気密・断熱の読みもの一覧|住宅の性能・安全

気密・断熱に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

【延期決定】寒さや暑さから守ってくれる心地良い家で “生活の質” を上げよう。「断熱展2020」は、知っておきたい情報がいっぱい!

2020/02/19更新|1990 ViewSUVACO編集部

【延期決定】寒さや暑さから守ってくれる心地良い家で “生活の質” を上げよう。「断熱展2020」は、知っておきたい情報がいっぱい!

2020年2月21日(金)・22日(土)に予定されていました「断熱展2020」は、新型コロナウィルス感染症の感染状況に配慮し、来場者のみなさまやイベント従事者の健康・安全面などを第一に考えた結果、延期が決定となりました。 延期時期は2020年秋頃の予定とされており、チケット代の返金などは順次、主催の一般社団法人HEAD研究会エネルギータスクフォースがご対応中です。(2020/2/19更新)

断熱材の基礎知識|施主として知っておきたい種類と特徴

2019/11/30更新|1195 View岩間光佐子

住宅設備・建材のすべて #12

断熱材の基礎知識|施主として知っておきたい種類と特徴

住まいの快適性を左右する断熱材には、いくつかの種類があります。断熱材選びには専門的な知識が必要ですし、家づくりを進める際には、施工方法などとともに、担当者の提案から検討することになるでしょう。ここでは、施主として知っておきたい断熱材の基礎知識をご紹介します。

住み心地の良い住宅には断熱性能が大事。断熱材の基本的な種類を比較

2019/03/21更新|1362 View佐藤ゆうか

住み心地の良い住宅には断熱性能が大事。断熱材の基本的な種類を比較

家づくりをする多くの人の要望として、「住み心地のいい家にしたい」という願いがあります。この住み心地というのは、個人の感想でもありますので、叶えるためにはそれぞれの家族構成や生活スタイルに応じて計画をして実現させる必要がありますよね。 また、「住み心地のよさ」は、家の間取りだけではつくることができません。暖かい、寒いなどの温度や静かさなど、人の感覚にとっての心地よさに寄り添った計画も大切なのです。そこで今回は、住まいの暮らしやすさを左右する、断熱材の基本的な知識についてお伝えします。 間取りや外観にはこだわったけれど、断熱材は建設会社任せだった。という方は多いですが、それではもったいないです。断熱材についても知識を深め、こだわった計画ができるように、ぜひ確認してください。

家を建てる前に知っておこう!開放感だけではなく機密性の重要性

2017/08/08更新|2492 Viewkiki

家を建てる前に知っておこう!開放感だけではなく機密性の重要性

家を建てる多くの人が開放感のある家でのびのびと暮らしたい、という理想を思い描きます。ただ開放感にだけ目がいってしまうと、いざ家が完成して暮らし始めた後に外からの視線が気になり、実際はのびのびと暮らせないなんてことにも....。 本当に快適に暮らすためには、適度な目隠しや壁を作って安心して過ごせる空間づくりを心掛けることが大切です。

今年の夏はいつもと違う!パッシブデザインで夏を涼しく

2017/05/11更新|3268 Viewtennto1010

今年の夏はいつもと違う!パッシブデザインで夏を涼しく

冬にはあれほど恋しかった太陽の暖かみが、一転、少しうっとうしく感じるようになってきた今日この頃…。 とはいえ、窓を開放すれば初夏のさらりとした風が気持ちよく家を吹き抜けていく、日本の気候のなかではそんな貴重な時期でもありますね。夏本番になっても、なんとかこのままの快適な家であってくれたら…、そう感じたことは誰にでもあるはず。 気持ちの良い季節、誰もが感じる自然を取り込むことで生まれる心地よさ。この心地よさを一年中実現する家づくりの方法として注目されているのが、パッシブデザインという設計手法です。

心地良い住宅に欠かせない「断熱」と「気密」、何がどう違う?

2017/01/26更新|4616 View小嶋 直

専門家フィーチャー

心地良い住宅に欠かせない「断熱」と「気密」、何がどう違う?

心地よい住まいにもはや欠かせない断熱や気密性能。地球温暖化対策としても、住宅のエネルギーは重要な問題です。とはいえ、その意味や違いについて、いまいちよく分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、建築家に初めての方にも分かりやすく解説していただきます。

住宅の断熱について知ろう。断熱材や断熱工法の比較と選び方

2016/11/04更新|2245 View竹村洋亮

SUVACOアドバイザーのおウチ小話 #19

住宅の断熱について知ろう。断熱材や断熱工法の比較と選び方

こんにちは。SUVACO・リノベりすアドバイザーの竹村 洋亮(ひろあき)です。 つい最近まで暖かい気候だったのが、一気に寒くなってきましたね。最近は寒くなり、断熱の話をご相談いただくことが多くなってきました。暖房器具に頼ることも一つですが、断熱を見直すことで、冬もそして夏も快適に過ごせるようになります。

暑い夏を乗り切る!窓の『遮熱・遮光』方法を知ろう!

2016/07/15更新|7180 ViewMeru

暑い夏を乗り切る!窓の『遮熱・遮光』方法を知ろう!

これから迎える夏本番ですが、みなさんは室内の暑さ対策をどんな風に行っているでしょうか。実は暑さの原因となる熱は約70%が窓から入ってくるものなんです。なので、窓から入り込む熱を防ぐことが出来れば、家の中でもかなり快適に過ごせるようになるはずです。窓の遮熱や遮光方法を知って、今年も暑い夏を乗り切りましょう!

知っておくと役に立つ!~断熱性を高めて省エネ暮らし~

2015/12/01更新|2058 ViewSUVACO編集部

知っておくと役に立つ!~断熱性を高めて省エネ暮らし~

近年の住宅は気密性住宅と言われるように、機密性能がぐんと上がっています。 新築マンションや住宅などには、ペアガラスと呼ばれるガラスが二重になったサッシ(窓)が使われ、24時間換気システムが搭載されています。また、環境にも体にも優しく、断熱性能もしっかりしているものが多いです。

「エコロジーに関心を抱いたワケは人それぞれ...」パッシブソーラーシステムの導入事例集

2015/07/08更新|1673 Viewgreenpickin

「エコロジーに関心を抱いたワケは人それぞれ...」パッシブソーラーシステムの導入事例集

パッシブソーラーとは、簡単に言うと太陽熱や地熱を利用して住宅を温めることです。 このとき、暖房機器を使わずに設計上の工夫による受動的姿勢(パッシブな姿勢)で温めることが、パッシブソーラーの基本的な考えです。ただ、太陽熱で温められても夜間にかけて熱損失してしまうと、住宅は冷えて寒くなってしまいます。そのため、出来るだけ熱損失しないシステムを構成することがパッシブソーラーでは重要になります。 では、どうするかと言うと、これには高気密で高断熱な環境を作ることが重要で、パッシブソーラーの考え方にも合致しています。何かと集熱装置、送風機をシステムの柱に置きがちですが、本当のパッシブソーラー(夏は涼しく、冬は暖かい環境)を実現するのなら、いまいちど考え方の基本に立ち返ることが大切だと思います。 ここではさまざまな理由から、パッシブソーラーシステムを導入した事例を紹介してみましょう。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る