注文住宅

ハイサイドライトは、明るいけど暑い?ハイサイドライトのある家

ハイサイドライトは、明るいけど暑い?ハイサイドライトのある家 (ハイサイドライトのあるリビング)

ハイサイドライトのあるリビング

ハイサイドライトは、明るいけど暑い?ハイサイドライトのある家 (北側のハイサイドライト)

北側のハイサイドライト

ハイサイドライトは、明るいけど暑い?ハイサイドライトのある家 (クリニックのハイサイドライト)

クリニックのハイサイドライト

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

賃貸

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都足立区

費用

設計・施工:1700万円(施工費用)

敷地面積

80㎡

延床面積

65㎡

階数

2階建て

間取り

2LDK

期間

設計:6ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2016年08月

高い壁の高い位置につけた窓のことを、ハイサイドライトと言います。
吹抜けや天井の高い部屋の、上の方の壁についている窓のことです。

高い位置に窓があると、太陽の角度から部屋の奥の奥まで光が届き大変あかるい部屋になります。ところが、やみくもに窓をつけると、光が入り過ぎて夏は暑い!!場合があります。

南側・及び西側に大きなハイサイドライトをつけると、強い直射日光が入って来て暑く・まぶしい不快な部屋になってしまいます。

写真のハイサイドライトは、南側につけていますが、横に細いスリット窓のため、光は入って来ますが、小さな窓の為熱量は小さいです。というか、この程度大きさの窓で十二分に明るい光が入ってきます。(下部のはきだしの大きな窓は前に壁がある為、直射日光は入りません。)

北側のハイサイドライト。北側の場合、大きな窓でも直射日光は入って来ず暑くなりません。光は、大気の中のチリなどに反射して、間接光が廻り込んで来るのでやわらかい光が入って来て明るくなります。

東側のハイサイドライトです。一日中光が入って来ますが、吹抜けの高い天井面を明るく照らしている為、天井に光が反射して部屋が明るい印象になります。直射日光が床まで届かないので、暑くはなりません。

吹抜けの南側にハイサイドライトをつけられたとしても、あえて付けない事もあります。
明るいから快適という訳では無く、まぶしくなく・暑くなく、心地よい光を手に入れなければなりません。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

住む方に寄り添う設計、光と風をとりこみ、家と場所に魅力を!

所在地

東京都北区赤羽台1-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る