大口の家 (リビングダイニングキッチン)

リビングダイニングキッチン

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (リビングダイニングキッチン-ライトアップ)

リビングダイニングキッチン-ライトアップ

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (キッチン)

キッチン

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (スタディスペース)

スタディスペース

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (サンルーム)

サンルーム

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (トイレ)

トイレ

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (玄関にあるシンボルツリー)

玄関にあるシンボルツリー

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (玄関にあるシンボルツリー-ライトアップ)

玄関にあるシンボルツリー-ライトアップ

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (玄関アプローチ)

玄関アプローチ

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (5角形の個性的な外観)

5角形の個性的な外観

Photo / Toshiyuki Yano

大口の家 (5角形の個性的な外観-ライトアップ)

5角形の個性的な外観-ライトアップ

Photo / Toshiyuki Yano

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

愛知県丹羽郡大口町

愛知県丹羽郡大口町で敷地の3方向が道路に面する細長い角地での計画。
Webデザイナーのご主人の事務所としても使用しながら奥様と日常での距離感を保ち、天井の高い開放感なLDK空間を持った仕事場兼住まいを望まれた。
敷地の東西が細いために、建物の幅を確保することが難しい。ここでは必要な分だけ斜めに平面をとり5角形の形状に。そして建物の角を丸くすることで角地に立つ建物の圧迫感を軽減するとともに、敷地に余白をつくることで多くの植栽をするスペースを確保した。そうすることで建物と道路の距離をとりながら、印象を柔らかなものとすると同時に、余白に設けた植栽が周辺環境に対して森のような役割となることを目指した。そして内部で採用した壁の曲線は、角という境界を無くし空間的な広がりを感じさせるものとして貢献している。
結果的にその形状は、住宅と事務所の中間的な佇まいを持ちながら、内部空間の曲線をベースとした包まれるような質感と自然を感じられる開放的な空間を得る事を可能とし、住み手にとっても周辺環境にとっても豊かさを提供することを意図している。

Photo / Toshiyuki Yano
Structure / Ohno Japan
Contractor / Kikuhara

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

AIRHOUSE

AIRHOUSE

エアーハウスの桐山啓一と申します。どんな夢でもお伝えください。遠方でもご対応させていただきます。ラフだけど品のあるような、新しいけれど普遍的になっていくような、そんな住宅をご提案させていただけたらと思っています。

所在地

岐阜県大垣市神田町1-6-302

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

AIRHOUSEさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

AIRHOUSE

建築家 / @岐阜県