柱・梁の読みもの一覧|住宅設備・建材・部位

柱・梁に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

リノベーションならでは!柱と梁を残した素敵なおうち

2017/12/18更新|21573 ViewSUVACO編集部

リノベーションならでは!柱と梁を残した素敵なおうち

建物の構造上どうしても必要になる梁と柱。隠してしまうとすっきりしますが、スペース的に無駄が出ますよね。だったら天井や壁で隠したりせずに、構造体もデザインの一部としてお部屋の眺めに取り入れましょう。天井に高さが出ればそれだけで開放的に、壁がなくなれば本当に広さを実感できますよ。

リノベーションで人気の「躯体現し」の魅力!柱や梁など構造をそのまま見せる、ラフでクールな事例

2017/07/20更新|3599 Viewfumio

リノベーションで人気の「躯体現し」の魅力!柱や梁など構造をそのまま見せる、ラフでクールな事例

リノベーションで人気の躯体現し(くたいあらわし)仕上げ。躯体とは、スケルトンリノベーションのスケルトンの部分。構造上必要な骨組みのことです。躯体現しは、その構造上必要な壁や天井、梁や柱を、隠さずにそのまま見せる仕上げのこと。そのラフな質感でインダストリアルテイストやヴィンテージスタイルにもよく合います。こちらではスケルトンの魅力を活かした事例をご紹介します。

梁(はり)って何だろう?頭上世界の主役に君臨する、すてきな梁の見せ方大全

2017/04/18更新|5840 View水沼 均

梁(はり)って何だろう?頭上世界の主役に君臨する、すてきな梁の見せ方大全

梁は建築を支える重要な骨組みの1つです。骨組みは普通、床や壁、天井の中に隠れていて、目に触れることはあまりありません。梁も同様です。しかし時として梁を意図的にむき出しで作ると、独特の味わいを持った雰囲気のインテリアを作り出すことができます。

あえて梁をみせる!魅力的な空間9選

2017/03/27更新|3426 Viewhatamama8

あえて梁をみせる!魅力的な空間9選

梁とは、床や屋根などの荷重を支える構造材であり、あまり表にみせるものではありませんでした。しかし、最近では梁をみせるリノベーションも増えてきているように、あえて梁をみせて楽しむ方もいるようです。梁といってもその雰囲気はさまざま。今回は、梁を使って魅力的な空間づくりをされている事例をピックアップしてみました。

柱の魅力に気づいてほしい…!構造もデザインも満たす「家の柱」の見事な実例

2017/02/03更新|14847 View水沼 均

柱の魅力に気づいてほしい…!構造もデザインも満たす「家の柱」の見事な実例

建築の骨組みでは、柱はなくてはならない存在です。しかし柱はプランニングの際の制約ともなります。そこで柱を骨組みとしてだけでなく、住まいのインテリア要素としても積極的に採り入れていく良い方法を考えてみましょう。制約であったはずの柱は一転して、家族の一員のように住まいを身近に感じさせてくれる存在になることでしょう。ここでは木造の骨組みを中心に、柱の魅力を考えてみましょう。

間取り変更しても大丈夫!抜けない柱・筋交いを素敵に演出する方法

2016/11/21更新|30302 Viewtanaka7254

間取り変更しても大丈夫!抜けない柱・筋交いを素敵に演出する方法

リフォームやリノベーションの際に間取り変更をされる方も多いと思います。しかし、いざ計画に入り、プランを考えてみると、抜けない柱が・・・ということもありますよね。でも、安心してください。柱や筋交いがあっても、こんなに素敵なインテリアのお宅が沢山あります。どのような演出方法なのか覗いてみましょう。

リノベーションで活かされる柱や梁の魅力と個性

2015/06/26更新|2306 Viewpilo-3567

リノベーションで活かされる柱や梁の魅力と個性

“実際に住んでみると何かが違う”という思いや、“築年数が経ってしまったから”という思いから、リノベーションを考える方も多いのではないでしょうか。理想の間取りを手に入れる事の出来るリノベーションですが、新築とは違い、思いもよらない部分に柱や梁が残ります。しかし、構造上や補強の為に残した柱や梁こそがリノベーションされた家の魅力となるのです。魅力を十分に発揮しているリノベーションの事例をご紹介いたします。

柱や梁を見せることで実現!広がりのある空間づくり

2015/03/16更新|14198 ViewSUVACO編集部

柱や梁を見せることで実現!広がりのある空間づくり

柱や梁は上の階の床や屋根などを支えるためのものですが、すっきりとした空間にするために大半の住まいでは天井や壁で隠しています。しかし、最近では建築材料を減らしてコストを抑えること、数十センチでも空間を広く高くするために、デザイン性のある柱と梁を見せたまま仕上げるケースも増えつつあります。それだけではなく、窓なども大きくすることができて室内が明るく風通しも良くなるようです。 リノベーションで、ひとつの案として取り入れてみてはいかがでしょうか?

柱を部屋の主役にする!~柱の役割は家を支えるだけにあらず~

2015/03/11更新|4503 ViewSUVACO編集部

柱を部屋の主役にする!~柱の役割は家を支えるだけにあらず~

家を支える柱は、本来は見えないようになっています。しかし、あえてその柱を見せる手法をとることもできます。そうすると、柱は家を支えるという本来の目的だけではなく、オブジェとして家のシンボル的な役割を担う存在感を放ちます。その存在感は印象をも左右する力をもち、そのことに気付いたとき、柱の役割の大きさに気付きます。日頃はまさしく縁の下の力持ちとして力を発揮している柱を、表舞台に引っ張り出して演出した例をご紹介します。

木の温もりを感じながら過ごす、梁の見える家

2015/03/03更新|11299 ViewSUVACO編集部

木の温もりを感じながら過ごす、梁の見える家

木の梁の見える家といってどんな家を思い浮かべますか?別荘や山小屋を思い出すかもしれませんね。 梁が見えると、部屋の中に木がたくさんあるように見えるので、木に囲まれて過ごす良さを体感することができます。 木々の癒やしを感じながら生活することができるのが、梁の見える家なのです。 他にも天井が高くなりますので、お部屋が広く、開放的に感じられるという良さもあります。 今回は、木の梁が見える家を集めてみました。

リノベーションで再認識した!柱の存在&活かし方

2015/01/23更新|16173 ViewSUVACO編集部

リノベーションで再認識した!柱の存在&活かし方

リノベーションをして壁を取り払い、気持ちの良い広々とした間取りを得られた空間に残ってしまう柱。家の構造上、残さなければならないのは分かっていても、ここに柱がなければと思ってしまいがちです。しかし、柱は家を支えてくれる大事な部位。家を支え家族を守ってきている柱は、家の歴史そのものだと言っても過言ではありません。柱は残るものではなく、あえて残したいと思うものになってほしい。家にアクセントと個性をもたらしてくれる柱の魅力ご紹介します。

リノベーションの醍醐味は梁のアクセント!部屋の個性を強調します

2014/12/19更新|8358 ViewSUVACO編集部

リノベーションの醍醐味は梁のアクセント!部屋の個性を強調します

リノベーションをすると、新築では考えつかないような位置になってしまいがちな梁。 この梁が無ければ、もっと開放的な空間が出来上がったのに…なんて思いがちですが大間違いです。梁こそが部屋にアクセントをつけてくれますし、部屋をより個性的にしてくれるのです。 梁のアクセント無しでは殺風景としか思えない!そんな梁の存在感をご紹介いたします。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る