注文住宅

高尾山口の家

手掛けた建築家

設計、監理、インテリアを担当

高尾山口の家 (背景に国立公園のみえる外観)

背景に国立公園のみえる外観

アプローチ側からの外観。水平に伸びる庇と和室の開口部が見えています。

高尾山口の家 (リビングから見たダイニング)

リビングから見たダイニング

リビングと一体になったダイニング。床はモルタル仕上げ、構造体の壁は黒い大判タイルで仕上げています。照明器具とダイニングテーブルは空間に合わせてオリジナルで製作しています。

高尾山口の家 (ソファーコナーのあるリビング)

ソファーコナーのあるリビング

家具を製作したソファーコーナー。壁も天井もタモ材で囲われ、コーナーいっぱいに横長窓があります。 奥まった配置と低い天井で囲われた感じが落ち着いて雰囲気を作っています。 窓からは緑が見え、読書をしたりゆったりと過ごすスペースです。

高尾山口の家 (吹抜けになっている廊下)

吹抜けになっている廊下

吹抜けになっている廊下。正面には書斎の本棚が見え、2階の縁側から光が差しています。2階の一番奥には主寝室の窓から緑が見えています。幅に対して天井が高いので不思議な開放感のある廊下です。

高尾山口の家 (開放感のあるユーティリティ)

開放感のあるユーティリティ

開放感のあるユーティリティ。床タイルの仕上げは外部まで続いています。長いカウンターと収納力のある引出しを作りました。背面に洗濯機置き場、両側に開口部があり、洗濯物を外に直ぐに干しに行くことも、室内干しをすることも出来ます。気持ちよく家事が出来るユーティリティです。

高尾山口の家 (階段が見える玄関)

階段が見える玄関

リビングに続く階段が見えています。玄関ホールに手洗いカウンターがあり、カウンターの下の木扉は階段の前に引く「引き戸」になっています。 犬が飛び出さないように、扉を閉められるように工夫しました。

高尾山口の家 (落ち着き感のあるソファーコーナー)

落ち着き感のあるソファーコーナー

部屋の奥に位置するソファーコーナー。 背もたれの高さに合わせてコーナー窓があり、緑が見えています。ソファーをL型に配置し、下部は引出し収納にしました。天井と壁はタモ材仕上げです。大空間の奥に着ける場所を作りました。

高尾山口の家 (天井いっぱいの本棚がある書斎)

天井いっぱいの本棚がある書斎

壁には天井いっぱいの本棚と開口部があります。独立した書斎・仕事場です。天井には木の梁が見えています。緑を見ながら仕事が出来る空間です。

高尾山口の家 (腰をかけらる窓のある和室)

腰をかけらる窓のある和室

緑の見える開放感のある畳スペース。将来仕切れるようにレールのみ設置しています。腰をかけられる高さに出窓があり、畳でくつろぎながらのんびり過ごすことが出来る場所になっています。

高尾山口の家 (庭から見た夜景_外観)

庭から見た夜景_外観

庭からの外観。目下には街の夜景が広がっており、夜景を眺めながら、キッチンでお料理をしたりダイニングで食事をすることが出来ます。

高尾山口の家 (薪ストーブのあるリビング)

薪ストーブのあるリビング

薪ストーブのあるリビングダイニング。リビングには大判の黒いタイル壁の前に薪ストーブが設置されています。奥にダイニング、対面したキッチンが見えています。

高尾山口の家 (ドッグランを兼ねた中庭)

ドッグランを兼ねた中庭

部屋と木塀に囲まれた中庭。内部のドッグスペースと繋がっています。 部屋から犬の様子が見えるので犬を安心して遊ばせることが出来ます。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
8

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理、インテリアを担当

用途

SOHO

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都

敷地面積

936㎡

敷地の特徴

傾斜地

延床面積

185㎡

階数

2階建て

間取り

4LDK以上

期間

設計:9ヶ月 、施工:7.5ヶ月

完成時期

2017年04月

設計会社

カスヤアーキテクツオフィス

施工会社

株式会社クラフトホーム

手掛けた建築家のコメント

設計、監理、インテリアを担当

国際的に活動する若い研究者夫妻の生活と仕事の場であり、国内外からの来客を迎えるゲストハウスも兼ねた住宅です。敷地の背後には、東京都心から最も近い緑豊かな国定公園が控えています。敷地は1,000m2に迫りますが、その大半が傾斜しており、平地はわずかしかありませんでした。住宅として妥当なコストに抑えるために土地の起伏を改変せず、かつ、周囲の自然風景と多様に接することのできる配置計画が、初期スタディの主要な課題でした。

この事例の見どころや工夫したところ

この住宅には高度な断熱性能や全館空調機等の先進的な設備が備えられていますが、それらは周囲に閉じつつ開かれた室内で姿を潜め、床や壁、各所に備えられた家具等のしつらえとともに、風景とひとつながりになった場所を形成しています。

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
8

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都目黒区五本木2-3-12 QUAD GOHONGI 201

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 長野県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

3,000万円〜

60平米 フルリノベ

900万円〜

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

粕谷淳司 + 粕谷奈緒子 / KAOさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

粕谷淳司 + 粕谷奈緒子 / KAO

@東京都