石川淳さんのプロフィール

Pro

建築家

石川淳

株式会社石川淳建築設計事務所 @東京都

白を基調にイエ型のシンプルで飽きのこないデザインとハコ型のハコノオウチを作っています。

性能や環境といったキーワードが溢れていますが、それらを満たすのは住宅としては当然のことです。

そんなことよりも、好きなデザインの洋服を着ると素敵な気分になるように、素敵なデザインの家で暮らす生活はとても豊かな気持ちになるものです。

そのような住宅を作りたいと考えています。

サービス概要

建築の設計・監理・デザイン監修・企画・等

※サービスエリアは全国で日帰りのできる範囲(離島は要相談)

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

内見の立ち会い(現地見学の立ち会い) , 無料でプランを提案する , 造作家具

得意な住宅の特徴

狭小住宅 , 木造 , 2世帯住宅

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

定額制料金あり , 家具の造作(オリジナル家具の造作)

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 低価格リフォーム・リノベーションも積極的に対応

対応可能な最低予算帯

500万円~

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , インテリアデザイン , 照明デザイン , エクステリア(外構)

対応可能な最低予算帯

50万円~

住所

〒165-0023
東京都 中野区 江原町2-31-13第一喜光マンション106

サービス提供エリア

全国

特徴

テレビ出演あり , 雑誌掲載あり , 有名人の住宅経験あり , 設計・建築関連の受賞経験あり

資格

一級建築士

こだわり

シンプルな白い外観と白い室内。在来工法を使うことで無駄な工事費をかけず、どの工務店でも施工が可能な建築をめざしています。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事費の12パーセント+税(ローコスト建築の場合は下限設定あり)

経歴

1966年 神奈川県湘南地方生まれ
1985年 神奈川県立鎌倉高校卒業
1990年 東京理科大学工学部建築学科卒業
1990年 建築家早川邦彦氏に師事
1993年 インターデザインアソシエイツに参加
2002年 石川淳建築設計事務所設立 
2009年〜東京理科大学工学部建築学科非常勤講師 
2010年 株式会社 石川淳建築設計事務所として法人化

過去の作品

Y.ケンネル 2001年
〜2015年までに50棟以上を設計監理・竣工

受賞歴

Y.ケンネル で第13回TH大賞受賞

雑誌掲載・著書

愛犬と幸せに暮らす住まいの本  2014年
理想を叶えた間取りとインテリア327 2014年
渡辺篤史の建物探訪10月18日放送 2014年
理想のわが家できました   2014年
KJ8月号          2014年
住まいの外観        2014年
片づけたくなる住まいの作り方 2014年
新建築住宅特集3月号     2014年
月刊ハウジング3月号     2014年
素住(SUSU)17号      2013年
はじめてのマイホーム    2013年
後悔しない上質は家づくり  2013年
暮らし快適         2013年
素住(SUSU)16号    2013年
マイホームプラス31号  2013年
SUMAInoSEKKEI    2013年
センスを磨く住宅デザインのルール 2012年
東京の若手建築家とつくる家 2012年
マイホームプラス30号  2012年
HOUSING6月号   2012年
SUMAInoSEKKEI 2012年
渡辺篤史の建もの探訪  2012年4がち6日
間取りの図鑑     2012年
素住(SUSU )12号  2012年
日本テレビスッキリ 2012年11月10日
MY HOME100選9  2011年
INAXレポート    2011年
愉楽         2011年
SUMAInoSEKKEI 7月8月号  2011年
犬とくらす住まい    2011年
新建築住宅特集4月号   2011年
渡辺篤史の建もの探訪 2011年1月14日
リクルートEDGE  2011年1月号
新建築住宅特集   2010年11月号
B-1        2010年8月   (タイの建築雑誌)
新しい住まいの設計 2010年2月号
新しい住まいの設計 2009年10月号
渡辺篤史の建もの探訪 2009年4月26日
新建築住宅特集 2009年4月号
monoマガジン    2009年4-2
新しい住まいの設計 2009年2月号
ちっちゃな快楽住宅 2008年11月
はじめての家づくりNo.11 2008年8月
新建築住宅特集 2008年9月号
Small House Tokyo    2008年4月(北米向け写真誌)
狭小住宅7    2008年5月
渡辺篤史の建もの探訪 2007年9月9日
犬と暮らす家04号  2007年10月(ワールドフォトプレス社)/巻頭記事
新しい住まいの設計 2007年10月号
狭小住宅6 2007年7月号
新しい住まいの設計 2007年5月号
渡辺篤の建もの探訪 2007年1月28日 放送
Lives 2007年 FEB.&MAR.「住まい&ライフスタイルブック」
新しい住まいの設計 2006年11月,12月号
住みCoCo      2006年5月(リクルート社)
新建築住宅特集   2006年5月号
MONITOR 36号   2006年4月(ロシアのデザイン雑誌)
area 84号       2006年3月(イタリアの建築雑誌)
Lives 2006年 FEB.&MAR.「20代&30代のジュータク事情」
グラツィア     2005年2月号 30代の建築家
Lives 2004年 OCT.&NOV. 「小さな家でいこう」
新建築       2004年3月号
Pen No.107     「建築家43人の集合住宅宣言」
Pen No.119     「建築家が選ぶ構造美の家具100」
NewHOUSE     2004年10月号
渡辺篤の建もの探訪  2003年5月17日 放送
エスクァイア日本版  2002年12月号
朝日新聞be 2002年11月9日号
Pen No.92    「主張のある家に住む」
NewHOUSE     2002年10月号
新建築住宅特集 2002年5月号

趣味

建築を見る旅行

特技

へたうまイラスト

中庭のあるスキップフロアの家・オウチ32

注文住宅事例

説明: 外観は切妻型の「OUCHI」シリーズのデザイン住宅で、室内は2階をリビング、1階を個室配置としたスキップフロアです。
玄関を両階の間の高さに設定することで、外観の特徴の外階段と室内での変化ある空間を獲得しました。
玄関フロアの高さには緑の植栽で覆われた小さな中庭があり、書斎、子供室、リビング、和室、浴室といった主要な部屋から見ることができます。
キッチンは対面式として、背面は引き戸式のパントリーを採用し、洗濯コーナーもキッチン横に配置した家事動線に考慮した計画となっています。
天窓と中庭からは季節と時間が織りなす光を毎日取り入れることができます。

実施予算: 2500 万円

実施時期: 2014

登録部屋数: 24

ハコノオウチ06・屋上バルコニーのある家

注文住宅事例

説明: 福島県福島市に完成した箱型住宅です。
駅の近くの市街地の中で、隣家やマンションに囲まれ、また隣接する駐車場にはもいずれ中層程度の建物が建つ可能性もありました。
そのため、開口を大きく取るのでは無く、横スリット窓でプライバシーを守りながら眺望を取り込む手法をとっています。又、明るい2階にリビングを設け、スキップフロアで半層上がった屋上バルコニーとリビングを隣接させて、プライベートな空がリビングから望めるように設計しています。
特徴的な外観の斜め壁はその内側が光り庭になっていて、和室、寝室、浴室のプライバシーを隣家から守ります。
緩い片流れ屋根を採用したハコ型のデザインはシンプルでミニマル ...

実施予算: 2500 万円

登録部屋数: 17

ハコノオウチ04 2.5世帯住宅

注文住宅事例

説明: 夫婦と子供3人と母と妹の7人のための住宅
布作家の妹さんのアトリエがあり、その作品展示のための大窓が外観の特徴になっています。

母の生活を平面的にするため、1階にLDKとサニタリー、母の部屋を配置、さらに訪問者を受け入れるアトリエを1階に置きました。

階段吹抜を中心に2階へつながり、吹抜の廻りに子供達の部屋を配置し、勉強スペースや家事室を吹抜の廻りにめぐらせました。

2014年10月18日にテレビ朝日の「渡辺篤史の建もの探訪」で放送されます。

実施時期: 2013年竣工

登録部屋数: 19

ハコノオウチ05 ルーフバルコニーのある二世帯住宅

二世帯住宅事例

説明: 東京都中野区で完成した分離型二世帯住宅です。
夫婦2人と母1人の二世帯住宅で、1階部分を母の家とし、夫婦2人の個室とサニタリーを2階に。3階は屋上バルコニーにつながるリビングダイニングの空間としています。道路を挟んでお向かいには桜の木のある広場があり、その景色を取り込むために正方形の大きな窓をそれぞれの世帯に採用しました。内部は完全分離式で、玄関はそれぞれにありますが非常用の通路として両家をつなぐドアを設置して法令上は1住戸としています。一見するとRC造のような四角い外観ですが、構造は木造在来軸組工法とし、工事費を圧縮しています。狭い道からの高さ制限をかわしながら整ったハコ型の家としてデザイ ...

実施予算: 3400 万円

実施時期: 2013年竣工

登録部屋数: 21

ハコノオウチ03 スモールオフィスのある家

注文住宅事例

説明: 高低差のある敷地を生かし、クルマ好きのご主人の仕事場を道路レベルに設定しました。
建物内部でも敷地高低差を生かしながら、寝室を内包した黒い箱と、それをくるむ形の白い箱をかぶせた構成とし、大小二つの箱の隙間にはサニタリーや外部とのバッファゾーンとして機能しています。黒い箱の上にはダイニングとキッチンを配置し、そこから1mほど浮いた高さにリビングを設定しています。さらにダイニングの上には屋上テラスを配置し、北面大窓からの自然採光を建物全域へ導けるように計画しています。
また、二つの箱の隙間と2つのレベルの床の間は重力換気が通るように計画しています。

実施予算: 2800 万円

実施時期: 2013年竣工

登録部屋数: 27

オウチ18・仙台 SOHOの家

注文住宅事例

説明: スモールオフィスを内包する小住宅です。
1階には作業スペースと主寝室とサニタリー、2階にリビングダイニングと予備室、子供室があります。SOHOである作業スペースは玄関から土間続きの空間で、打ち合わせの来客もスムーズに仕事場へ通すことができます。
また、建物の長手に沿って作り付けられた作業デスクには通りを眺める細長い窓を設けています。2階へ上がる階段の下には蓄熱暖房機を設け、土間や寝室、また2階のリビングが暖かく過ごせるように考えられています。
リビングには予備室と家事室、子供室が面し、パーテーションの壁によって緩やかに仕切られています。大きな切妻天井の下で家族の気配がどこにいても感じられ ...

実施予算: 1800 万円

実施時期: 2010年竣工

登録部屋数: 22

オウチ14・ネコと犬と暮らす家

二世帯住宅事例

説明: 東京都にある猫と犬と暮らす二世帯の家です。
1階を親世帯、2階を若夫婦世帯としています。
外観はオウチ型のシンプルなものとし、それぞれの世帯を象徴する大きな正方形の窓やポーチを取り入れ、デザインの核としました。
ここでは大きな室内犬と小さな黒猫も同居しています。
そのため大きなワンちゃんを怖がらずに部屋中を移動することができるように猫用のキャットウォークをリビングに張り巡らしました。2階の屋上にはテラスも備わり、空を眺めることがリビング空間を実現しています。
渡辺篤史さんの建物探訪では「猫も犬も喜ぶ家」として紹介されました。

掲載メディア
渡辺篤史の建もの探訪2011年1月1 ...

実施予算: 3000 万円

実施時期: 2010年

登録部屋数: 25

オウチ13・愛犬と暮らす家

注文住宅事例

説明: 高さ制限と低い建坪率をまもりながら、地下容積率緩和を使い最大限の床面積を確保しました。
インナーガレージのご希望があり、シャッターと玄関ドアとの調和を目指し、ディテールを工夫した一体感のある開口デザインとしています。
愛犬のための数々の工夫をそなえ、また地下室へ自然光を獲得するため、1階玄関にスキップフロアを採用して下階に高窓を持たせることに成功しました。

掲載メディア
コンフォルト2010年増刊号犬空間ラボ  リクルートEDGE2011年01月

実施予算: 4000 万円

実施時期: 2009年竣工

登録部屋数: 14

オウチ12・木箱の入った家

注文住宅事例

説明: 鉄骨造による白い切妻型のシェルターの中に、シナ合板仕上の木造の箱を納めました。切妻型の天井には6カ所の天窓があり明るい光を落としています。
木箱の中には寝室、浴室、収納、予備室などが納まり、またリビングに面する木製建具は自由に開閉できます。
2階の寝室の天井からはアクリル越しに天窓の光がそそぎ、室内に居ながら外部空間を体験しているような気持ちになれます。

実施予算: 4000 万円

実施時期: 2009年竣工

登録部屋数: 15

オウチ06・斜め窓の家

注文住宅事例

説明: 神奈川県に完成した斜め窓を取り入れた住宅
敷地は北斜面の造成地で、丘陵地の一角にあります。近隣には公園の桜があり、遠方には遊園地の観覧車も見る事ができる景色の良い場所です。
眺望の良い最上階にリビングダイニングを配置。そこからの眺めを楽しむ事ができ、外部からはプライバシーを守るため、窓を細長くし、さらに斜めに取りつけることにしました。これにより、部屋の足元には谷間の方向、目線の先には公園の桜、上方には青空と、多くの眺望を獲得することができました。
また、階段に沿って二列目の斜め窓を設け、階段の上り下りにも景色を楽しめるように計画しました。

掲載メディア 新建築住宅特集2009年4月 ...

実施予算: 2700 万円

実施時期: 2008年竣工

登録部屋数: 19

オウチ10・湧水を楽しむ家

注文住宅事例

説明: 母屋のある敷地内に若夫婦のための「はなれ」住戸を増築しました。
1階のリビングの床高さを低めにとり、庭の中にある湧水の池の景色が楽しめるように設計しました。景色を切り取る横連窓は、庭の緑を切り取りつつ隣地の工場が目に入らないように高さを厳密に調整しました。リビングには天井高さ6mほどの吹抜があり、天窓からの光によって、まるで屋外に居るかのような開放感を得ることができました。
また、黒い杉板のルーバーは、2階の書斎スペースと吹抜を緩やかに隔てています。

実施予算: 2000 万円

実施時期: 2009年竣工

登録部屋数: 21

オウチ02・鳥取の家

注文住宅事例

説明: 「オウチ型の家」に共感をいただき、設計依頼をいただいた家です。
敷地は鳥取県鳥取市の静かな山間部にある新しい造成地の一角です。
日当たりと眺望を確保するため2階にリビングダイニングを設けました。
家族がいつもリビングを通って生活するように、玄関は2階のリビングに面してつくり、1階から外部階段で2階の前庭にアプローチしてから室内に入るという動線計画にしています。
2階の前庭は防犯性も高く、お子さん達の恰好の遊び場になっています。

実施予算: 2000 万円

実施時期: 2008年竣工

登録部屋数: 17

オウチ03・アトリエのあるスキップフロアの家

注文住宅事例

説明: 1階に絵画アトリエをもつ夫婦2人のための住宅
敷地は小さな遊歩道のある小川と緑の丘にはさまれた場所です。それぞれの緑地を借景する大きな窓が特徴の住宅です。内部はスキップフロアになっており、1階の絵画アトリエとダイニングまた、ダイニングとリビングが緩やかにつながっています。
また、このスキップフロアにより、仕事室であるアトリエとくつろぎの場であるリビングは切り離す事ができてました。

掲載メディア 
新しい住まいの設計2009年2月号 渡辺篤史の建もの探訪2009年4月26日 最高の若手建築家20人 MYHOME100選 B1(タイ)monoマガジン2010年4月12日号 SUSU 4 ...

実施予算: 2000 万円

実施時期: 2008年竣工

登録部屋数: 24

オウチ15・静岡の二世帯住宅

二世帯住宅事例

説明: 静岡県にある二世帯住宅です。
細長い敷地の両端に若夫婦住戸と親世帯住戸を中庭をはさんで配置しました。
道路に沿って中庭を守る白い壁を配置し、その内側に二世帯共用の玄関を設けました。
中庭には小さなゲストハウスがあり、両方の住戸から使いやすいようになっています。
それぞれの家族を象徴する二つの切妻屋根がデザインの中心になっています。

掲載メディア
SUMAInoSEKKEI 2011年Jul/Aug号

実施時期: 2010年竣工

登録部屋数: 24

ハコノオウチ01・版画アトリエのある家

注文住宅事例

説明: 銅版画家のアトリエがある家です。
巾5m奥行き20mの細長い敷地の1階に銅版画家のためのアトリエを、2階に住居を配置した住宅です。シンプルなハコ型にデザインされた住宅で「ハコノオウチ」という名前で雑誌発表を行いました。アトリエの天井高さを3mと高くとり安定した光が入るようにしました。また、2階のリビングはスキップフロアとし、中間階納戸の上をダイニング、また浴室の上を屋上テラスとし、隣地に囲まれながらも明るく光に満ちた住空間を実現しました。

掲載メディア
新建築住宅特集2011年4月号   SUSU 12号  渡辺篤史の建もの探訪2012年4月6日
マイホームプラスVo.30  IN ...

実施予算: 2800 万円

実施時期: 2010年竣工

登録部屋数: 22

オウチ25・インナーバルコニーの家

注文住宅事例

説明: 東京都に完成した旗竿敷地に建つ木造住宅です。
接道幅2mの通路は、黒の木塀で落ち着きのあるアプローチに仕上げました。
石張りの玄関ポーチを入ると吹抜の玄関ホールが出迎え、そこから2階のリビング空間へ階段を上ります。
周囲を隣家に囲まれた旗竿敷地であることから、2階のリビングは天窓と広いインナーバルコニーから採光する計画としており、全開サッシュを開け放てばリビングと半屋外のバルコニーが開放的につながります。
リビングとバルコニーの1m程度の段差の間からは玄関ホールへの光を落とすスペースとして機能し、またバルコニーを使わないときも「景色」として見上げて楽しめるように段差を使って演出していま ...

実施予算: 4000 万円

実施時期: 2012年竣工

登録部屋数: 23

オウチ01・狭小二世帯住宅

二世帯住宅事例

説明: 狭小敷地での立て替え二世帯住宅
1階に親世帯、2階に子世帯を配置し、それぞれのリビング同士が気配を感じられるように「にじり窓」を室内に取り入れました。また外観はシンプルな白い「オウチ型」とし、道路面には窓を少なく、また南面には窓を十分にとり、明るい室内を実現しました。
また天窓からは反射光を取り入れ、バウンド光により室内のどこにいても十分な照度を確保しています。

掲載メディア
新建築住宅特集2008年9月号 monoマガジン2009年3月16日号 B1(タイ)

実施予算: 3000 万円

実施時期: 2008年竣工

登録部屋数: 14

リビングのデザイン・いろいろなあり方

二世帯住宅事例

説明: 石川淳の設計した住宅のリビングダイニング集です。

白を基調にシンプルでありながら、使いやすいプランと風の流れを意識した天窓、地窓などを取り入れています。

登録部屋数: 23

デザイン住宅外観いろいろ

注文住宅事例

説明: 石川淳の設計した住宅の外観デザイン集です。

シンプル・スタイリッシュでありながら、どこか愛らしいデザインを目指しています。

三角屋根のOUCHIシリーズと四角い箱型のハコノオウチを設計していて、どちらも木造在来工法を採用しているため、工務店を選ばず、また工事費も無駄にかかりません。

外観は耐火性能の確保とシンプルなデザインのためにモルタル金ゴテの上、白く弾性塗装をほどこしており、「色」を使わないことで流行に流されない家を作ることができます。

特徴的な窓の開け方は、地域や方位、近隣の条件などを考えて開け、又、プライバシーを確保しながら沢山の自然採光を獲得するように設計され ...

登録部屋数: 19

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。