注文住宅

デザイン住宅外観いろいろ

内容:

石川淳の設計した住宅の外観デザイン集です。

シンプル・スタイリッシュでありながら、どこか愛らしいデザインを目指しています。

三角屋根のOUCHIシリーズと四角い箱型のハコノオウチを設計していて、どちらも木造在来工法を採用しているため、工務店を選ばず、また工事費も無駄にかかりません。

外観は耐火性能の確保とシンプルなデザインのためにモルタル金ゴテの上、白く弾性塗装をほどこしており、「色」を使わないことで流行に流されない家を作ることができます。

特徴的な窓の開け方は、地域や方位、近隣の条件などを考えて開け、又、プライバシーを確保しながら沢山の自然採光を獲得するように設計されています。

窓と壁のバランスを考え抜いた設計は耐震設計に必要名壁量を十分に確保しながら、また、費用アップの原因になりやすいガラス工事の量をコントロールしようというものです。

単にデザインのためではなく、性能、快適性、費用バランスを合わせて作られた家の外観です。

シンプルな三角屋根と黒い箱をつなぎ合わせたデザイン

玄関を中2階に設け、囲まれた庭に外階段でアプローチします。玄関庭は壁とドアで仕切られているため、広い道路からの視線や音を防ぐ事ができ、リビング空間は玄関引き戸を開け放って生活する事もできます。
中2階の玄関土間からは2階のリビングと1階の寝室群とへ分かれるジャンクションとして機能し、下にはご主人のための書斎コーナーがあります。
白いオウチ型の輪郭に黒い木箱を梁付けたような外観はユーモアを感じさせつつ、しっかりと個性を発信しています。
掲載メディア
渡辺篤史の建もの探訪2013年12月6日

白と黒の積木のような家

外観は黒い基壇の上に白い切妻のボリュームを乗せたような形になっています。
1階には施主の趣味である人力飛行機の製作を行うための工房スペースを、また2階に寝室、3階にはリビングダイニングを設けています。
積木を積み上げたような三角屋根のデザイン住宅です。

オウチ04 中庭のある家

構造:木造2階
延床面積:103㎡
家族構成:ご夫婦2人+子1人

趣味室と中庭がある住宅

千葉県のおおたかの森駅から徒歩10分ほどの新しく開発された分譲地の一角にあります。1,2階とも中庭に面するように計画しており、プライバシーがまもられているため外部を気にせず窓を開け放し生活する事ができます。外観はシンプルなオウチ型で、中庭の目隠しルーバーは木材を黒く塗装した縦ルーバーとし、通風を確保しています。

掲載メディア イタリアのWEBマガジン

オウチ03 アトリエのあるスキップフロアの家

構造:木造3階スキップフロア
延床面積:92㎡
家族構成:ご夫婦2人

1階に絵画アトリエをもつ夫婦2人のための住宅

敷地は小さな遊歩道のある小川と緑の丘にはさまれた場所です。それぞれの緑地を借景する大きな窓が特徴の住宅です。内部はスキップフロアになっており、1階の絵画アトリエとダイニングまた、ダイニングとリビングが緩やかにつながっています。
また、このスキップフロアにより、仕事室であるアトリエとくつろぎの場であるリビングは切り離す事ができてました。

掲載メディア 
新しい住まいの設計2009年2月号 渡辺篤史の建もの探訪2009年4月26日 最高の若手建築家20人 MYHOME100選 B1(タイ)monoマガジン2010年4月12日号 SUSU 4号
コーディネート ザ ハウス

オウチ15 静岡の二世帯住宅

構造:木造2階
延床面積:187㎡
家族構成:若夫婦2人+子1人+親夫婦2人

静岡県富士市にある二世帯住宅です。

細長い敷地の両端に若夫婦住戸と親世帯住戸を中庭をはさんで配置しました。
道路に沿って中庭を守る白い壁を配置し、その内側に二世帯共用の玄関を設けました。
中庭には小さなゲストハウスがあり、両方の住戸から使いやすいようになっています。
それぞれの家族を象徴する二つの切妻屋根がデザインの中心になっています。

掲載メディア
SUMAInoSEKKEI 2011年Jul/Aug号

G-n1 中庭のある家

構造:木造2階
延床面積:87㎡
家族構成:ご夫婦2人+子1人

中庭のある工事費1000万円代の小住宅

寝室や浴室、玄関土間、リビング等が中庭に面するように計画しました。
小さな中庭ですが、黒の木製ルーバーにより風と光をいれつつ防犯性の高い空間となっています。
そのため、夏や中間季は、窓を開け放して生活することが可能で、小さなお子さんも自由に過ごすことができます。
内部は高さを生かし、中二階には小さな和室を設置。階段の踊り場からにじり口をくぐって入るようになっています。
外観はシンプルな白いオウチ型に黒いポーチをくり抜いた形にデザインしており、クールでありながらどこか可愛いらしらを感じるようにデザインしています。

掲載メディア
新建築住宅特集2006年5月号 新しい住まいの設計2006年12月号 area2006年84号(イタリア)LiVES2006年Feb&Mar

オウチ06 斜め窓の家

構造:木造3階スキップフロア
延床面積:106㎡
家族構成:ご夫婦2人+犬1匹

神奈川県に完成した斜め窓を取り入れた住宅

敷地は北斜面の造成地で、丘陵地の一角にあります。近隣には公園の桜があり、遠方には遊園地の観覧車も見る事ができる景色の良い場所です。
眺望の良い最上階にリビングダイニングを配置。そこからの眺めを楽しむ事ができ、外部からはプライバシーを守るため、窓を細長くし、さらに斜めに取りつけることにしました。これにより、部屋の足元には谷間の方向、目線の先には公園の桜、上方には青空と、多くの眺望を獲得することができました。
また、階段に沿って二列目の斜め窓を設け、階段の上り下りにも景色を楽しめるように計画しました。

掲載メディア 新建築住宅特集2009年4月号 SUMAInoSEKKEI 2009年10月号 渡辺篤史の建もの探訪2010年4月9日放送 

T-a2 ブドウ畑に浮かぶ白い箱型住宅

構造:木造2階+中間階納戸
延床面積:103㎡
家族構成:ご夫婦2人+子1人

山梨県甲府市に完成した住宅

敷地はブドウ畑に面し、グレー色の壁の上にリビングのある白い箱を乗せた形としました。
グレー色の壁は将来増築を行う場合にこれを基軸とするために外構へ伸びています。
2階への階段は段板が浮いているデザインとして、外部へのつながりを持たせました。また、リビングにはインナーバルコニーをもち、ここを通ってはなれの和室へ行く事ができます。
部屋の中に硝子の箱が浮いているようなデザインのインナーバルコニーはリビングの中にあるオブジェのように見え、また外部でありながら室内のような使い方ができるように考えられています。

オウチ16 金沢の川を望む家

構造:木造2階スキップフロア
延床面積:83㎡
家族構成:ご夫婦2人+子1人

川を臨む石川県金沢の家です。

「川の流れを感じながらの生活をしたい」そうご希望されたご夫婦と土地探しの段階からご相談しながら設計を進めてきた住宅です。
リビングの大きな正方形の窓からは、川の流れや岸辺の桜並木も見ることができます。またスキップフロアを取り入れた事により、リビングや寝室の天井高さを大きく取ることができ、ダイニングやキッチンからも川の流れを見下ろすことができます。

S-a3 山梨の平屋住宅

構造:地上木造1階+ロフト
延床面積:113㎡
家族構成:ご夫婦2人+子3人

山梨県昭和町に完成した平屋建ての住宅

風の強いこの地方で快適に暮らせるように、中庭を囲むように2つのボリュームを向かい合わせに配置しました。
南に向けた片流の屋根はリビングへ光を取り入れるため、また南に閉じる片流の屋根は甲府盆地の暑い夏に日射を遮るように計画されました。広い敷地の恩恵を十分うけられるように、平屋建てとした設計で、なおかつ「風水」を取り入れて作られました。

T-3G ガレージのある幅3mの家

引き分けの木製ドアはエンスージアストの心をくすぐります。

T-3G ガレージのある幅3mの家

構造:地下1階地上木造3階スキップフロア
延床面積:101㎡
家族構成:ご夫婦2人+母1人

巾4m奥行き14mの敷地に建つガレージのある家

施主は趣味の車を収納できる狭小住宅を希望してきました。
巾4mの敷地には愛車の他、二世帯3人の空間を確保するため地下空間を計画、さらに地上3階建てのスキップフロアとし、それぞれのフロアがつながることで広さを確保できるようにしました。
また地下室にはご主人の趣味のオーディオルームがあり、大音量で楽しめるような空間が用意されています。

掲載メディア
新しい住まいの設計2007年10月号 渡辺篤史の建もの探訪2007年9月9日 Small House Tokyo(北米) ちっちゃな快楽住宅 狭小住宅6 B1(タイ) METROPOLIS

オウチ13 インナーガレージある家

構造:地下1階地上木造2階
延床面積:149㎡

ご夫婦2人+お母さまと愛犬と暮らす家

高さ制限と低い建坪率をまもりながら、地下容積率緩和を使い最大限の床面積を確保しました。
インナーガレージのご希望があり、シャッターと玄関ドアとの調和を目指し、ディテールを工夫した一体感のある開口デザインとしています。
愛犬のための数々の工夫をそなえ、また地下室へ自然光を獲得するため、1階玄関にスキップフロアを採用して下階に高窓を持たせることに成功しました。

掲載メディア
コンフォルト2010年増刊号犬空間ラボ  リクルートEDGE2011年01月

オウチ14 猫と犬と暮らす家

構造:木造2階+ロフト
延床面積:129㎡

1階にお母さま、2階にご夫婦の合計3人家族と犬1匹、猫1匹の二世帯住宅です。

三角屋根に四角い窓が二つのシンプルな住宅デザインで、「渡辺篤史の建もの探訪」でも紹介されました。

1階の四角いポーチはベンチやワンちゃんの足洗い場などがあります。



H×4 旗竿敷地の家

構造:地下1階地上木造2階
延床面積:111㎡

3人家族のための旗竿敷地を生かした木造住宅です。

幅の狭い竿部分の敷地にエントランスを設け、玄関スペースとして利用しました。
また地下空間も容積率の緩和を使いながら有効利用しています。

「渡辺篤史の建もの探訪」でも紹介されました

Y.SOHO スモールオフィスのある家

構造:木造2階+ロフト
延床面積:81㎡

本の装丁デザイナーの奥様のためのスモールオフィスを併設したシンプルな三角屋根の住宅です。

白い外壁に黒い玄関ドアとバルコニーの目隠しの組み合わせで、コストをかけずにデザイン性を獲得しています。

3人家族のほか、4匹の犬たちが暮らしています。

K-Water プールのある家

構造:RC造3階
延床面積:554㎡

ご夫婦2人とお子さんのための住宅です。
鉄筋コンクリート造で1階にスモールオフィスと2階3階に住宅、さらに3階にはプールがあります。
外観は白、打放、木製ルーバーの組み合わせでシンプルでモダンなファサードを作りました。

K-Water プールのある家

構造:RC造3階だて
延床面積:554㎡

ご夫婦2人とお子さんのための住宅です。
鉄筋コンクリート造で1階にスモールオフィスと2階3階に住宅、さらに3階にはプールがあります。
外観は白、打放、木製ルーバーの組み合わせでシンプルでモダンなファサードを作りました。

ハコノオウチ01・住宅密集地での箱型住宅

構造:木造2階+中間階ロフト+屋上バルコニー
延床面積:108㎡

版画家の奥様とデザイン系の仕事をされているご主人のためのアトリエ併設住宅です。
シンプルな四角いハコ型の家にストライプ窓をあしらいました。お施主様からコルビジェのような白い四角い住宅をご希望されて提案したデザインです。

「渡辺篤史の建もの探訪」でも放送されました。