プロフィール

Pro 建築家

長浜信幸

長浜信幸建築設計事務所 @東京都

833 お気に入り(合計)
21 フォロワー数
14 住宅事例 登録数
167 写真 登録数

家を建てる事は、人の価値観や人生設計を形にする作業に他なりません。
設計が家族の物語を紡いでいくお手伝いとなれば幸いに思います。

費用について

注文住宅

目安の金額
(30坪 新築一戸建て)

-

請負価格帯割合
(注文住宅)

※金額は素材やデザインだけでなく、現況・時期等でも大きく異なります。詳しくは専門家へ直接お問い合わせください。

業務内容

建築の設計・施工監理(新築・リノベーション・リフォーム)

対応可能業務

注文住宅

金額についての補足

床面積と構造を基準に定めた算定式により決定しています (これまでの実績では工事金額の10〜15%に相当します)

住所

〒169-0075
東京都 新宿区 高田馬場1-20-10・208

対応エリア

全国

資格

一級建築士

こだわり

〜つくりたい家〜
・身体的にも、精神的にも、人にやさしいおだやかな家。
・人を驚かせるためでなく、そこでの暮らしのための家。
・たしかにそこに建っている、他にはない家。
土地の魅力をいかして、自然体で暮らせる気持ちの良い家を目指しています。

経歴

1988年  早稲田大学理工学部建築学科卒業
1990年  早稲田大学大学院博士課程前期修了
       「アーキテクトファイブ」勤務
       「環境デザイン研究所」勤務
1998年  長浜信幸建築設計事務所設立
1999年〜2002年 早稲田実業学校建築計画顧問

受賞歴

第15回トータルハウジング大賞特別賞「大田原の家」
第9回あたたかな住空間デザインコンペティション暮らしデザイン部門優秀賞「市川の家」

雑誌掲載・著書

・「心がときめく 部屋づくり アイデア図鑑」エクスナレッジ(‘14年4月)「市川の家」「越谷の家」掲載
・「HOUSING」2014年6月号/リクルート(‘14年4月)「妻・夫が主役の間取りアイデア25」に「谷塚の家」掲載
・「最高に心地のいい住宅をデザインする方法」新装版/エクスナレッジ(‘14年3月)「越谷の家」掲載
・「こころがときめく 間取り アイデア図鑑」エクスナレッジ(‘14年3月)「大磯の家」「市川の家」掲載
・「家づくり究極ガイド」エクスナレッジ(’14年3月)「越谷の家」掲載
・「建築家と予算内で建てる家」成美堂出版(’14年3月)「南台の家」掲載
・「設計監理を極める100のステップ」エクスナレッジ('14年2月)「NPO法人家づくりの会」共著
他多数

手掛けた住宅事例 (14件)

注文住宅

敷地は越谷駅にほど近い住宅地で、ご両親の敷地内に建てると言う計画でした。 広々とした庭を母屋と共有出来る恵まれた条件を生かすために1階をリビングとして、引き込める木製サッシュや広いデッキを設けて、庭に向かって開放的な作りとしました。 2世帯の家族はデッキから庭を介して自由に行き来しています。 …

注文住宅

都市部にありながら緑地公園に面した緑の景観に恵まれた敷地で、公園の緑をいかに生活の風景に取り込むかが設計のテーマとなりました。  公園への見通しを良くするためと、公園を利用する人々の視線を避け家の中を覗かれない様にするために、リビングの床を半階上げたスキップフロアとしています。その結果、公園とは程…

注文住宅

交通量の多い交差点に面した敷地で、家族のプライバシーと安全を確保する必要のあるため、1階は玄関ポーチと光庭を緩衝帯として直接外に開かない計画とし、2階は庭代わりの広いルーフテラスを高いフェンスで囲んで大きな窓面を確保しています。1階には光庭とそれと接したリビングの吹き抜けで光を導いています。光庭と吹…

注文住宅

東側を道路に面し、間口の広い恵まれた敷地に見えますが、奥に行くほど狭くくびれていく三角形に近い不整形な形です。敷地の奥には覆い被さるように大きな樹木が生えていて、元のお住まいでは湿気や落ち葉に悩まされていたそうです。  南側隣地は企業の管理地になっていて人の出入りもあるため、南に向かって開放的なプ…

二世帯住宅

1階親世帯の間取りは家相を中心として決定されました。建具を全て引き戸とすることや、生活動線に行き止まりを作らないようにすることで、日常的な使いやすさとともに、通風、採光、バリアフリーに配慮しています。建てかえる前と同じように庭への広がりを感じる、落ち着いた接地感の強い空間です。  2階子世帯はパン…

二世帯住宅

日当りの良いひな壇状の敷地に建つ2世帯住宅です。 敷地が道路よりも高くなっているその高低差を利用した地下1階地上2階建てのL字型の家で、1階の庭に面した部分が親世帯に割り当てられています。  1階の親世帯には、庭とのつながりを楽しめるように水平に視線が抜ける落ち着いた空間構成を、子世帯の生活の中…

二世帯住宅

可能な限り分棟に近づけて、それぞれ戸建てに近い環境を得ると共に、中庭やアプローチなど2棟の「隙間」をデザインしています。平面的な配慮と共に、2棟のフロアレベルを半層ずらして見合いを避けるなど、相互のプライバシーを重視しながら、庭を共有することで2世帯の交流にとって快適な距離を確保しています。  2…

別荘

蓼科のカラマツ林に囲まれた別荘。 自然と交流する開放的なリビングとプライバシーを守る個室との対比を、一枚の大屋根で建築にまとめています。

別荘

シーカヤックを楽しむための拠点として、伊豆半島の突端に計画された別荘です。  アプローチから海へ南北に抜ける1階の通り土間は、広い玄関であるとともにカヤックを収納するスペースでもあります。  通り土間と同じく南北に開き、周囲の深い森を楽しみ、木立の合間から海を臨む2階のリビングは、壁と天井を全て…

注文住宅

敷地は郊外の標準的な住宅地ですが、敷地の北側が保存緑地になっていて、人の立ち入らない雑木林が残っています。それを眺めながら静かに読書を楽しみたいというのが奥様の最初の要望でした。一方でご主人は料理を趣味としていて、友人を大勢呼んで中庭でバーベキューを楽しみたいというのが一番の希望でした。  静かに…

すべての住宅事例を見る