暮らしにフィットする造作とは

暮らしにフィットする造作とは

造作とは、床板・陳列棚・建具など建物の内部の仕上げ材や取り付け材、またそれらを現場で仕上げる工事のこと。その家その部屋のためだけにつくられたフィット感が魅力です。
造作を得意とする専門家にその魅力と知識について聞き、各社のこだわりとともにシリーズでお届けします。

空間に「好き」と「心地よさ」だけを取り入れる<スタイル工房インタビュー>| 建具・間仕切り2

2020/04/13更新|895 View

暮らしにフィットする造作とは #3

空間に「好き」と「心地よさ」だけを取り入れる<スタイル工房インタビュー>| 建具・間仕切り2

SUVACO編集部が造作(ぞうさく)を得意とする専門家を訪問し、家づくりを考えているみなさんに知ってほしい造作の魅力と知識について、各社のこだわりと共にお届けしているこのシリーズ。 今回は、あらゆる構造のリノベーションに対応し、一人ひとりの希望や暮らし方、住まいの悩みに寄り添い、最良のプランをご提案しているスタイル工房を取材。効果的に空間を分け、住まい手の好みや個性を活かせる「建具・間仕切り」についてお話を伺いました。

建具(たてぐ)+家具=タテカグ。時間軸で間取りを変える<H2DO一級建築士事務所 久保和樹さん インタビュー>| 建具・間仕切り1

2020/03/27更新|1184 View

暮らしにフィットする造作とは #2

建具(たてぐ)+家具=タテカグ。時間軸で間取りを変える<H2DO一級建築士事務所 久保和樹さん インタビュー>| 建具・間仕切り1

造作とは、床板・陳列棚・建具など建物の内部の仕上げ材や取り付け材、またはそれらを現場で仕上げる工事のこと。その家その部屋のためだけにつくられたフィット感や利便性が魅力です。 そこでSUVACOは、「ひとつ上の暮らしやすさを叶えてくれるオリジナルの造作」を得意とする専門家を訪問。家づくりの前に知っておきたい造作の魅力と知識について、各社のこだわりと共にシリーズでお届けしていきます。 今回は、ライフプランや暮らし方に寄り添った設計とその高いデザイン性に定評があるH2DO一級建築士事務所 久保和樹さんを取材し、「建具・間仕切り」をテーマにお話を伺いました。 建具とは、ドアや窓、障子など部屋の開口部に設けられた仕切りや開閉ができる部分の総称です。久保さんの手にかかると、その「建具」に単なる開閉や仕切りだけではない、驚きの効果が生まれます。

機能性と繊細な美が両立した造作家具はどのように生まれるか<水雅インタビュー> | 壁面収納など造り付け家具1

2020/03/19更新|1053 View

暮らしにフィットする造作とは #1

機能性と繊細な美が両立した造作家具はどのように生まれるか<水雅インタビュー> | 壁面収納など造り付け家具1

「ずっと長く愛せる家」には、目と心を喜ばせ、暮らしを快適にするための工夫が詰まっています。 さまざまな家づくりの工夫の中から、今回SUVACO編集部が注目したのは、「ひとつ上の暮らしやすさを叶えてくれるオリジナルの造作(ぞうさく)」。造作とは、床板・陳列棚・建具など建物の内部の仕上げ材や取り付け材、またはそれらを現場で仕上げる工事のことで、その家その部屋のためにつくられたフィット感が魅力です。 このシリーズでは、SUVACO編集部が造作を得意とする専門家を訪問し、家づくりを考えているみなさんに知ってほしい造作の魅力と知識について、各社のこだわりと共にお届けしていきます。 今回取材したのは、大型の戸建てリノベーションからオリジナル家具まで幅広く手掛ける株式会社 水雅(すいが)の皆さん。「壁面収納など造り付け家具」をテーマにお話を伺いました。

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。