光と風のリノベーション住宅 (リノベーションしたリビング)

リノベーションしたリビング

リビングは天井を一部外し、高くする事で居心地良くしています。木組の素材があらわになった天井は、エイジング加工したような、古びの良さが出て、質感が違い、空間に変化を生み出しています。 薄く自然塗料で白く塗ることで、明るさを感じる天井になりました。

光と風のリノベーション住宅 (青い壁がポイントの、変化のある子供部屋)

青い壁がポイントの、変化のある子供部屋

青い壁がアクセントになっている子供部屋です。 リノベーションで部屋の壁を取り払い、2つの部屋を1つにして大きな部屋にしました。 ちょっと休めるカウンターなど、楽しく遊べる子供部屋になっています。 階段室の壁に室内の窓をつけ、広がりのある空間になりました。

光と風のリノベーション住宅 (光を取り入れる、スケルトン階段とFRPグレーチングの吹抜)

光を取り入れる、スケルトン階段とFRPグレーチングの吹抜

廊下の床をFRPグレーチングの吹抜として、屋根のトップライトから1階まで光が降り注ぐ仕掛けをしました。 階段も蹴込み板をなくした、スケルトン階段はFRPグレーチングと一緒に、光を取り込みます。 蹴込み板が無い事で、空間の繋がりも出来、開放感・抜け感もでき狭小住宅ながら圧迫感を感じない住まいになっています。

光と風のリノベーション住宅 (リノベーションの間取り変更でつくった、ウォークインクローゼット)

リノベーションの間取り変更でつくった、ウォークインクローゼット

リノベーションで、間取りを変えることで憧れのウォークインクローゼットをつくりました。耐震補強をする事で、リノベーションでも間取りを変えることが出居ます。 ちょっと可愛らしい壁紙を貼って、自分だけの奥様空間になっています。

光と風のリノベーション住宅 (リビング)

リビング

リビングと廊下の間の壁を取り去り、大きな部屋とし階段もリビング階段としたリノベーション。 天井もとり、構造材の柱梁を露出する事で、古い材料の良さがポイントになっているリビング。 天井はFRPグレーチングで天窓からの光を取り込み、明るいリビングが実現しました。階段下は収納(クローゼット)にして、効率良く空間を使っています。

光と風のリノベーション住宅 (光あふれる階段)

光あふれる階段

トップライトから取り入れた光は、壁に反射しながら階段とFRPグレーチングを通して1階まで明るい光を注ぎます。リノベーションゆえの不思議な窓が、そこここにある階段の壁面になりました。 階段室と部屋の間に室内も窓をたくさんつくり、視線が通り抜け感をつくることで、狭小住宅ながら心地よい空間の伸びを感じる

光と風のリノベーション住宅 (キッチンのオリジナル家具)

キッチンのオリジナル家具

キッチン周りは、食器棚(冷蔵庫置場組み込み)をオリジナル製作。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

自宅

居住者

その他

所在地

東京都北区

費用

設計・施工:1000万円台(施工費用)

敷地面積

42.95㎡

延床面積

79.38㎡

施工面積

79.38㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (間取りを変えるスケルトンリノベーション)

階数

3階建て

間取り

4LDK以上 → 2LDK

築年数

25年

期間

設計:4ヶ月 、施工:3ヶ月

完成時期

2019年01月

光と風が気持ちよく入った家に住みたい!そんな設計ができる設計者を探していたということでお声かけいただきました。

所在地:東京都北区
構造:木造
用途:一戸建ての住宅・リノベーション
敷地面積:42.95㎡(12.99坪)
延床面積:79.38㎡(24..01坪)

家づくりのきっかけ・施主の要望

現状住んでいる家が道路の拡幅により、立ち退かなくてはならないという事情があり、中古の住宅を購入してリノベーションを行い、自分達らしく住む家に変えて行きたいとの事でした。当初、幾つかの購入候補の資料をお持ちいただき、リノベーション出来るかなどのアドバイスをさせて貰い、その後、住んでいるそばの中古住宅を購入されリノベーション設計が始まりました。

住宅密集地でどうしても1階は暗くなりがちなので、光を1階まで通したい。一緒に住んでいる高齢な母親が不自由なく住める人に優しい家にしたい。天井はなるべく高く、圧迫感の無い住まいにしたい。それぞれの個室をつくりたいとの事でした。

要望のポイント
・光と風をとりこんだ家
・高齢な母親が安心して生活できる
・圧迫感を無くす
・それぞれ個室をもつ
・家具をつくる事で生活し易さを実現する

この事例の見どころや工夫したところ

光と風を取り入れる為に、階段の上部にトップライト(天窓)をつけ、屋根から光を取り入れ壁に反射し、1階まで光がおりてくる設計をしています。階段は蹴込板の無いスケルトン階段。廊下をFRPグレーチングにして階段と一緒に、1階まで光がおりてくる、光の通り道にしました。

天井の高さが低い住宅だった為、仕上られていた天井を一部撤去し、梁材などを露出させて天井の高いリビングを実現しました。元々リビングと廊下で隔てられていた階段の間の壁を無くし、廊下の無い大きなリビングにしています。

階段は勾配(角度)をゆるくした階段に直し、上下に移動しやすい階段にしました。日常使う手摺も廻しながら、落下防止を兼ねた丸材をいれることで、狭くならず安全に上り下りできる階段にしています。玄関の出入り口を変えるなど、安全な生活が出来る様、リノベーションしました。玄関は座って靴を脱ぎ着出来る場所をつくっています。

奥様の部屋にはウォークインクローゼットがつく間取りに、変更しました。お持ちの箪笥を入れる場所、持っている服の量・服の掛け方など、打合せを綿密に行い使い勝手の良いウォークインクローゼットになっています。

小さな家のリノベーション設計の為、購入する家具ではサイズが合わず、必要なモノが必要な場所に置いておけないという事になってしまいます。そこで生活スタイルに合った家具をつくる事で、生活のし易さを追求しました。

キッチン横には冷蔵庫置場と一体の、作りつけ収納をつくり、お持ちの食器やオーブンレンジ・炊飯器などがピッタリ入る家具にしています。キッチン横のカウンターサイドにも収納家具を仕込むなど、ちょっとした場所も収納に変え、食材・食器・調味料などサイズに合わせた収納家具をつくる事で、多くのものが入るスペースをつくりました。

下足入れは、扉の裏側に帽子掛けをつくるなど、帽子好きの奥様にあったオリジナルの下足入れになりました。

施主の感想

元々住んでいた家より、小さな家になる為、モノがあふれないか?上手く住めるのか?心配しましたが、引越し後に伺った処、きちんと収納もきちんとされ想定通りの生活が出来ていました。また、ちょっとした窓枠を飾り棚にするなどの工夫もされていて、居心地良さを感じる家になっています。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

小木野貴光 | 小木野仁美

小木野貴光 | 小木野仁美

住む方に寄り添う設計、光と風をとりこみ、家と場所に魅力を!

所在地

東京都北区赤羽台1-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小木野貴光 | 小木野仁美さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード