戸建リフォーム・リノベーション

なじみの街で見つけたヴィンテージなメゾネットに住む

面積:

71㎡

築年数:

43年

エリア:

東京都大田区

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「なじみの街で見つけたヴィンテージなメゾネットに住む」

内容:

「けっこう好きなようにできるんだなあ」と、夫はリノベの可能性に目覚め、「家の中に自転車が置ける!」と、妻の気持ちも弾んだ。仕切り直して、物件探しからブルースタジオに依頼、このマンションに巡り合った。両側に窓とベランダがあって、風通しは抜群、日当りもいい。目の前が川で、高い建物がない。玄関だけが2階にあって居室は3階という不思議なメゾネットタイプだが、「かえって面白いつくりにできるんじゃないかと思いました」(夫)。
以前はリビング・ダイニングと個室二つに分かれていたが、風通しを生かすためにワンルーム化、LDKと寝室の間をスチールとカラーガラスのパーティションが隔てている。LDKにはガラスブロックを使ったオープンキッチン。ゆったりしたワークスペースもある。玄関と階段の壁におしゃれな自転車を2台掛けて、メゾネットならではの空間をうまく活用している。(写真:山田耕司)【リノベりす掲載事例】

ワイドなオープンキッチンはダイニングテーブルとひと続き。「どこかにガラスブロックを使いたい」という夫の要望は、キッチンで実現した。からし色の壁は妻のセレクト。

キッチンと背面の収納、ダイニングテーブル、ワークスペースのカウンターの高さを統一し、水平の広がりを演出。視線の抜けがよく、空間の連続性が感じられる。

パソコンを置いたカウンターとワークスペースをL字型に囲む低めの棚は、ラワン合板に着色した造作家具。両面使いで収納量もたっぷりだが、視界を邪魔しない。

LDKと寝室はひと続き。カラーガラスのレトロなパーティションがエリアを分けている。寝室に靴収納があるのもユニーク。ウエスタンブーツをはじめ、妻の靴コレクションがかわいい。

夫婦共用のワークスペースがLDKの一画を占め、サニタリーにつながっている。

間口を最小限にしたスリムなトイレ。オリーブグリーンの壁が印象的。

2つあった個室の1つを寝室に、もう1つをクロゼットにつくり変えた。クロゼットはアーチ型の開口部で寝室とつながっている。妻が選んだ濃いブルーの壁が、奥行き感を演出している。

玄関だけが2階にある一風変わったメゾネット。居室は3階なので、共用廊下との距離感が生まれている。「大事な自転車を家の中に置きたい」という希望も実現した。

このプロジェクト事例を手掛けたリフォーム・リノベーション会社

ブルースタジオ

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

“中古+リノベーション”のワンストップサービスで、 あなたの「くらし」にあわせた「家」づくりのお手伝いをします。

ブルースタジオ

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード