森吉直剛さんのプロフィール

Pro

建築家

森吉直剛

一級建築士事務所 森吉直剛アトリエ @東京都

クライアントからのご要望として、必要諸室、部屋の大きさ、収納の容量などをお聞きします。これらは重要な「必要条件」です。それに対し私からは理想の住まいについてもお聞きしています。それはクライアントが思い描く生活シーンの中に潜んでいます。たとえば「自然と一体となった」や「家族の気配が感じられる」とか「友人と楽しくすごす週末」などです。私からも新たにイメージを提案して議論していくうちに、クライアント「オリジナルの生活シーン」がみえてきます。それを実現することを「十分条件」として設計をはじめます。まず必要条件を満たしてから十分条件も確保していこうとするのが通常かもしれませんが、逆に十分から必要に戻っていくほうが、クライアントにとってより良い住まいができあがる場合もあります。必要諸室は、子供の成長など時間の経過で変わっていきますが、オリジナルの生活シーンはなかなか色褪せるものではありません。設計中は、必要と十分の兼ね合いを、模型や図面を元に、クライアントと何度も対話し、確認しながら決めていきます。最終的にクライアントとの共作として、必要機能を満たしながら、クライアントオリジナルの生活シーンのための「環境」を、現場監理も通してつくりあげていくことが私の役割であると考えています。

サービス概要

・建築、インテリア、ランドスケープ等空間の新築、改築の企画、設計、監理業務
・家具、プロダクトの企画、設計、製作業務
・グラフィックデザイン業務

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 内見の立ち会い(現地見学の立ち会い) , 造作家具

得意な住宅の特徴

別荘 , 鉄筋コンクリート , 豪邸

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

住宅診断 , 物件探し , 内見立会い , 家具の造作(オリジナル家具の造作)

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 高級リフォーム・リノベーションが得意

対応可能な最低予算帯

300万円~

瑕疵担保保険の加入

加入あり

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , インテリアデザイン , インテリア・コーディネート , 照明デザイン

対応可能な最低予算帯

50万円~

住所

〒104-0061
東京都 中央区 銀座1-3-3東亜ビル10F

サービス提供エリア

全国

特徴

テレビ出演あり , 雑誌掲載あり , 有名人の住宅経験あり , 設計・建築関連の受賞経験あり , 美術館・駅・学校などの設計経験あり , 英語対応可能

資格

一級建築士

こだわり

全体を見ながらも細部まで美しく、精度の高い空間を目指して、細かいところまで設計図を作成します。そして、現場監理でもそのことを心がけて確認していきます。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

構造、規模、新築、リフォームによりますが、概ね総工事費の10〜15%

経歴

1967年 徳島県生まれ
1986年 徳島県立城南高等学校卒業
1991年 京都大学工学部合成化学科卒業
1993年 京都大学工学部建築学科卒業
1995年 京都大学工学研究科建築学専攻修士課程修了
1995年 大成建設株式会社設計本部
2001年 一級建築士事務所森吉直剛アトリエ設立
2003年〜2011年 明治大学非常勤講師
2004年〜 大阪芸術大学非常勤講師

過去の作品

M邸(一戸建住宅新築)
I邸(一戸建住宅新築)
大多喜の町家(一戸建住宅新築)
あざみ野南の住宅(一戸建住宅新築)
東北沢の住宅(一戸建住宅新築)
小松島の家(一戸建住宅新築)
代沢の住宅(店舗付個人住宅新築)
Villa Boomerang八ヶ岳の別荘(別荘新築)
K-VILLA(別荘新築)
D-FLAT(オーナー住戸付集合住宅新築)
古川ビル(オーナー住戸付事務所ビル新築)
A- OFFICE(事務所ビル新築)
GALLARY-M(ギャラリー新築)
K邸(一戸建住宅リフォーム)
NK邸(一戸建住宅リフォーム)
T邸(マンションリフォーム)
M邸(マンションリフォーム)
H邸(マンションリフォーム)
Y邸(マンションリフォーム)
I邸(マンションリフォーム)
A邸(マンションリフォーム)
F邸(マンションリフォーム)
Nビル(ビル1棟のリノベーション)
Japanese Dining UTAGAWA(飲食店舗内外装リフォーム)
KUMICO PROJECT(展示ブースデザイン、家具デザイン)
TOKYO CHARACTERS COLLECTION 2010(展示ブースデザイン、什器、オブジェデザイン)

受賞歴

・2003年 まちなみ住宅100選優秀賞(物件名:古川ビル)
・2003年 木の国日本の家デザインコンペ優秀賞(物件名:小松島の家)
・1995年 SDレビュー入選(物件名:Project-Q 大成建設在籍時共同設計)
・1993年 日本建築学会近畿支部卒業設計賞受賞

雑誌掲載・著書

新建築住宅特集、建築知識、建築ジャーナル、daab(ドイツ)、他

趣味

旅行、バスケットボール、飲むこと食べること

VILLA BOOMERANG / 八ヶ岳の別荘

別荘事例

説明: 敷地は八ヶ岳の南麓付近、標高約1000Mに位置する。都心に住むクライアントの要望は、家族や友人らと広い土地を使って自然を存分に楽しめる週末住宅であった。まず敷地全体を緩やかに囲うことを考えた。囲い込むのではなくて「緩やかに囲う」ことによって目指したのは、敷地を視覚的に自分の領域として認識できるようにしながらも、閉鎖的でなく廻りの自然と馴染ませることであった。具体的には、リビングを中心に両手を伸ばすような変形コの字型(ブーメラン状)の平面形状としている。斜めの壁と片流れの大屋根は、室内から自然への視野角を広げて、建物と自然をバランス良く見せている。リビング、ダイニングの前には大屋根に覆われたリビ ...

登録部屋数: 14

東北沢の住宅 / リビングに木の箱が浮遊する

注文住宅事例

説明: 都心の25坪の敷地に建つ。段状になった敷地そのままに、建坪率いっぱいの段上の床を設け、北側斜線が許容する範囲のコンクリートの壁を立てて、可能な限り最大のLDKを確保している。その他必要諸室は、閉じた二つの木の箱の中に確保し、寝室、浴室、客間として機能を満たしながらも、コンクリートで覆われた空間に浮遊する木のオブジェのように存在させている。二つの木の箱は屋根を突き抜けて立ち上がり、間にテラスを設けている。寝室と浴室とこのテラスは、内と外が一体となった空間であり、下階のリビング空間とは違う経験ができる場所としている。吹抜けの部分には、鉄骨の階段と廊下が配されて、トップライトからの陽光と、壁の開口か ...

登録部屋数: 16

I邸 / 断面操作でスキマをつくり広がりと光を得る

注文住宅事例

説明: 狭小地で快適な居住性を確保するためには、断面構成の工夫が必要であるが、吹抜けを設けると、面積が削られ、要望のスペースが確保出来なくなる。そこで今回は、最大限に面積を確保しながらも、一部の床を少し上下させることによって、天井の高い部屋と低い部屋を設け、面積を削らず高い天井のリビングダイニングを確保している。また、床の上下によって生まれた隙間を利用して、陽光の差込み口、風の通り道、眺望用の窓、テラスを設け、明るく開放的なリビングダイニングとしている。各箇所に設けられた窓は、敷地の法的条件から、今も将来的にも確実に視線が抜ける方向に開けられ、そして道路や隣地の建物から見られない少し高い位置に調整する ...

登録部屋数: 14

練馬の住宅 / 様々な場所とお互いの距離感を楽しむ住まい

注文住宅事例

説明: 敷地は多くの木々で覆われ、中には15mを超すクスノキやケヤキもあり、敷地の広さと木々の魅力を計画に反映させることは、ごく自然に命題となりました。住みながらの建て替えであり、一部残した既存建物をうまくよけながら、樹木の間を縫うように建物を配置するスタディを重ねました。最終的には4つの棟を廊下で繋げるかたちとしています。棟ごとにLDK、寝室、和室、子供部屋等の機能を与え、それぞれ違う方向に向いた片流れの屋根を設けることによって、住まい全体に様々な経験ができる場所をつくっています。その上で、お互いに関係性を持たせるように設計しました。具体的には、各棟から別の棟が見えるように開口部を設け、さらにその間 ...

登録部屋数: 14

あざみ野南の住宅 / 一体空間の中に様々な居場所を設ける

注文住宅事例

説明: クライアントの要望は、外観上廻りの町並みと馴染んだ佇まいとして、風通しが良く、家族の気配がどこにいても感じられること、そしてちょっとした眺望が得られること、というものであった。空間が開放的で一体感を持つようにツーバイテン材を細かいピッチで設けた化粧垂木小屋組としている。小屋梁、小屋束のない空間は、在来工法でありながらも量感のある内部空間を実現し、空に抜ける眺望と南北の風の通り道を確保している。内部建具は全て木製の引き込み戸とし、開けると吹き抜けを介して全ての室がつながりを持つ。ロフトはオープンにせずあえて腰壁を立ち上げることによって、リビング、ダイニング、書斎とつながりながらも独立した空間とし ...

登録部屋数: 12

小松島の家 / 「間」に住まう

注文住宅事例

説明: 敷地内それぞれの場所で自然との関係を読みとり、その場所に相応しい諸室を自然との繋がりを持たせる開口、テラスを設けて配置した。そして、これら諸室を緩やかに繋げていくこと、すなわち個々の室からは、また別の室が窓、テラス、庭、屋根架構等を通して感じられるように構成している。このように自然との「間」、空間と空間との「間」に住まうことがこの場所に相応しいと考えた。これら2つの「間」と共に、記憶との「間」という要素も加えた。敷地は住み手の生家があった場所でもあり、老朽化し解体することとなった母屋の材料(瓦、柱、梁、建具、基礎御影石)を一部保存し、また思い出のある木々を残し各空間に再利用している。自然、空間 ...

登録部屋数: 14

代沢の住宅 / 11坪の店舗付住宅

注文住宅事例

説明: 約16坪ほどの狭小敷地。2面道路に面し、北側道路は頻繁に車が往来し、西側道路は傾斜路になって約4メートルのレベル差がある。東側隣地は敷地境界まで建物が接近し、南側は4メートル高い位置から隣家が見下ろすかたちで建っている。クライアントは30年来ここで住み続けいている5人家族であり、老朽化した住まいの建て替えを行い、さらに1階に貸店舗を確保することとなった。計画は、敷地の廻りから少しでも快適な要素を抽出して住まいにうまく取り込むことを目指した。貸店舗は北側道路に入口を設けたのに対し、住まいの入口は、喧噪した北側を避け、西側道路を上がりきって建物の2階からアプローチする。寝室、リビングなどの居室はあ ...

登録部屋数: 12

K-Villa / 北軽井沢の別荘

別荘事例

説明: 北軽井沢の森に建つ週末住宅である。霧が多く発生する場所で、湿気対策から1階をRCで造り、玄関、倉庫、駐車スペースのみとして、主室であるリビングや寝室は木造として全て2階に持ち上げている。2階は中央にリビングを配置し、その周りに閉じた各部屋と開かれたスペースが並べられた構成になっている。開かれたスペースは、リビングにとって奥行きのある窓、〈ルーム窓〉となり、ダイニングやバルコニーとして機能している。合板に着色されたリビングの壁は、その穏やかな木目が空間に落ち着きをもたらすと共に、ルーム窓を構成する大きな木枠となって外部と関係づけられている。その他各部屋を構成する合板は、色を濃くすることで、リビン ...

登録部屋数: 14

D-FLAT / オーナー住戸付き集合住宅

その他事例

説明: 北側に向かってなだらかに傾斜した敷地の中で、建物を南側によせることによって、日影と北側斜線をさけた地下1階、地上3階の最大限の大きさを確保している。用途は、地下1階から地上2階までが賃貸住宅、3階がオーナー住宅となっている。全ての階において北側に大きな開口部が設けられているが、隣地との距離は道路幅程度の6M以上として、プライバシーを確保しながら安定採光を得ている。最下階は、床レベルを調整して法規上地下として容積率の緩和を受けている。地下ではあるが1階と変わらない居住性を確保でき、さらに環境を良くするためにRC壁で囲われた駐車スペースとの間をオープンスペースとしている。このスペースは窓先空地を兼 ...

登録部屋数: 12

古川ビル / オーナー住戸付き事務所ビル

その他事例

説明: 間口4.5M、奥行き23Mの狭小細長敷地である。1階を事務所、2階を住宅一戸、3階〜5階をオーナー住戸とした事務所付き集合住宅の形式をとっている。最大のテーマは都心のこの細長い敷地でどのようにして居住性を高めるかであった。具体的には天井高を変化させ、吹抜けを設けて断面的な広がりをもたせることで解決を図っている。住人が室から室へ移動するなかで天井高は変化していき、上部或いは下部に抜けた空間に出会う。そうすることによって平面的な知覚よりも断面的な知覚体験が優先され敷地形状を意識させない効果をねらっている。また周辺の環境を遮断し居住性を高めるために南側バルコニー前面に壁と木製のルーバー(不燃認定品) ...

登録部屋数: 13

NK邸 / 二世帯住宅へのリノベーション

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 既存は築18年になるハウスメーカーが建てたツーバイフォーの一世帯用住宅で、1階を親世帯、2階を子世帯にリノベーションしている。1階は廊下を無くして各部屋を広げ、リビングとダイニングの間の構造壁を移設して両者の繋がりを高めている。2階は元々あった和室の壁を撤去して広いLDKを作り出している。キッチンや浴室、洗面所などの水回りは、1階は位置をずらして再生し、2階は新たに浴室、キッチンを設置している。さらに、テラス、バルコニーを室内と関係づけられるように作り直し、1、2階とも自然を感じられるLDKとしている。外壁と塀は陰影が出る左官で一体に塗り直し、二世帯それぞれにスチールの庇とヒノキ無垢材の玄関扉 ...

登録部屋数: 16

T邸 / 風が通り視線が通る、家全体を一日中使える小さな住まい

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 日本の集合住宅はnLDK型画一化の弊害として、風通しと部屋どうしの繋がりを失ってきた。玄関入って中廊下の両脇に個室、奥にLDKとベランダという平面では、角部屋でない限り風の出入口両方は確保出来ず、また各個室は孤立してしまっている。今回の築16年のマンションは、まさにこのプランで、58平米に個室2つと和室を併設したDKに夫婦と子供2人が暮らしていた。今回、浴室と洗面所以外をスケルトンリフォームすることによって、これまで無かったリビングを確保し、さらに風の通り道をつくりながら2つの寝室を設けている。さらに収納スペースを増やすために、クローゼット以外に1つの寝室の床下全面を収納スペースとしている。そ ...

登録部屋数: 12

M邸 / 新築マンションのリフォーム

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 新築された高級マンションのリフォームです。あるディベロッパーの最高品質シリーズのマンションですが、外観、廊下など共用部はオリジナリティのある高品質なものになっています。それに対して住戸内は、ビニルクロスの壁天井、既製品の巾木、一部にタイルや石など使われていますが、全体的に画一的な無個性な空間となっていました。クライアントもそのことを物足りなく感じ、リフォームの依頼が来ました。部屋割りとフローリングについては、購入時に要望通りにしてもらっていたので、特に変更せず、空間ごとに一部の壁をタイルや特殊なクロスなどで貼り直すなど装飾的なことを施しました。玄関は正面にガラスモザイクタイルを貼り、靴箱正面の ...

登録部屋数: 12

I邸 / マンション部分リフォーム

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築7年RCマンションの部分リフォームです。既存でリビングと続きの和室を、フローリングの書斎にしてリビングの延長としても使えるようにしています。その他収納スペースを全て造作で作り直しています。具体的には押入の奥行きを深くし、子供部屋のクローゼットを広くし、下駄箱を大きくしています。また書斎の本棚と机も造作家具と合わせる形で造っています。コストを抑えるため、フローリングは既存利用し、キッチンはガスコンロをIHに変更と扉を造作家具で作成したものに入れ替える以外は既存利用しています。ソファやダイニングテーブル等の移動家具とカーテンもコーディネートして全体の雰囲気を統一しています。

登録部屋数: 7

K邸 / 猫と犬が共存するためのリフォーム

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 元々猫がいた住まいに、犬も加わることになって、猫が犬を気にせずに移動できる家具を兼ねた収納が求められました。リビングのテレビ台の置かれていたスペースに、造りつけのテレビ台とDVD、CDや細々したものの収納と、猫が既存のキャットウォークまで登ることが出来るステップを造作しています。猫はテレビ台、ステップ、収納家具と移動して、最終的に大好きな場所である屋上に出られます。

登録部屋数: 7

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。