二世帯住宅

落ち着きと明るさの2世帯住宅

エリア:

東京都

内容:

日当りの良いひな壇状の敷地に建つ2世帯住宅です。
敷地が道路よりも高くなっているその高低差を利用した地下1階地上2階建てのL字型の家で、1階の庭に面した部分が親世帯に割り当てられています。
 1階の親世帯には、庭とのつながりを楽しめるように水平に視線が抜ける落ち着いた空間構成を、子世帯の生活の中心となる2階では、周囲に開けた環境をいかして空を感じられる明るさと広がりを意図した計画としています。
 1階の2世帯それぞれの隣り合った玄関には土間同士をつなぐ扉が設けられています。

この住宅事例を手掛けた建築家

長浜信幸

建築家 / @東京都

家を建てる事は、人の価値観や人生設計を形にする作業に他なりません。 設計が家族の物語を紡いでいくお手伝いとなれば幸いに思います。