2016年06月14日

お金(資金・ローン・補助金)

新しい住まいを考えた時って、今の生活に見合った資金計画を計画した方が良いの?

現在、家賃15万円の賃貸アパートに住んでいます。生活水準を下げたくないのですが、同程度の返済で済むような資金計画にしたほうがよいのでしょうか?何から考えたらよいのかわからず困っています。

432view
EcoDeco(エコデコ)」からの回答

月々の支出と年間の支出の両方を確認しつつ資金計画を立てられるのが良いかと思います。
マンションを購入されると、管理費や修繕積立金などローン返済の他にも月々支払うべきお金が発生しますので、それらの合計支出と今の家賃とを比べられた方が良いかと思います。
また、新耐震の不動産を購入された場合は、その他の適用条件を満たせば、住宅ローン減税を受ける事ができますので、このことも月々の支払いとは別に確認されるのが良いでしょう。
つまり、住宅ローン減税によって所得税が控除される(控除しきれなかった分は住民税から控除されます)ので、月々の支払いが若干今よりも高くなったとしても、年間で考えた際には減税分を考慮することによって今と同等になるというケースも考えられます。
お金の事は、住宅ローン以外の事も含めて総合的に考えて頂いた方がよいと思いますので、より具体的に生活の支出を検証されたいという方は、まずはフィナンシャルプランナーなどにご相談されるのも良いかと思います。

QUALIA」からの回答

「現在の家賃」は資金計画を立てるうえで目安の一つにはなりますが、あくまでも目安です。というのも、現在の家賃水準のままでも、将来的に家計が苦しくなる可能性もあるからです。例えば、今は子供が小さく教育費がかかっていないが、子供が進学したり習いごとが増えて教育費の負担が増大し、家計の収支がマイナスになってしまう、などというケースです。単純に現在の家賃と比べるのではなく、将来にわたって確実に返済できるように考えることが大切です。まずは気軽に資金計画の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

まずは、可能な「月々の支払額」とご年収から算出される「借入可能額」のバランスを検証をし、「借入希望額」を明確にすることから始めましょう。「借入希望額」の把握は月々の「可能返済額」から逆算で算出することが出来ます。その金額が「借入可能額」の範囲内であれば、その額を「物件購入予算」と設定し、その金額でどんな物件が購入できるかを調べていきましょう。

リノベ不動産|Beat HOUSE」からの回答

ファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーが在籍する
不動産・リノベーション会社に相談して、まずは一緒にライフプランを立てる事をオススメいたします。

SUVACOアドバイザー」からの回答

「現在の家賃と同程度の返済にしたい」という方はたくさんいらっしゃいます。まずは希望の金額から、いくら借りられるかを確認して全体の資金計画をはじめてはいかがでしょうか。金利を固定にするか変動にするかによっても全体の借入金額は変わります。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

お金(資金・ローン・補助金)のQ&A

設計料やコーディネート料はいつ支払うの?

設計料やコーディネート料はいつ支払うのでしょうか?

他の借り入れを住宅ローンに入れられる?

妻に内緒のクレジットカードの借り入れがあります。住宅ローンと合わせて隠すことは可能で...

リフォームローンの審査内容について教えて。

リフォームローンの借入を予定しております。金融期間からローン借入を行うのと、リフォー...

リフォームやリノベーションでローンを組むための条件が...

リフォーム、リノベーションでローンを組むための条件を教えて下さい。または、リフォーム...

別荘のリフォームでもローンは組めるの?

中古で購入した別荘をリフォームしようと思っております。自身が住まない家はローンの借り...