平林 繁さんのプロフィール

Pro

建築家

平林 繁

平林繁・環境建築研究所 @神奈川県

自然素材につつまれた『呼吸する家』
本来、日本の住宅(民家)は自然素材でできた風通しの良いものでした。それが現代社会、現代生活のなかで、いつの間にか人工的な材料や工業製品でできた息苦しいものになってしまいました。シックハウスといわれる住宅やエアコンをつけないといられない住宅といったものです。もちろん、現代の住宅で開発された断熱性能、耐震性能、耐久性、経済性などすべてを否定することはできません。昔の民家のもっていた良さを現代の住宅に活かした現代民家『呼吸する家』をめざしています。

エネルギーをできるだけ使わずに、快適に暮らしたい。地球温暖化や化石燃料の枯渇、脱原発がいわれる今日ではそう思わない人はいないでしょう。
風が抜ける家がいい。空気の流れをデザインし、風を呼び込み、自然対流による自然換気を促します。敷地、地形から夏と冬の風向きを考え、風の出入り口と風の流れるルートをデザインします。暖かい空気は軽く上に上がり、冷たい空気は重く下へ下がるという重力も利用し、建具を開閉することで、季節にあった状態にコントロールします。
もちろん窓は風と同時に光も取り入れるわけです。自然光をいかに室内に取り入れるかも同時に考えなければいけません。朝の光、昼の光、夕方の光をどれだけ室内に取り込むか。光のコントロールは近隣や道路が接近する敷地に住むために、プライバシーにも関係してくる現代住宅では欠かせないものになっています。
そして、自然素材の持つ調湿、脱臭、浄化作用を最大限に活用します。珪藻土、漆喰などの土壁や無垢のフローリングなどは経年変化を楽しむ素材でもあります。室内の空気を良くする自然素材のもつ暖かいテイストを住宅のデザインに盛り込みます。
このような細かな気配りの集積が大らかな空間、環境を生み出すことになるのです。
木漏れ日を浴びながら、そよ風が通り過ぎる、そんな快適な室内環境を目指します。

サービス概要

住宅設計、建築設計、インテリアデザイン
新築、増築、リフォームの設計および工事監理業務

対応可能業務

注文住宅

住所

〒247-0066
神奈川県 鎌倉市 山崎1390 レーベンスガーデン1-308

サービス提供エリア

全国

資格

一級建築士

目安の予算(建築家の場合は設計料)

ご相談による

SKY FIELD HOUSE

注文住宅事例

説明: 丘陵地の東斜面の住宅地に建つ黒い片流れ屋根の住宅。正面はレッドシダーの竪格子で覆われる。2階の主室(居間・食堂・台所)はレッスン室と繋がり開放的な音楽ホールとなる。そこは東側のバルコニー越しに向かいの山並みまで眺望が利き、南側に隣家の視線を避けた連続する高窓を設け、空に向かって大きく開かれている。バルコニーのさらに上に1坪の花見台を設け、浮遊感を味わいながら谷戸池の桜を見下ろす。古い民家で使われていたケヤキの1枚板の蔵戸を玄関扉に利用し、また繊細な意匠を凝らした格子戸、ガラス戸、板戸を間仕切りに取り入れ、懐古的なエレメントを新しい空間に融合させている。内装は外壁面を大壁、間仕切りを真壁として扱 ...

実施時期: 2009年

登録部屋数: 12

桜台の呼吸する家

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: これは竣工約40年経つ木造住宅のリフォームである。 オリジナルは山口祥悟氏設計(第1期工事1967年、第2期工事1972年増築)によるもので、細かな手直しは加えられていたが、今回は全面的な改修工事となった。
雨漏り、腐朽部分の置換と構造的な補強工事、全面的な断熱改修工事、重装備であった旧式設備はシステム全体を見直した。 魅力的な木製サッシュは操作性重視でやむなくアルミ製に変更したが、室内の風の流れはよりスマートになった。
家族の記憶を残すようオリジナルを尊重し、水周りなどの必要最小限の改変にとどめ、居間のラワンの丸柱を象徴的に扱った。 室内の仕上げはウォールナットのフローリング、壁は珪藻土 ...

実施時期: 2011年

登録部屋数: 16

Yokono ARK

注文住宅事例

説明: 3つの中庭を内包した7.5間角の正方形平面の1階の上に、8.5間×2間平面の切妻屋根の2階が載る。丹沢の麓で、周囲は畑と民家が点在する環境である。近い将来、新東名高速道路が間近を通る計画となっていて、環境が大きく変わることになる。中庭形式はそのような現在の周囲の状況と将来の環境の変化に順応すると考えた。1階の中心に据える居間から見える景色は将来変わることはない。北庭越しには二ノ塔、三ノ塔の頂が軸線上に構える。南庭の壁が余計なものを排除し、庭の背景に空だけを切り取る。もうひとつ、浴室に面した坪庭もある。この家も『呼吸する家』のコンセプトを継承し、自然の風が流れる健康な家つくりを目指している。

実施時期: 2012年

登録部屋数: 25

笹谷の家

二世帯住宅事例

説明: 杉木立と竹薮を背にして、入母屋瓦葺の平屋と切妻2階建て住宅が東西に建ち並ぶ。既存の平屋住宅に渡り廊下で繋がっていた2階建ての部分を取り壊し、新たに2階建て木造住宅を増築し、既存部分の浴室を共有する2世帯住宅となる。
敷地は小高い尾根に上にあり、周囲の田圃を見下ろす長閑な環境であるが、北陸の厳しい冬の季節風を避けるために北西側を閉じ、南東側に大きく建物を開放している。既存住宅側は斜めに建物を切り欠き、そこに屋根のあるベランダをつくる。1階の居間、食堂、台所は南北に連続するひとつづきの空間で、南側を2層吹抜けとして、ベランダに面した大きな窓を開けている。既存住宅のある東側に格子に仕切られたオープ ...

実施時期: 2014年

登録部屋数: 15

天蓋のある家

注文住宅事例

説明: 湘南にある敷地は風致地区に指定された穏やかな住宅地である。コンパクトな2階建てのボリュームを敷地に対しおおらかに配置し、道路側は駐車スペースと植栽された前庭を開放的に扱っている。片流れ屋根に沿って仕上げたひと続きのベイマツ小幅板の格子が天蓋のように建物を覆っている。建物の南方向にある隣地の借景に向かってつくられた2階ベランダが建物の表情を特徴づける。2階主室はオープンキッチンを中心に居間、食堂、階段を含む1室空間である。片流れの格子天井は場所ごとに天井の高さに変化を与える。居間のベランダ側は木製ガラス戸、網戸、障子が引き込まれる大開口で、半屋外のベランダと連続する。上部のガラス欄間を通して天井 ...

実施時期: 2014年

登録部屋数: 12

Moby Dick

注文住宅事例

説明: 『mobydick』板橋の呼吸する家

一夜城を小田原から望む南斜面の敷地は、真鶴から箱根方面を見渡せる雄大な展望が得られる。この景色を取り込み、楽しめる住宅を追求した。北側は道路、東側に高い建物があるため、南から西への眺望を最大に得られるように、床レベルは1層から3層まで、東から西へと徐々に重ねる構成とした。 そこに片流れの屋根をかぶせた2世帯住宅である。
半層分の敷地の段差をそのまま床に反映させ、半層ずれたスキップフロアーで構成している。 特に2階階段から台所、食堂、ベランダ、3階の居間にかけては、外の眺望とともに、内部のダイナミックな変化が味わえる。
ベランダ、開口部、3角形の光 ...

実施時期: 2013年

登録部屋数: 15

『米倉』二階堂Y邸

その他事例

説明: 鎌倉の奥座敷ともいえる二階堂の日本料理「米倉」の新店舗兼用住宅。敷地は薬師堂ヶ谷といわれる覚園寺のある谷戸に位置し、鎌倉の中心地の喧騒から離れた歴史と自然に囲まれた静かな環境である。周囲の自然に溶け込むように、できるかぎり建物の存在を消したいと考えた。木造2階建ての建物は前面道路から離し、平入りの切妻屋根は棟を奥にずらし、手前に下屋を設けることで、手前から見えるボリューム感を減らしている。 西向きの道路側ファサードは日除けと目隠しの機能も兼ねた木製竪格子を全面的に取り付け、軒の出とともに陰影と奥行を併せ持たせ、できるかぎり背後の山の緑に馴染むように心掛けた。

店の客席は建物の一番奥の東側 ...

実施時期: 2015年

登録部屋数: 13

木ルーバーの家

注文住宅事例

説明: 生産緑地がまだ点在する郊外の住宅地の一角に建つこの住宅は木製のルーバーを開口部の前面に取り付けた外観を見せている。150坪のL型の敷地で南側と西側が前面道路に面している。その道路に面した部分に母屋、そして奥の住宅に囲まれた部分に中庭を挟んで離れをつくった。
母屋の1階はコモンスペースとし、居間、ダイニングキッチンは分節されながら、水平方向に穏やかに繋がっている。食堂には中庭をはさんで離れの和室が対面していて、ギャラリーで結ばれている。 2階には家族の個室を配し、それぞれが独立したスペースを確保している。
1.5層分の居間のある内部空間は、2階図書コーナー、屋上テラスまで床をずらしながら垂直 ...

登録部屋数: 13

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。