注文住宅

木ルーバーの家

実施エリア:

東京都

内容:

生産緑地がまだ点在する郊外の住宅地の一角に建つこの住宅は木製のルーバーを開口部の前面に取り付けた外観を見せている。150坪のL型の敷地で南側と西側が前面道路に面している。その道路に面した部分に母屋、そして奥の住宅に囲まれた部分に中庭を挟んで離れをつくった。
母屋の1階はコモンスペースとし、居間、ダイニングキッチンは分節されながら、水平方向に穏やかに繋がっている。食堂には中庭をはさんで離れの和室が対面していて、ギャラリーで結ばれている。 2階には家族の個室を配し、それぞれが独立したスペースを確保している。
1.5層分の居間のある内部空間は、2階図書コーナー、屋上テラスまで床をずらしながら垂直方向に連続する。 図書コーナーは家族で使うコモンスペースで、天井の高い居間と屋上テラスにも面していて、2階の要のスペースとなっている。 屋上テラスから導かれる光は図書コーナーで1度バウンドし、階段と格子のフィルターを通して居間まで到達する。 台所の奥には2階の子供室を貫通する吹き抜けがあり、1階のお母さんが子供たちの様子が感じられる関係をつくっている。子供室には吹き抜けに面して木製フラッシュ窓が取り付けられている。
このように1階のコモンスペースは2階のプライベートスペースに部分的に貫通させて、家族間の関係が交わるように空間的に作り出している。
木ルーバーは開口部に取り付けたフィルターである。水平方向に取り付けた木ルーバーを通った光は木漏れ日もように柔らかな光となる。時には、光のストライプを室内に描き出す。この木ルーバーによって、部屋の開放感とプライバシーを保ち、そして日射や風による熱環境を調節する。
構造は鉄筋コンクリートの壁式ラーメン構造で、仕上げは外断熱にイペの板張り、珪藻土塗り、ルーバーはイペの25×50mm角材を60mmピッチで取り付けている。