プロフィール

Pro 建築家

宮田聡夫 / 牧島哲郎

有限会社フィールドネットワークデザインコーポレイト @東京都

145 お気に入り(合計)
6 フォロワー数
12 プロジェクト 登録数
83 部屋事例 登録数

この世に同じ空間はひとつもありません。これから作る建築も、どこにもまだない空間です。
まだ見ぬ空間の可能性は無限にあります。と同時にその可能性を制限する条件も無数にあります。
建築を考えると言うことは、今まで気付かなかった自分の可能性を発見する機会であったりもします。
もう一度、今までの価値観を見直してみることから始めてみませんか。今までに見たことのない風景が見えてくるかもしれません。
建築を作るという事は、そういうところから始まるものだと思います。

サービス概要

建築 / 設計・監理
インテリア / 設計・監理
リノベーション、コンバージョン / 設計・監理
建築・不動産 / コンサルタント

対応可能業務

注文住宅, リフォーム・リノベーション

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 内見の立ち会い(現地見学の立ち会い) , 無料でプランを提案する , 造作家具

得意な住宅の特徴

狭小住宅 , 鉄筋コンクリート , 変形地

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション

対応サービス

物件探し , 内見立会い , 家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし) , エクステリア(外構)の請負

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 無料でプラン提案

住所

〒150-0002
東京都 渋谷区 渋谷2-9-10 青山台ビル402

サービス提供エリア

全国

資格

一級建築士

こだわり

建築とは生活を緩やかに包み込む空間です。そこにはいろんな趣味や好みがあったりします。
建築とはそれらを表現するためのものではなく、それらを厳選かつ寛容に受け入れる空間であるべきだと思います。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

おおよそ工事費の10~15%とお考え下さい。ただし、様々な条件や事情を考慮し出来るだけ柔軟に対応します。

経歴

宮田聡夫
1970/京都生まれ
1991/国立明石工業高等専門学校建築学科卒業
1994/横浜国立大学工学部建設学科卒業
1994/株式会社飯田善彦建築工房勤務
1995/株式会社北山創造研究所勤務
1996/株式会社ワークショップ勤務
1998/フリーにて企画・設計活動を開始
2000/フィールドネットワークデザインコーポレイト設立

牧島哲郎
1971/横浜生まれ
1990/巣鴨学園高等学校卒業
1995/横浜国立大学工学部建設学科卒業
1995/株式会社渡辺誠/アーキテクツオフィス勤務
1998/マルチメディア製作会社勤務(各種Webデザイン・CD-ROM製作に従事)
1999/フリーにてデザイン・設計活動を開始
2000/フィールドネットワークデザインコーポレイト設立

過去の作品

2013/下北沢のコーポラティブハウス
2012/稲田堤の集合住宅、東松原のコーポラティブハウス
2011/福生の家、COCON(店舗内装)
2010/広尾の家
2009/ICE CUBE(商業施設)、市川の家、目黒の家(リノベーション)
2008/小日向の家、巣鴨の家(リノベーション)
2007/駒沢のコーポラティブハウス
2006/夏目坂の家
2005/恵比寿の集合住宅、南青山の家(リノベーション)、SPIN(店舗内装)
2004/TOMY(オフィス内装)
2003/千葉の家、守谷の家
2002/本郷の家、南青山のコーポラティブハウス(インフィル)
2001/3.3CAFE(商業施設)
2000/SPIN(店舗内装)、三鷹の家、JNGM(商業施設)

手掛けたプロジェクト (12件)

その他

家を建てたい人が集まって集合住宅を建てるコーポラティブハウスの1戸です。(全9戸) 大きな勾配屋根を持つ住宅です。絞り込まれた開口部と吹抜けにより、外部と下階の気配に緩やかに包まれる空間としています。

その他

家を建てたい人が集まって集合住宅を建てるコーポラティブハウスの1戸です。(全9戸) 大きなドライエリアを持つ、地下をメインフロアとした住宅です。細長い住宅でドライエリアが片側にしかない為に、吹抜けを介して1階と連続させ、光と風の抜ける空間としています。

その他

家を建てたい人が集まって集合住宅を建てるコーポラティブハウスの1戸です。(全9戸) 小さなドライエリアを3方に持つ、地下をメインフロアとした住宅です。宙に浮いたロフトを介して連続する一体空間です。ちなみにこのロフトはベッドルームです。

その他

家を建てたい人が集まって集合住宅を建てるコーポラティブハウスの1戸です。(全9戸) 直角の角を持たない変形空間の住宅です。3方採光の特性を生かし、建物の形にそのまま用途をあてはめ間仕切りを極力なくした、開放感を満喫する為の空間です。

その他

家を建てたい人が集まって集合住宅を建てるコーポラティブハウスの1戸です。(全9戸) 傾斜地である敷地特性を生かした、ほぼ地上にある地下住宅です。開放感溢れる空間と、やや閉じた空間をスキップフロアで繋ぎながら場面展開をしていく空間です。

すべての手掛けたプロジェクトを見る

回答した家づくりQ&A (10件)

専門家の得意な分野を調べるにはどうすればいいの?

専門家選び

2016-06-28 10:54:55 | 2  | 239

何に強い専門家なのかはどこを見ればわかりますか?

建築家と言われる人たちは、多くは「意匠」設計者です。 建築を作るためには、いろいろな専門の設計者と共同で設計を行います。 基本的な所では、構造設計者と設備設計者です。 それ以外にも照明設計や音響設計、ランドスケープやサインや家具など必要に応じで、いろんな設計者と協力します。(自分でできる意匠設計者もいますが。) ここで、建築家の専門性なのですが、正直私はそんなに重要ではないと思います。 もちろん、経験があるとないとでは違ってきますが、技術的なことでしたら各種専門設計者と協力すれば問題ありません。 それ以上に重要なのは、建築家との相性だと思います。 必要なのはコミュニケーション能力と、信頼関係です。 とは言っても、会ったばかりの建築家との信頼関係なんて簡単には作れませんし、相性なんてわかるはずがありません。 ですので、ホームページを見る時や面談時に、建築以外の趣味や嗜好なんかを見てみるのが良いと思います。 少なくとも、お互い思ったことが言える人なのか。 萎縮して言えない相手もダメですが、逆に何でも言うことを聞くだけの相手もダメだと思います。 施主と建築家は、対等な関係であることが、私は健全だと思います。 ご質問の趣旨とは違っているかもしれませんが、参考になれば幸いです。

続きを読む

工事が始まってから施工内容を変更したい場合、誰に頼めばいいの?

施工・竣工・引き渡し

2016-06-20 16:32:00 | 4  | 243

施工内容を変更してもらうのに、工事に入っている職人さんに言ったら、自分の判断では出来ないと言われました。どうしたらいいですか?

工事の職人さんは、専門業者なので自分の担当範囲のことはわかりますが、それ以外の事はわかっていないことが多いです。 ですので、そこを変更することにより他で追加費用が発生したり、工期が延びたり、何か影響がでるかどうかはわかりませんし、少なくともその是非は判断できません。 また、工事の図面は多くの関係者にわたっていますので、全ての関係者にその変更を指示しなければ、他の関係者は、その変更を間違っているものとして処理をしてしまうこともあります。 ここで重要なことは、決定・指示系統を明確にするということです。 ですので、必ず設計者を通して現場の責任者(現場監督)に指示してもらってください。 何らかの緊急の場合でも、少なくとも現場の責任者に相談してください。(その場合は、現場責任者から設計者に連絡がいきますが。) そもそも私は、基本的には施主に一人で現場に行くことはお断りしています。 必要な場合は、設計者と一緒に行くことをお願いしています。 建築を作るためには、多くの人が関わっています。 「言った」「言わない」が、大きなトラブルに発展することがよくありますので、そのあたりのルールは事前によく確認しておいてください。

続きを読む

注文住宅を建てたいけど、どのタイミングでどのくらい初期費用が必要なの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-17 10:21:23 | 4  | 1813

世田谷区に土地を買ってRC造で注文住宅を建てたいと思っており、現在は電鉄系の大手不動産会社で物件探しを行っております。土地は諸々込みで5000万円以内、上物は設計料など諸々込みで3000万円以内で考えております。初期費用として2,000万円は現金で用意しております。土地購入〜引き渡しまでの間にどのタイミングで現金が必要になりますでしょうか?現金2000万円で足りますでしょうか?

基本的な流れは、「土地契約(不動産屋)」→「設計監理契約(設計事務所)」→「建物工事契約(建設会社)」となります。 土地契約は契約時に手付金(10%程度)・決済時に残金、設計監理契約は契約時・設計完了時・着工時・竣工時の4分割、建物工事契約は着工時・上棟時・竣工時の3分割が一般的な支払いスケジュールになります。 住宅ローンは建物竣工時にしか融資されませんので、それまでの支払いには「つなぎ融資」が必要になります。(金融機関によっては、つなぎ融資ではなく住宅ローンを分割で融資してくれる場合もあります。) つなぎ融資はどの金融機関でも行っているわけではなく、またつなぎ融資だけの利用はほとんどできませんので、つなぎ融資を行っている金融機関で住宅ローンを含めた相談が必要です。 今回の場合は、土地決済時に現金が不足しますので、そこでつなぎ融資が必要になってきます。 なお、設計監理契約と建物工事契約に関しては、支払い条件を変えることが出来ることもありますので、必要に応じて相談してみてもいいと思います。 また、土地を購入してから設計事務所へ建物の相談をされることが多いと思われますが、土地条件によっては希望する建物が実現できなかったり、工事に思わぬ予算が必要になる場合もあります。 ですので、土地購入の段階から設計事務所へ相談されることをお勧めします。 多少の費用はかかるかもしれませんが、一緒に土地を見に行ってもらったり、場合によっては簡単なイメージプランを作ってくれたりします。 また、思わぬ掘り出し物件(何らかの不都合があって安い土地)でも、建築家の知恵と工夫で有効利用できたりすることもありますので、結果的には割安になるとも考えられます。 全ての設計事務所が土地探しからの依頼を受けてくれるかどうかはわかりませんが、そのあたりから親身になって付き合ってくれる設計事務所は、良い事務所としてのひとつの判断材料となるかもしれません。

続きを読む

特殊な条件の土地だとハウスメーカーより建築家に頼んだ方がいいの?

専門家選び

2016-06-15 18:52:44 | 3  | 210

特殊な形や条件の土地の場合、ハウスメーカーよりも建築家に依頼したほうが良いと聞きましたが、そうなのですか?

一概には言えませんが、ハウスメーカーの建物は、同じ規格や仕様に統一することにより、高品質のものを低価格で提供しているという側面があります。 最近は、いろんな変形等のオーダーにも対応しているものも多いようですが、そうなってくるとハウスメーカーの特色を十分には発揮できていないと言えるかもしれません。 建築家の場合は、基本的には、その都度敷地に合わせた設計をしていきますので、変形やその他の特殊な条件は、特殊ではなく単なる条件にすぎませんので、あまり影響はないと思います。 それ以上に、私が考える建築家のメリットは、特殊な条件(多くはデメリットな条件ですが)をメリットに変えることができることだと思います。 一般的なデメリットも、知恵と工夫で克服できることも多いですが、それ以上に、ほんの少し考え方や価値観を変えることで、全く違った解決方法が見えてくることがあります。 建築家と言われる人たちは、皆さんより少し多くの、そして少し違った価値観をいろいろ知っています。 もちろん、全てが効果的な結果になるとは限りませんが、建築家との良い出会いがそこにあったなら、そもそもデメリットの価値観そのものがなくなってしまうかもしれません。 自分の当たり前と思っていた価値観を、もう一度改めて見直してみるということが、建築家と家を建てる場合のひとつの大きな意味だと思います。

続きを読む

コーポラティブハウスに興味があるんだけど、注意点ってあるの?

はじめに

2016-06-14 17:41:52 | 2  | 182

コーポラティブハウスに興味があります。分譲マンションの購入や中古マンションを買ってリノベーションするのと比べて注意点は何でしょう?

コーポラティブハウスは、参加者を募集して建設組合を結成し、建設組合が設計や工事を発注する事業主体となる方式です。 ですので、参加者が集まらなければ建設組合は結成されず、いつまでたっても事業がスタートできず完成がいつになるか分からない、場合によっては事業自体が中止になってしまう可能性があるということが一番のデメリットだと思います。 また、完成までに総会を何度も行い、建物の仕様や管理規約等を決めていきますので、それを手間と考えるとデメリットですが、そういう行為を重ねることによって参加者と仲良くなり、通常のマンションではないコミュニティーが形成されていきますので、それはコーポラティブハウスのメリットでもあります。 実際はコーディネート会社が間に入りますので、参加者たちだけで何かをしていかなければならないということはなく、コーディネート会社の指示に従って進めて行けばそんなに手間になることはありません。 但し、通常のマンションは出来上がったものを購入するのですが、あくまでもコーポラティブハウスは参加者(建設組合)が事業主体となり建設を進めていきます。 設計・建設段階では何かとトラブルや思わぬ事態が発生することもあります。 もちろん、コーディネート会社がきちんと対応してくれますが、最終判断は参加者が行う必要がありますので、そのあたりの覚悟は少なからず必要です。

続きを読む