むための条件が知りたい。

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-20 16:46:54 | 5  | 261

リフォーム、リノベーションでローンを組むための条件を教えて下さい。または、リフォーム、リノベーションでローンを組めないのはどんな方になりますでしょうか?

住宅ローンの条件はそれぞれの金融機関のパンフレットやホームページに記載されていますが、「人」に対する審査では、以下のような内容を見られるのが一般的です。 ・年齢 ・職種、勤務先、勤続年数 ・年収 ・すでに借り入れている他の借入と返済状況 ・過去の借入の返済履歴 特に、転職したばかりの方、過去に返済を延滞したことがある方は、思うようにローンを組めないことがあるので、注意が必要です。 また、マイカーローンや教育ローン、クレジットカードのリボ払いなどすでに借入がある場合は、それらの借入も含めて審査されます。 なお、リノベーション工事費を含めて住宅ローンを組む場合、金融機関によっては「工事費=物件価格×30%まで」など、物件価格に対する工事費の上限が決められていることがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

続きを読む

融資の金額を別で使ってしまった・・・

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:00:29 | 3  | 183

リフォームローンを金融機関から融資して頂きましたが、家庭の事情で別用途で使ってしまいました。現在、資金が無いのでリフォームが出来なくなりました。この場合の金融機関への返済はどの様になりますでしょうか?

金融機関のローンは大きく分けて「目的ローン」と「フリーローン」の2つに分かれます。「リフォームローン」は前者の「目的ローン」で「リフォームという目的にのみ使用を限定したローン」となります。よって、他の用途に使用してしまったことが金融機関に知れた場合、「全額の一括返済」をしなければいけないなどの「契約条項」が存在します。 まずはお手元の「契約条項」を確認してください。あとの判断は「金融機関ごと」となります。率直にご自身の事情を担当者にお話ししてください。場合によっては「フリーローン」への借り換えを検討してくれることがあるかもしれませんし、他の金融機関から「フリーローン」を調達するという方法を検討するケースもあるでしょう。

続きを読む

現金一括支払いの場合は、値引きってあるの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:00:59 | 3  | 508

所有しているマンションを800万円ほどでリノベーションしたいと思っております。全額を現金で支払うことが出来るのですが、値引きなどはありますでしょうか?

「現金」か「ローン」かで値引きをするかどうかの判断はあまり無いと思います。「ローン」であっても「最終的にちゃんと入金されれば現金と差して変わりはない」と考えるからです。

続きを読む

「手付金」「申込金」って何?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:13:31 | 5  | 206

不動産購入の際によく耳にする「手付金」「申込金」とは何ですか?

「手付金」ですが、これは売買契約の締結時に支払われる金銭です。 残代金支払い時に売買代金の一部として充当されます。 また、契約を軽んじないように、下記のルールが原則となります。 例)契約時に50万円の手付を支払った場合 買主の都合で、解約する場合 ⇒ 50万円は没収されます。 売主の都合で、解約する場合 ⇒ 50万円は手元に戻り、別途同額を売主から受領します。 次に「申込金」ですが、順位の確保や、購入の意思確認に費用がかかる会社もあるようです。 契約が決まっても「全額は返せない」と言われるケースもあるようなので どうしてもお支払いしなければならない場合は、お支払い前に 『いかなる理由でも本人の希望があれば金銭が返却される』ことを必ず確認してください。

続きを読む

材料や施工のコストを下げるアイデアってある?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-07-15 16:08:04 | 4  | 505

限られた予算の中で何ができるかを自分なりに考えてみたいのですが、金額をおさえるためのアイデアを下さい。

すべての希望をひとつひとつ見積もって積み上げると高くなりがちです。すべての希望を並べてみると、まとめられる内容もあるでしょう。一時的にしか使われないこともあるかもしれません。10年20年のスパンで考えた時に、最初にやるべきことを絞ってみてください。そのコストを洗い出してみれば、案外それで行ける場合もあります。そういった内容整理をすることが、専門家の仕事でもあります。

続きを読む

銀行で希望額、ローンが組めそうにないのだけれど・・・

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 15:59:24 | 5  | 452

ある銀行に相談しているのですが希望する金額が得られず物件購入をあきらめようかと思っています。他の金融機関にあたっても無駄でしょうか?

銀行ローンも金融商品の一つです。借りる方の属性や買う物件によって、条件が変わるし、向いている商品と向いていない商品があります。 また、個人で銀行と交渉するよりも、不動産会社や建築会社を介した方が好条件になる可能性もあります。 まずは不動産会社に相談することをお勧めします。

続きを読む

銀行以外でもリフォームやリノベーションのローンって組めるの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:14:21 | 4  | 174

リフォームローン、リノベーションローンは銀行以外でも組む事ができますか?

リフォームローンは銀行以外にも信用金庫などの金融機関で取扱があります。また、不動産担保型や無担保型など種類もありますので、借入額や返済期間などで適切なお借入先を決めて頂くのがよいと思います。 また、住宅ローンの借り換えをする際にリフォーム分を追加して借入することができるケースもありますので、住宅ローンを返済中の方はこちらもご検討されるのはいかがでしょうか。

続きを読む

注文住宅を建てたいけど、どのタイミングでどのくらい初期費用が必要なの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-17 10:21:23 | 4  | 1338

世田谷区に土地を買ってRC造で注文住宅を建てたいと思っており、現在は電鉄系の大手不動産会社で物件探しを行っております。土地は諸々込みで5000万円以内、上物は設計料など諸々込みで3000万円以内で考えております。初期費用として2,000万円は現金で用意しております。土地購入〜引き渡しまでの間にどのタイミングで現金が必要になりますでしょうか?現金2000万円で足りますでしょうか?

基本的な流れは、「土地契約(不動産屋)」→「設計監理契約(設計事務所)」→「建物工事契約(建設会社)」となります。 土地契約は契約時に手付金(10%程度)・決済時に残金、設計監理契約は契約時・設計完了時・着工時・竣工時の4分割、建物工事契約は着工時・上棟時・竣工時の3分割が一般的な支払いスケジュールになります。 住宅ローンは建物竣工時にしか融資されませんので、それまでの支払いには「つなぎ融資」が必要になります。(金融機関によっては、つなぎ融資ではなく住宅ローンを分割で融資してくれる場合もあります。) つなぎ融資はどの金融機関でも行っているわけではなく、またつなぎ融資だけの利用はほとんどできませんので、つなぎ融資を行っている金融機関で住宅ローンを含めた相談が必要です。 今回の場合は、土地決済時に現金が不足しますので、そこでつなぎ融資が必要になってきます。 なお、設計監理契約と建物工事契約に関しては、支払い条件を変えることが出来ることもありますので、必要に応じて相談してみてもいいと思います。 また、土地を購入してから設計事務所へ建物の相談をされることが多いと思われますが、土地条件によっては希望する建物が実現できなかったり、工事に思わぬ予算が必要になる場合もあります。 ですので、土地購入の段階から設計事務所へ相談されることをお勧めします。 多少の費用はかかるかもしれませんが、一緒に土地を見に行ってもらったり、場合によっては簡単なイメージプランを作ってくれたりします。 また、思わぬ掘り出し物件(何らかの不都合があって安い土地)でも、建築家の知恵と工夫で有効利用できたりすることもありますので、結果的には割安になるとも考えられます。 全ての設計事務所が土地探しからの依頼を受けてくれるかどうかはわかりませんが、そのあたりから親身になって付き合ってくれる設計事務所は、良い事務所としてのひとつの判断材料となるかもしれません。

続きを読む

転職直後でも住宅ローンは組めるの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-27 18:39:50 | 2  | 70

外資系の大手から、国内ベンチャー起業に転職しました。年収は少し落ちましたが、あまり変わりありません。転職して1年しか経っていないのですが、住宅ローン(リフォームローン、リノベーションローン)を組む事は難しいでしょうか?

転職1年を経過していれば相談にのってくれる金融機関は存在します。出来れば「源泉徴収」で1年(1月~12月)の収入が記載されているのがベストですが、1年分の「給与明細」で「見込年収」を算出してくれる場合があります。

続きを読む

無担保・有担保ローンの違いって?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 15:59:51 | 5  | 176

無担保ローンと有担保ローンはどの様に違うのでしょうか?

無担保ローンとは文字どおり担保を必要としないローンで、銀行や信販会社など、多くの金融機関で取り扱っています。「リフォームローン」という名称のローンの多くは無担保ローンです。ただし、無担保ローンの限度額は有担保の住宅ローンと比べて低く、返済期間は短く、金利は高く設定されます。リノベーションを前提に中古物件を購入し、工事費にローンを使おうと考えている場合は、あらかじめ「物件購入費+リノベーション工事費」をまとめて住宅ローンを組むようにしたほうがお得です。

続きを読む