2016年06月14日

お金(資金・ローン・補助金)

洪水地を避けるために調べるべきことは?

〇〇区で土地購入を検討していますが、大雨により洪水する土地が多い様です。洪水地を避けるために、どの様な事を調べればよいでしょうか?

147view
宮田聡夫 / 牧島哲郎」からの回答

国交省や市役所のホームページに、洪水ハザードマップ等が掲載されていますので利用してみて下さい。
但し、高台や洪水の心配のない地域でも、最近のゲリラ豪雨では、雨水が下水本管の処理能力を超えて流れ込み、つまり流しきれなくなってオーバーフローし浸水することも多いので、こちらも注意が必要です。
とは言え、下水管の配管図を手配して流量を計算するということは現実的ではありませんので、実際のところは過去の記録等を調べてみるのがアナログですが最も有効だったりします。
近所に古くからお住まいの方がいらっしゃったら、お話をうかがってみるといいかもしれません。
また、日本の地名にはその土地の特徴を表したものが多いと言われます。「谷」や「沼」や「池」などの字の付く土地は注意が必要です。
もちろん、現代では開発され土地の形状も変わってきていますが、意外とそのあたりの状況は変わっていないことが多かったりします。

津野恵美子」からの回答

まず自治体のハザードマップを確認しましょう.どの程度の雨量に対して,どの程度の浸水があるか地図上にプロットされているので,洪水が出やすい地帯がわかります.
あとは,周辺に古い住宅がある場合,それらの家が軒並み道路より数段あがっているのに,候補の敷地は道路からフラットに整地されていたりすると要注意です.
その他,周辺に川がある地帯は地形上洪水になりやすいですが,最近は暗渠にして遊歩道にしている川も多いです.付近に遊歩道がある場合は,昔の地図や公図などを確認して,以前川だったかどうかを確認するとよいでしょう.

田嶋英人」からの回答

市役所等に確認することが早道です。建築指導課や建築行政課等が窓口です。また地名に水に関するもの、湿地に関するものは一般的にその可能性が大きい場合が有ります。古い地図等で確認するという方法もありですが素人の方には不向きです。

SUVACOアドバイザー」からの回答

国土交通省のハザードマップで、大雨による浸水想定区域や洪水のリスクを確認することができます。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

お金(資金・ローン・補助金)のQ&A

設計料やコーディネート料はいつ支払うの?

設計料やコーディネート料はいつ支払うのでしょうか?

注文住宅を建てたいけど、どのタイミングでどのくらい初...

世田谷区に土地を買ってRC造で注文住宅を建てたいと思っており、現在は電鉄系の大手不動...

住宅ローンがまだ残っているけど、リフォームローンって...

住宅ローンの残債が600万円ありますが、リフォームローンを組む事は可能でしょうか?(...

融資の金額を別で使ってしまった・・・

リフォームローンを金融機関から融資して頂きましたが、家庭の事情で別用途で使ってしまい...

銀行以外でもリフォームやリノベーションのローンって組...

リフォームローン、リノベーションローンは銀行以外でも組む事ができますか?