マンションリノベーション・リフォーム

C-53m²なのに広く明るい理由

面積:

53㎡

費用:

800万円

築年数:

35年

エリア:

東京都大田区

内容:

コンパクトな空間をいかに広く見せるか。日本に住む多くの人が考えることだと思いま。Sさん夫妻の53m²の物件のリノベーションもそれが一番大きなテーマでした。

作ろうと思えばたくさん個室も作れるのですが、広さを感じられるよう、部屋全体をワンルームのように使うことにしました。

ただ、キッチンやダイニングとリビングは独立した雰囲気を出したいという希望がありました。そこで、間に1mほどの間仕切りを作り、ゾーニングを明確にしました。

一方、リビングは一段高さを上げたナラ材のフローリングに。部屋の中心に珪藻(けいそう)土の白い大きな壁がありますが、その裏がセミオープンの寝室とクローゼットになっています。

ワンルームとして大きく空間を使いながらも、素材の違いや段差、間仕切りを効果的に使えば空間をゆるくゾーニングし、気分を変えることができます。いろいろなシチェーションでも応用ができるテクニックですね。

ミニマムかつ使いやすい水回り。洗面台はイタリア製

間仕切り壁で作ったベッドルーム。適度なこもり感が心地良い

玄関をあけると、一段上がったところにリビングがある

キッチン、ダイニングの床は玄関から続くモルタル仕上げ

ルーフバルコニーへ続く部屋一面の窓から光が入る

広さも感じられ明るさも実現

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

ブルースタジオ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

“中古+リノベーション”のワンストップサービスで、 あなたの「くらし」にあわせた「家」づくりのお手伝いをします。

ブルースタジオ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

ブルースタジオさんの住宅事例

ブルースタジオさんのそのほかの住宅事例