S邸-風と光がまわるリバーサイドの家 (リビング)

リビング

開放感のあるリビングダイニング。床はカーペットだが、キッチンに木を取り入れナチュラルな空間に

S邸-風と光がまわるリバーサイドの家 (リビング)

リビング

リビングからエントランス方面を見る。真ん中にあるしきり壁は、収納や家事スペースの他、ベンチにもなっている

S邸-風と光がまわるリバーサイドの家 (ダイニング)

ダイニング

キッチンの奥はバスルームがあり、窓で繋がっている

S邸-風と光がまわるリバーサイドの家 (キッチン)

キッチン

手元が隠れるように壁をつくった造作のキッチン

S邸-風と光がまわるリバーサイドの家 (バスルーム)

バスルーム

タイルとガラスを使いラグジュアリー感のあるバスルーム

S邸-風と光がまわるリバーサイドの家 (洗面所)

洗面所

タイルとガラスを使いラグジュアリー感のあるバスルーム

S邸-風と光がまわるリバーサイドの家 (玄関)

玄関

寝室と玄関の間は、光を取り込むガラスブロックを用いた

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理, プロデュース・コーディネート

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

神奈川県川崎市

延床面積

75㎡

施工面積

75㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (スケルトン・リノベーション)

築年数

37年

期間

設計:2ヶ月 、施工:5ヶ月

完成時期

2008年08月

Sさん一家のリノベーションのテーマは「リバーサイド」。
キーワードは水、光、風、夏です。マンションの目の前には多摩川があり、窓をあけると素晴らしい眺望。部屋の間取りは長方形ですが、両端に窓とバルコニーがあるので、窓を開け放つと部屋の中を気持ちよく風が通り抜けます。

家づくりのきっかけ・施主の要望

Sさんからいくつかご要望がありました。まず、かっこよすぎないこと。また、ハードな素材は使わずナチュラルで、肩ひじ張らない雰囲気のものを使いたいということ。さらに、廊下を“廊下以上の空間”にすること。ライブラリースペースがあること。洗面台はベッセル型じゃないものにすること。ブルーをアクセントカラーにすること……などです。

この事例の見どころや工夫したところ

玄関横のベッドルームの壁はガラスブロックにし、ベッドルーム側のバルコニーの光が玄関に届くようにしました。さらに、廊下を“廊下以上の空間”にしたいとのご要望から、廊下は玄関からLDKへ向かう通路であると同時に、使うシチュエーションごとにいろいろな空間になるように設計。

また、ライブラリースペースを作ったり、洗面台はベッセル型ではないものを選びました。家のアクセントカラーはブルー。カッコ良過ぎず、ナチュラルな雰囲気のものを使いたいというSさんの趣味がよく反映された素敵なお家が出来上がりました。

印象に残っていること

設計中、奥様はお1人目のお子さんを妊娠中でしたが、その後さらに双子のお子様も生まれたため、実は最近Sさんご一家はこの家を手放し、湘南に引っ越されました。そちらでも新しいリノベーションを楽しんでいらっしゃるようです。リバーサイドからシーサイドへ。本来お好きだった自然にどんどん近づき、理想の暮らしを実現されています。

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

ブルースタジオ

ブルースタジオ

“中古+リノベーション”のワンストップサービスで、 あなたの「くらし」にあわせた「家」づくりのお手伝いをします。

所在地

東京都中野区東中野1-55-4 大島ビル第2別館

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

ブルースタジオさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

ブルースタジオ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都