山下 祐紀さんのプロフィール

Pro

建築家

山下 祐紀

YY_WORKS @愛知県

“住まい”とは、本来、自分だけの寛げる場所であり、家族が安心出来るものだと私は考えます。
その中で、ご予算や土地の制限等で妥協してしまう事があるかと思いますが、私の進め方として、その妥協してしまいそうな事を逆に見方に付けようと試みるようにしています。
“住まい”は、その住み手の“自分らしさ”が重要だと考えています。それが明確に見えている方、まだ手探りをしている方がみえるかと思いますが、それを見つけ出すのが私の役目だと思っています。
その“自分らしさ”を大切にし、より想像を超えたものをご提案し、ワイワイと楽しく住まい創りをしていきたいと考えています。

サービス概要

“ 自分らしさ ” を大切にしたいと考えています。
それは、クライアントにあった “ そのひとらしさ ” です。
それをカタチ有るモノに、YY_WORKS らしくまとめていきます。

そのなかで、ワイワイと楽しく建築やデザインを創りあげていきたいと考えています。

対応可能業務

注文住宅

住所

〒497-0013
愛知県 あま市 七宝町川部六反田51-1

サービス提供エリア

長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県

資格

二級建築士

こだわり

その場所、その人、その家族に造り上げる事が出来る空気感

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事費の10%(構造計算費は別途)

経歴

1976年 名古屋生まれ
1999年 名古屋芸術大学 美術学部デザイン科SD専攻卒業
1999年〜2013年 店舗設計施工会社、設計事務所を経て
2013年 YY_WORKS 設立

9坪とロフトのおうち

注文住宅事例

説明: 1階に9坪の住まいと2階に天井の低い屋根裏部屋のある家。
お一人で住まわれる家です。
小さいが落ち着いた家になったかと思います。

登録部屋数: 17

ぶらさがりがいっぱいの家

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 築15年の木造2階建ての住宅をリノヴェーション。
リノヴェーション前の1階の間取りは、キッチンが北東にあり、リビングは南側にあるがわずか8帖程度しかなく、その奥は昔の間取り特有の和室が2部屋続くものだった。なんだか、薄暗く健康的な感じが正直しなかった。
そこで、何とか部屋の奥まで光を取り入れようと、階段と隣接する廊下の床を、“ガラス”とする事で、1階のLDKの奧まで光が落ちるように計画しました。
当然、LDKは、既設の間仕切り壁を構造的に負担を掛けないように取り払って、快適なワンルームとしている。
キッチンは、旦那様がちょっと凝って、ステンレスのカンター天板に、火力の強いハーマンの+d ...

実施時期: 2014年

登録部屋数: 19

PIRICA

注文住宅事例

説明: のどかな住宅街に、のどかな素敵なお施主様。
このPIRICAは、お一人で営む美容院とそのご家族のお住まいです。
どこか可愛らしい、でも、どこか大人の雰囲気がある建物を目指しました。
美容院と住宅の間に、暖炉スペースがあります。その暖炉スペースがこののどかな建物の中心的要素となっています。扉の開閉により、昼は美容院に、夜は家族の為にこの暖炉スペースは役割を果たします。

実施時期: 2013年

登録部屋数: 11

See Saw

その他事例

説明: 名古屋にある2階に住宅、1階にカフェ&ギャラリーの増築物件です。
住宅地にあり、知っている人でないと素通りしてしまう程です。
お施主様のご要望は、珍しく西日、夕暮れを楽しみたいというご要望でした。
普通は、西日を嫌がるのですが、少し高台にあるので、せっかくだから見たいと。
その為に、西に縦長の窓があります。この縦長窓の2階の住宅から、夕日が実に綺麗に見る事が出来ます。

実施時期: 2009年

登録部屋数: 11

木が好きなヒトの家

注文住宅事例

説明: 昔からある住宅地の一角、角地にあるお住まいです。
敷地が29坪で、延べ床面積が27坪の小さな家です。
木にこだわりを持った方だったのもあり、外観にも積極的に木を用い落ち着きのある和モダンにしてみました。
中庭形状となっているため、住宅地でも寛げる空間になっており、リビングの天井も屋根の形状に合わせ斜めにすることで広がりや変化を創っています。
また、リビングの北側上部に横スリットの窓を付ける事により、中庭形状の欠点である自分の家の建物の影の暗さをここでカバーしています。

実施時期: 2011年

登録部屋数: 10

メオトイエ

注文住宅事例

説明: 敷地が27坪と小さく、住宅地の道路角地にあります。朝と夕方は、中学生の通学路となるため、外からの視線の配慮が必要となりました。そのため、建物を2棟に分け、間を階段室、バルコニーで繋げることにより、外部の視線を守ると同時に光や風の抜けを確保しました。この2棟が並ぶ様子を夫婦に見立てて、家族がいつまでも寄り添う家にしたいと願っています。

実施予算: 2000 万円

登録部屋数: 9

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。