注文住宅

庭に開いた吹き抜けの家

実施エリア:

埼玉県

内容:

敷地は越谷駅にほど近い住宅地で、ご両親の敷地内に建てると言う計画でした。
広々とした庭を母屋と共有出来る恵まれた条件を生かすために1階をリビングとして、引き込める木製サッシュや広いデッキを設けて、庭に向かって開放的な作りとしました。
2世帯の家族はデッキから庭を介して自由に行き来しています。
一方前面道路側は道を挟んで幼稚園があり、時間によっては人通りも多いため、比較的閉じた表情としています。
 ダイニングの上は吹き抜けとしていて、大屋根で包まれたおおらかな空間を感じるとともに、1、2階の気配を伝えあい、家全体のつながりをつくり出す役割を持っています。
 2階の吹き抜け回りは単なる廊下ではなく、手摺に本棚を組み込んで、明るく風通しの良いギャラリーとなっています。
 玄関脇には音楽が趣味のご主人のための完全防音のスタジオが用意されています。外観で木製の壁になっている部分です。
 敷地の持っている魅力を損なわないように、設計は間取りも外観も出来るだけ素直にシンプルに考え、のびのびとした大らかさを感じられるように考えました。
 自然素材を多用したインテリアは建て主の趣味をほどよく反映して少し懐かしく優しい空間が出来たのではないかと思っています。
撮影:冨田治