注文住宅

土間の広がる家

エリア:

神奈川県

内容:

土間を中心に「みんなの居場所(LDK)」と「個の居場所(個室群)」をL型に配置。LDK、土間、軒下、庭が一体となった空間構成です。 石畳のアプローチに導かれ、玄関を入ると奥行きのある土間が伸び、 外部空間である軒下に土間が広がり、 離れのように配置された個室群の前にも土間が折れ曲がって広がっています。
土間に置かれた「オーブンとコンロ付きの薪ストーブ」は、 「アイランドキッチン」とともに家族の中心的存在。 両方でそれぞれの特徴を活かした料理を楽しみながら、 ダイニングで、土間で、軒下で、お庭で、、、生活の楽しみが広がる住宅です。

神奈川県藤沢市で手掛けた『土間の広がる家』です。

土間は奥まで伸び、「みんなの居場所」と「個の居場所」とは離れのような関係。土間は外部の軒下にも広がり、個室群の前にも折れ曲がって広がっています。そして土間の中央には、薪ストーブを配置。

軒の出は、2メートル。大きな開口部とともに、垂木が室内から室外に連続して跳ね出しているので、内外の空間に一体感が生まれ、より大きく、より伸びやかな感じがします。

ソファ、ダイニングテーブル、椅子、ベンチ、ペンダント照明などは、木、鉄、革、生地の素材感を大切にした長く使える家具たちです。北側には、壁面いっぱいの造り付け家具。下部にはカウンター収納、上部はレコードのサイズに合わせた吊戸棚。中心には、ターンテーブルが載ったDJブースを配置。

古びた、ダメージ、アンティーク、ヴィンテージ、、、言葉の表現で、受け取り方は様々ですが、素材感を大切にしたキッチンを目指しました

屋根を支える垂木が、外部の軒先まで延びているデザイン。内部外部とも天井は貼らずに、野地板や垂木を表しとしています。垂木のサイズは57×210mm。303mmピッチで連続する垂木の美しさが特徴の建物です。

個室群の一番手前は和室。客間として使われますが、お子さんが小さい間は遊び場となり、キッチンからも遊んでいる様子が窺えるような空間構成になっています。

日中は、緑やお庭で遊ぶ子供たちの様子が窺え、夜になると、照明の灯りや生活の様子がガラスに映り込み幻想的。平屋ならではの大きな屋根に包まれつつ、見る視点や角度、時間によって様々な表情を見せる住宅です。

洗面台は造作、浴室も在来で作っています。浴室と洗面脱衣室とは大きなガラスで仕切られており、空間的な一体感があり、広く感じます。

土間を挟んで、離れのような感覚の空間構成です。

左手には長さ9メートルほどの壁面収納。トイレの扉も一体化して納まっています。右手には、和室、子供室が2つ、奥に寝室といった個室が並びます。廊下を単なる通路として終わらせるのではなく、長い壁面を利用し、大きなウォークスルークローゼットとした様相。布団や各部屋に入りきらない物も、みんな仕舞えちゃう大容量の家族収納です。

障子を開け放すと、開放感ある空間に。大きな屋根に包まれ、美しい垂木が軒先に広がっているので、空間的に一体感があります。

沈む夕日を背景に、伸びやかな水平ラインを強調する庇、シンボリックな薪ストーブの煙突、白壁と黒い板壁とのコントラスト、お庭を囲うように広がる連続した垂木と、深岩石の敷かれた外土間。

アプローチや外灯に配置された庭園灯。手前に、奥に、回り込んだところに配置された灯りは、奥へ、奥へと向かう期待感を高め、空間に広がりをもたらします。

この住宅事例を手掛けた建築家

根來宏典

建築家 / @東京都

家族の考え方は、その家族の数だけ存在するはずです。 答えはひとつではありません。それが家族の個性です。 その家族にしかない「生き方」や「家族関係」といった独自の価値観を創り上げられれば、 その家はその家族にとっての『かけがえのない宝物』になると思います。 そんな場に立ち会えれば幸いです。

根來宏典さんの住宅事例

根來宏典さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード