プロフィール

Pro 建築家

白崎泰弘・治代

シーズ・アーキスタディオ建築設計室 @東京都

249 お気に入り(合計)
2 フォロワー数
13 住宅事例 登録数
166 写真 登録数

シーズ・アーキスタディオは、機能的でありながら、住み手の心に響くデザインを心がける一級建築士事務所です。
建築家 白崎泰弘・白崎治代のパートナーシップにより設計をしています。
男女両方の目線から設計し、木造や鉄筋コンクリート造といった構造は案件ごとに相応しいものを提案するのが私たちの特徴です。

費用について

注文住宅

目安の金額
(30坪 新築一戸建て)

-

請負価格帯割合
(注文住宅)

マンションリノベーション・リフォーム

目安の金額
(60㎡ フルリノベーション)

-

請負価格帯割合
(リノベーション・リフォーム)

※金額は素材やデザインだけでなく、現況・時期等でも大きく異なります。詳しくは専門家へ直接お問い合わせください。

業務内容

戸建て住宅を中心に、オフィス・店舗、集合住宅の建築設計を手掛けています。

対応可能業務

注文住宅, リノベーション・リフォーム

注文住宅について

対応サービス

造作家具

得意な住宅の特徴

鉄筋コンクリート , 木造 , 2世帯住宅

リノベーション・リフォームについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし)

会社の強み

イベント開催している , プラン提案力 , デザイン力

瑕疵担保保険の加入

加入あり

最低請負金額

500万円〜

住所

〒201-0015
東京都 狛江市 猪方3-22-17-107

対応エリア

茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県

特徴

テレビ出演あり, 雑誌掲載あり, 設計・建築関連の受賞経験あり

資格

一級建築士

手掛けた住宅事例 (13件)

二世帯住宅

面積:198㎡

費用:5000万円

旗状敷地に立つ2世帯住宅。外観は道路から見える部分に対して、大きな開口と片流れの黒いボリュームが印象的に顔を出しています。 内部の空間構成は、1階親世帯、2階子世帯の完全分離型。ともにオール電化住宅です。 1階の親世帯部分はバリアフリーを考えオール引戸。それだけではなく、玄関から真っ直ぐ…

注文住宅

面積:164㎡

費用:4900万円

敷地は住宅密集地にあり、区の定める地区計画上、耐火構造であることが求められました。また、近くを通る環状線からの遮音対策も考え、RC造とするのが自然な選択肢でした。RC造の場合、木造と比べて柱間の距離を大きくとることができるので、大らかな生活スタイルの建主にふさわしいスケール感を出すことができました。…

注文住宅

面積:113㎡

郊外型住宅。ご近所の人が立ち寄れるような場所、スポーツ好きの子供に使い勝手の良い間取りが要望でした。また、この地で育った奥様の、言葉では表現できない大らかなスケール感を感じ取ることが設計の要となりました。 玄関扉を開けると広々したデッキ空間が視界に飛び込んできます。左に目をやれば棟続きであって…

注文住宅

面積:370㎡

北陸に建つ3世代の住宅です。豊かな自然に囲まれた立地ですが、その自然が強烈であるがゆえに、生活を営む上ではむしろ厳しい環境にあります。そこで住宅 の基本であるシェルターとして、性能上は閉じる方向を目指しました。その一方、それまでの大らかな暮らし方が新しい家においても営まれることを念頭におい ての計画…

注文住宅

面積:109㎡

敷地は、北側道路に面しており、南面、東西面は隣家が迫っている場所です。 このような密集した住宅街では、1階に窓を設けても隣家の建物の影響で室内を明るくすることが難しいものです。 一方で、古びた色調を好み、かつ、明るい室内であることが建主のリクエストでした。 その要望に応えるために、吹抜部分から…

注文住宅

面積:137㎡

建築主からの要望は、「ワインセラーと暖炉」。そして暖炉を中心に据えたリビングのゆったり感でした。 敷地は世田谷で、西側にバス通り、南面道路の向かいに公園があるところです。 そこで交通量の多いバス通りに対しては閉鎖的に扱い、南側の公園を見晴らせ、かつ人目が気にならない2階にLDKを持っていきました…

戸建リノベーション・リフォーム

人通りの多い道路に面した住宅街の一角。 家族が増えたことを期に手狭になった既存の住宅を増築することとなりました。 それに併せて既存部分も階段を付替えたり、水廻りを一新するなどの全面改装を行いました。 当初は壁・天井の下地を残す計画でしたが、木軸の欠損、構造の不整合が目立ったため、今回の構造計算に…

注文住宅

面積:88㎡

都心にたつ狭小住宅です。敷地面積17坪・防火地域という条件に加え、3階建てにしたいという建主からの要望から、木造耐火建築物として設計することになりました。木造耐火建築物とするためには、外壁の耐火性能はもちろんのこと、内部も木の軸組をすべて総厚42ミリの石膏ボードで覆わなければばなりません。設備ルート…

注文住宅

面積:123㎡

シンプルな外観のこの住宅の最大の特徴は、吹抜に対して階毎に家族の居場所を用意したこと。 2階の吹抜に面したライブラリーには子どもたちのための長机を用意し、そこから1.5M上がったレベルにお父さん専用のホビールームが設けられています。 お母さんの居場所であるキッチンと、子ども、父親の距離は上下方向…

マンションリノベーション・リフォーム

大田区にあるRC造賃貸マンションのスケルトンリフォーム。傾斜屋根を頂くマンションの最上階であったため、リビング・ダイニングは傾斜天井、子供室はロフト、廊下+トイレ部分に屋根裏収納と、高さ方向をフルに生かしたリフォームとなりました。家族人数と床面積のバランス上、ゆとりのある部分が生まれ、コージーコーナ…

すべての住宅事例を見る

回答した家づくりQ&A (14件)

材料や施工のコストを下げるアイデアってある?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-07-15 16:08:00 | 4  | 1098

限られた予算の中で何ができるかを自分なりに考えてみたいのですが、金額をおさえるためのアイデアを下さい。

コストを抑える方法は色々ありますが、ここでは代表的なものをお伝えします。 木造住宅の場合、910ミリの倍数で間取りを考えることが多いです。これは尺寸モデュールが伝統的に使われてきたからで、ちなみに、910ミリは半間(はんげん)、1820ミリは1間(けん)と呼びます。尺寸モデュールから外れた寸法を一部に使う分には大した影響は出ませんが、大部分を占めるようになると、「間(ま)くずれ」といい、コストアップにつながります。日本の建材が、半間、1間を意識した寸法体系が圧倒的に多く、間くずれした部分に使うと、材料を無駄に使ってしまうからです。 通常、設計者は910ミリのグリッドで考えますので、建て主が間取りに対して細かく寸法を指定すると、間くずれを起こしやすくなります。譲れないところは伝えるべきですが、そうでないところはある程度まかせるべきでしょう。 建具(サッシ、扉、襖、障子のこと)はどんなに安くつくっても、一枚当たり、2、3万円します。例えば、片開き室内扉が3万円とすると、両開きの場合は6万円です。開放的な外観、融通性のある間取りを目指すと、どうしても大きなガラスを使ったり、建具の数が多くなったりします。家づくりは最初に間取りからスタートすると思うのですが、気にいった間取りが出てきたら、必要以上に建具がないかをチェックしてみて下さい。 家具工事もコツがあります。造付け家具は高くつきます。扉のない棚だけ等、簡単なものであれば大工工事にした方が安くつきます。引出しなどは、大工工事とすると安くしてくれる可能性はありますが、大工さんが慣れない分だけ不具合が出がちです。工事で入ってくる家具屋さんは、市販の家具同等の品質を求めるときに、家具工事としたいところです。家具工事にすべきか大工工事すべきかの素人判断は難しいので設計者に委ねるべきなのですが、ローコストに慣れている設計者であれば、何も言わなくてもやってくれるはずです。 外装材を経済的にするという観点からいうと、外壁の表面積を少なくするというのも大事です。1階と2階の床面積に大きく差のある間取り、例えば1階床面積の半分くらいしか2階が無いような間取りよりも、総2階建てのほうが安くなります。これは、外装材のみならず、外周部に入れている断熱材の面積も影響してきます。 総2階と完全平屋では、外壁面積は同じという理屈になりますが、屋根面積が2階建ての方がオール平屋の半分になりますので、平屋より総2階建ての方が安くなります。

続きを読む

白い家に住みたいのだけれど、汚れやすいの?

保証・メンテナンス

2016-07-04 13:40:00 | 3  | 7745

外壁が白い家に住みたいです。汚れますか?どうやってメンテナンスすればよいですか?

白でなくても、永年の内に少しづつ汚れてくると思いますが、白は汚れが目立ちやすいですよね。 汚れるかどうかは、外壁の素材、雨のかかりやすさ、埃のたまりやすさ等、条件が色々絡み合ってきます。住宅の外壁の場合も、その材質によってメンテナンス方法が変わってきます。 メンテナンスとしては、タイルなどであれば高圧洗浄になります。リシンなどの塗り材であれば10数年で劣化してチョーキングが出てきたころに洗浄ではなく塗り直しになってくると思います。 シーリング材を打つような素材はその部分の劣化や雨だれなどが発生してきますので、打ち替えをし、素材自体の塗装が必要になります。 また、白い漆喰壁の中には「汚れても自浄作用がある」と謳っているものもあります。 外壁が軒によって雨が当たりにくければ謳い文句通りですが、水がたまりやすい(雪がたまりやすい)場所があったりすると、漆喰自体が水を吸ってしまい素材劣化を招いたりしますので注意が必要です。

続きを読む

間取りやデザインの要望の伝え方はどうしたらいいの?

プランニング

2016-06-24 14:25:00 | 4  | 1438

どういう風に要望を伝えればよいのでしょうか?

設計事務所で独自のヒアリングリストを用意していることが多く、それに則って記入していくことです。ヒアリングリストの有無にかかわらず、イメージ写真や持込家具のリストがあると尚良いです。 ただし、自分のイメージを伝えたいあまりにヒアリングリストを無視して自分の思いだけを語っても、設計者が本当に必要とする情報であるかどうかは判りません。設計打合せは、設計者と依頼主のキャッチボールであることを意識し、設計者から問いかける内容は確実に返して下さい。問われる内容があまりに細かかったり多すぎると思われる場合は、そのことを伝え優先順位を付けてもらいましょう。

続きを読む

無垢のフローリングに貼り換えるためにどのぐらいの費用がかかるの?

プランニング

2016-06-22 10:13:00 | 3  | 3851

築10年の中古住宅を購入します。予算が限られているのでコストをおさえつつ無垢のフローリングに張り替えたいのですが、下地まで替えないといけませんか?

傷んでなければそれを使いましょう。工事見積でもそうなるはずです。下地があきらかにおかしい場合は、足踏みなどすれば判りますが、補強方法まではフローリングを外さないと判りません。下地が出てきた段階で、施工者と共に確認し(設計者が別にいるリフォームなら設計者にまかせれば良い)、下地のやり直しが必要な個所について追加見積もりを出してもらい、双方理解のうえで工事に入ってもらいましょう。リフォームは解体してみないと判らないことがあるため、新築以上に予備費を持っていた方がよいと思います。

続きを読む

特殊な条件の土地だとハウスメーカーより建築家に頼んだ方がいいの?

専門家選び

2016-06-15 18:52:00 | 3  | 482

特殊な形や条件の土地の場合、ハウスメーカーよりも建築家に依頼したほうが良いと聞きましたが、そうなのですか?

ハウスメーカーは自分のところで用意している間取り集の中から営業担当が、その案件に即したものを選んでくることになります。その担当は大学や専門学校で建築を学んできている人とは限りません。よい人に恵まれれば、希望に近いものを出してくれるでしょうが、そうでない人に当たれば永遠に自分の希望に近付かないことも考えられます。私もハウスメーカーの提案を見せてもらうことが時折あるのですが、敷地の使い方に無駄ができていることが多いです。 一方、建築家は、間取り集をもっているわけではなく、常に特殊解、個別解として、敷地を与えられてからベストの間取りを考えます。敷地に無駄がないように考えるのは当たり前の世界です。 ハウスメーカーと建築家では出発が違うので、特殊な敷地、変形敷地などは建築家の方が得意であるといっていいでしょう。

続きを読む