家づくりQ&A一覧

ほとんどの人にとって初めての経験となる、家づくりやリノベーション。検討の初期段階から実施するまでに出会うであろうさまざまな疑問・悩み・不安を、Q&Aという形式で解決するコーナーです。建築家やリノベーション会社、アドバイザーなど、住宅に関するプロたちが回答を寄せています。

表示順:

スキップハウスのメリット・デメリットって?

プランニング

2016-06-14 16:08:00 | 3  | 1161

スキップハウスのメリット・デメリットを教えて下さい。

メリットは, ・それぞれの部屋にある程度独立性を与えつつ,一体感があって動きのある空間が作れること ・旗竿敷地や密集地などでは,各室単独で十分な採光を取ることが難しいため,スキップフロアにして違うレベルの部屋から採光を取るなどの立体的な工夫をすることができること. デメリットは ・何層にも渡っての一体空間となるため,日本では一般的な,各室を単独でエアコンで冷暖房をすることが難しく,家全体を冷暖房する計画にする必要があること ですが,これはうまく計画すれば,ヒートショックを起こさない健康的な家になるメリットでもありますが,設計当初からしっかりした温熱環境計画を行う必要があります. ・竣工後の音遮断は難しいので,どうしても音を漏らしたくないエリアを当初から計画する必要があること. ・バリアフリーにならないため,体調が悪かったり怪我をしたときなど,思わぬ負担に感じることがあること ・ルンバなどのロボット掃除機には向かないこと などでしょうか.どんなプランも長短ありますので,ご自分の生活スタイルと合致するかどうかを専門家とよく話し合うことが重要です.

続きを読む

新しい住まいを考えた時って、今の生活に見合った資金計画を計画した方が良いの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-14 16:12:00 | 5  | 1473

現在、家賃15万円の賃貸アパートに住んでいます。生活水準を下げたくないのですが、同程度の返済で済むような資金計画にしたほうがよいのでしょうか?何から考えたらよいのかわからず困っています。

月々の支出と年間の支出の両方を確認しつつ資金計画を立てられるのが良いかと思います。 マンションを購入されると、管理費や修繕積立金などローン返済の他にも月々支払うべきお金が発生しますので、それらの合計支出と今の家賃とを比べられた方が良いかと思います。 また、新耐震の不動産を購入された場合は、その他の適用条件を満たせば、住宅ローン減税を受ける事ができますので、このことも月々の支払いとは別に確認されるのが良いでしょう。 つまり、住宅ローン減税によって所得税が控除される(控除しきれなかった分は住民税から控除されます)ので、月々の支払いが若干今よりも高くなったとしても、年間で考えた際には減税分を考慮することによって今と同等になるというケースも考えられます。 お金の事は、住宅ローン以外の事も含めて総合的に考えて頂いた方がよいと思いますので、より具体的に生活の支出を検証されたいという方は、まずはフィナンシャルプランナーなどにご相談されるのも良いかと思います。

続きを読む

床暖房を入れたいのだけど・・・

プランニング

2016-06-27 18:32:00 | 2  | 1481

15畳のリビングダイニングに床暖房を導入したいと思っております。どの程度のコストが掛かりますでしょうか?

床暖房の方式により金額は大きく変わります。 一番安上がりなのは電気式のものと思います。床面にパイプを張り巡らし不凍液で熱を伝える方式は熱源により ガス、灯油を燃料としたものが有り施工費は割高です。申し訳ありませんが地域により施工費が変わりますので価格の提示は出来かねます。一度ご相談ください。

続きを読む

それぞれの建築家の違いってあるの?

専門家選び

2016-06-14 16:10:00 | 5  | 1481

それぞれの建築家の方で違いが出てくるのはどのような点でしょうか?

ありとあらゆるところで違いが出てきますが、例えば、設計を進める中で、間取り優先型と構造優先型の2タイプに分かれるように思います。デザインだけを優先する建築家もいますが、それは少数だと思います。 間取り優先型の人は、お客様の要望を拾っていくうちに、柱を入れるべきところに入れないなど不合理な構造にさせてしまうことがあります。構造優先型の人は、決めた空間の中にお客様の要望を無理やり詰め込む傾向があったりします。一般的にはベテランになるほど、間取りと構造のバランスがとれてくるように思われます。また、間取りと構造のバランスをとりやすいという観点から、得意な構造方式を選びがちだったりします。 その構造というのは、建築は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造(以下RC造)の3つの方式に分かれます。住宅のみを設計している建築家は木造が圧倒的に多く、木の扱いに精通する一方、RC造については不得意だったりします。その逆にマンションや業務施設などが多い建築家はRC造や鉄骨造が多く、木造には精通していなかったりすることがあります。依頼をする時、その建築家はどういった構造方式が多いかHP等で確認したほうがよいでしょう。 どんな条件であってもデザインというのは、その建築家の個性が出てくるものです。今までやってきた作風をきちんと確認したうえで、依頼したほうが賢明です。また、建築家の方も、きちんと見てくれていることが判れば、設計もしやすくクオリティの高い住宅をつくることにつながっていきます。

続きを読む

マンションの玄関ドアは交換できないって聞いたけれど本当?

プランニング

2016-06-14 16:09:00 | 5  | 6240

マンションのリノベーションを考えています。せっかくリノベーションで自分好みのデザインにしても現在のドアを残すのだとすると雰囲気が台無しになりそうです。マンションでは玄関ドアは交換できないのですか?

玄関ドアは窓サッシと同じく共用部扱いの部分になります。リノベーションによって工事が行える範囲は専有部に限られていますので、共用部である玄関ドアや窓サッシは交換することができないとお考え下さい。 ただ、玄関ドアの室内側の面は好きな色に塗装できるケースが多いので、色や質感を変えることでリノベーションの雰囲気に合わせることはできます。実際に、塗装される方が多いですよ。

続きを読む

二重天井と二重床って何?

土地・物件探し

2016-06-14 16:48:00 | 4  | 1336

二重天井や二重床って何ですか?そうでないものは買わないほうがいいですか?

専有部内の天井や床のつくり方のことです。 二重天井/二重床は、コンクリートスラブに天井組み/床組をして、そこに天井面/床面を仕上げているつくり方です。それとは別にコンクリートスラブに直接仕上げ材を施すつくり方もあり、それを直天井/直床といいます。二重天井は裏スペースがあり、二重床は床下スペースがありますので、そこに電気の配線や給排水管を通すことになります。もともと直天井/直床だったお部屋を二重天井/二重床にする場合は、天井高が低くなりますが、できるだけ天井高を取れるようなご提案をしていますし、何かができなくなる、というわけではありません。

続きを読む

天窓を付けたいけど、注意点ってあるの?

プランニング

2016-06-20 15:52:00 | 3  | 1446

天窓をつけたいのですが、メンテナンスなど気を付けたほうが良い点を教えて下さい。

プライバシーを保ちながら室内にたくさんの光が入るトップライト。しかし、気をつけなければならないこともあります。まずは何と言っても施工状況が悪いと雨漏りの原因になってしまいます。また、手の届かない場所に設置することも多いので、窓拭きなどの清掃がしにくいということも理解しておく必要があるでしょう。また、思いの外雨音が大きかったり、つける場所によっては夏の日差しが暑すぎる場合もあります。しかし、施工方法や設置場所をきちんと検討すれば朝の明るい日差しや、夜には月や星を見ることもできますし、開閉式を選択すれば気持ちのいい風や換気窓として有効に働いてくれるでしょう。

続きを読む

家づくりを進める中で当初の見積もり費用が膨らみやすいのはなんで?

見積もり・契約

2016-06-20 16:21:00 | 3  | 2020

家づくりを進めていくと、当初の見積もりより費用が膨らむことが多いと聞きました。なぜでしょうか?

工務店やハウスメーカーに設計施工で頼んだ場合。 当初の見積もりの内容が曖昧なため。 専門家ではないので、見積もり内容を詳細にチェックができないため。理解できないため 当初の見積もりが曖昧なので、どこで費用が膨らんだかわからないため。 オプションや規格にない仕様を取り入れたため。 建築家に設計を頼んだ場合 建築主の要望を、できる限り取り入れて設計をするため。 予算ぴったりではなく、少し仕様を上げて見積もりを取るため。(私の場合) 設計の仕様を、施工者が必要以上に過敏に計上するため。 いずれにしましても、 理想の住まいづくりをするためには 住まいに対する明確なプライオリティを持ち、建築家と密接に相談し、煮詰めていくことが大切です。

続きを読む

中古マンション内覧時に見るポイントって?

土地・物件探し

2016-06-14 16:11:00 | 4  | 1293

中古マンションを購入しようと思います。内覧時にチェックするポイントを教えて下さい。

内覧時ということに限っていうならば、まずはその住戸自体の環境と共用部の状態を確認しましょう。窓の向きや外に何があるかなど、図面だけではわからない環境と共用部の管理が行き届いているかは自分ではどうにもならない点ですので、確認が大切です。その次に、水廻り設備の状態とリフォームする時に移設などが容易かどうかなどチェックできれば良いのですが、なかなか難しいでしょう。リフォーム前提の場合は、信頼できる設計士や業者にいっしょに見てもらうことをおすすめします。

続きを読む

マンションでリノベーションするのに管理組合がうるさい場合があると聞いたのだけれど・・・

施工・竣工・引き渡し

2016-06-14 16:09:00 | 2  | 1101

マンションのリノベーションで管理組合がうるさい場合があると聞きました。どのあたりを注意すればよいですか?

工事に取りかかる前段階からしっかりと説明を行い、管理組合と関係性を築くことが大切です。 その際、過去にそのマンションで行われている工事の内容を理解した上で、適切な対応を行っていきます。

続きを読む

中古戸建物件を買う時のチェックポイントって?

土地・物件探し

2016-06-14 16:33:00 | 3  | 1880

戸建物件を購入しリノベーションを考えています。戸建購入の際に、必ずチェックしておくべき箇所はありますか?

戸建の場合は設備配管は比較的変更しやすいため、まず構造のチェックが一番重要です。耐震性は、築年数からも類推できますが、地盤や基礎の状態をチェックすべきでしょう。扉やサッシが閉まらない、床がへこむ 場合も構造のゆがみと直結している場合もあります。既存住宅インスペクション(診断)資格のある専門家に見てもらうのもお勧めです。

続きを読む

リフォームやリノベーションでローンを組むための条件が知りたい。

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-20 16:46:00 | 5  | 1530

リフォーム、リノベーションでローンを組むための条件を教えて下さい。または、リフォーム、リノベーションでローンを組めないのはどんな方になりますでしょうか?

住宅ローンの条件はそれぞれの金融機関のパンフレットやホームページに記載されていますが、「人」に対する審査では、以下のような内容を見られるのが一般的です。 ・年齢 ・職種、勤務先、勤続年数 ・年収 ・すでに借り入れている他の借入と返済状況 ・過去の借入の返済履歴 特に、転職したばかりの方、過去に返済を延滞したことがある方は、思うようにローンを組めないことがあるので、注意が必要です。 また、マイカーローンや教育ローン、クレジットカードのリボ払いなどすでに借入がある場合は、それらの借入も含めて審査されます。 なお、リノベーション工事費を含めて住宅ローンを組む場合、金融機関によっては「工事費=物件価格×30%まで」など、物件価格に対する工事費の上限が決められていることがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

続きを読む

趣味の自転車をいじるピットがほしいけど、室内に作ったら狭くなりそうで・・・

プランニング

2016-06-14 16:27:00 | 5  | 844

自転車をメンテナンスできるピットのようなものを作りたいです。1部屋使ってしまうのは嫁に怒られそうなので他に良い実現方法があれば教えてください。

やはり玄関からの出入りを考えると、玄関土間のスペースを広げて、ピットスペースを作る事が良いと思います。ただ、マンションの場合ですと、管理規約でエレベータ内に自転車を入れてることはNGなど、室内に自転 車を持ち込む事が困難なマンションもありますので、事前に管理規約や使用細則を良く確認した上で検討した方が良いでしょう。

続きを読む

壁を取って、大きな一部屋を作りたいのだけれど・・・

プランニング

2016-06-27 18:46:00 | 2  | 1078

リノベーションで壁を取り大きな一部屋にしたいと思っているのですが、構造上の限界などについて教えてください。

リノベーションにより大きな空間を作る場合は、建物がどのような構造か、また現状がどのような状況か、により変わってきます。計画時の図面と現況をきちんと調査した上で建築家等の専門家に依頼し検討した方がいいでしょう。

続きを読む

段階的なリノベーションって現実的?

はじめに

2016-06-14 16:50:00 | 3  | 1055

予算的なこともあり、リノベーションを段階的に行いたいと考えております。一度入居した後だと難しいポイントなどあれば教えてください。

入居した後に難しいというよりは、水廻りなどを段階的に行うと2度手間になる可能性は高く、はじめの計画があいまいだと最終的にやりたい事ができないという事態になりかねません。まずは、最終の想定プランやデザインイメージなどはしっかり固めて、どこで分けるのが無駄がないかを建築家やリフォーム会社などと良く検討して決めましょう。また、入居後のリノベーションは時間もかかるので経費がかさむ可能性はあります。ある程度は一緒にリノベーションした方が仮設養生費や経費などを圧縮することができます。

続きを読む

棚を付けるのに壁の下地を探す方法って?

施工・竣工・引き渡し

2016-06-14 16:28:00 | 3  | 1268

DIYで棚を作りたいのですが、壁に下地があるかどうか見分ける方法はありますか?

“下地チェッカー”という道具が、ホームセンターなので購入できます。 「針を刺して確認するタイプ」(1,000円前後)は、小さな穴が空いてしまいますので 予算があれば電波で検知する「センサータイプ」(2,000円前後)をオススメいたします。

続きを読む

リノベーション相談前に用意しておくといいものは?

専門家選び

2016-06-14 16:32:00 | 8  | 1958

持ちマンションのフルリノベーションを考えています。専門家に相談する際に用意しておくとよい情報はありますか?

こちらでもお調べすることができますが、事前に下記の内容をご用意の上、ご相談いただけると、その場でリノベーションでできるコト/できないコトのご説明がより具体的にできるかと思います。 【管理規約の修繕に関する記載内容】 フローリングの遮音性能に対する決まりなど、各マンションによって決められている制約事項などがありますので、その確認のため。 【建物竣工図のうち、お部屋に関わるページなど】 設備の配管ルートなどが分かる資料があると、キッチンやお風呂などの設備の位置変更の話ができます。また、お部屋の平面詳細が分かる資料があると、撤去できる壁と撤去できない壁の話から、どのような間取り変更が可能かよりリノベーションの具体的なご説明ができるかと思います。 【資金計画】 持ちマンションの場合、住宅ローンを利用したリノベーション費用の借入ができませんので、リフォームローンのご利用か現金をご用意いただく、という選択肢になるかと思います。そのため、ご予算の資金計画も重要になってまいりますね。ご予算によってご説明する内容も変わってくることが考えられますので、ご相談の際には資金計画やご予算をどのようにお考えなのかをお教えいただけると適切なアドバイスができるかと思います。

続きを読む