戸建リノベーション・リフォーム

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (外観)

外観

左は既存建物リノベーションで右側に新規の増築部分をつくり、全体として二世帯住宅にリノベーションした。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (リノベーション前の建物)

リノベーション前の建物

雨漏りもあり、抜本的な対策が必要な状況でした

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (左に増築棟、右にリノベーションした母屋)

左に増築棟、右にリノベーションした母屋

道路側に子世帯のための増築した棟が立つ。 1階はインナーガレージとし、上部の2階がリビングで3階が子供部屋。 子世帯の主寝室とサニタリーはリノベーションした母屋側にあり、廊下で接続した。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (庭を介してつながる2つのリビング)

庭を介してつながる2つのリビング

子世帯の2階リビングと親世帯の1階リビングは同じ庭に面している。 2つの棟は廊下で連結して、面積の必要な子育て世代の子世帯のために母屋の一部を使っている。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (子世帯リビング)

子世帯リビング

子世帯のための増築棟2階リビングの様子 LDKと予備室としての和室が備わる。 吹抜の上には子供室がある。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (子世帯リビング吹抜)

子世帯リビング吹抜

吹抜の上には開放型の子供室があります。 引き戸で仕切って個室となるようになっています。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (中庭に開くリビング)

中庭に開くリビング

右の開口の先にはデッキ大階段があり、母屋の庭と一体になってる。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (庭につながる子世帯のリビング)

庭につながる子世帯のリビング

2階にある子世帯のリビングと母屋の1階リビングをつなぐ大階段。 完全独立側の二世帯住宅で、この庭のみで両戸がつながっている。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (リノベーション後の母屋のリビング)

リノベーション後の母屋のリビング

リノベーションした母屋のLDKです。 元々は半クローズのキッチンと小さなダイニングだった部屋を隣の部屋との壁を取り払い広いリビングダイニングにした。 構造上外せない柱は残してコストを削減

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (2階床を一部撤去して吹抜を作る)

2階床を一部撤去して吹抜を作る

採光条件の悪かった母屋の2階床を一部撤去。 2階の窓からリビングの奧へ光と空を届ける吹抜を作った。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (リノベーション後のリビングダイニング)

リノベーション後のリビングダイニング

明るく開放的に生まれ変わった母屋のリビングダイニングキッチン。 スケルトンリフォーム時に断熱改修も行い、光熱費も激減した。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (子世帯の玄関・ガレージとガラスで仕切られる)

子世帯の玄関・ガレージとガラスで仕切られる

子世帯の玄関はインナーガレージを見渡す事ができる。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (リノベーション前の様子)

リノベーション前の様子

リノベーション前の様子です。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (室内ビフォア)

室内ビフォア

改築前の「客間」です。 生活に必要のない客間が広く取られ、実際に生活するLDKが非常に狭く、非合理な平面計画の既存建物でした。 また、採光のための窓配置も適切とは言えない状況でした。

木造築30年「フルリノベーション+増築」で二世帯住宅に改築 OUCHI-23 (スケルトンに解体して耐震補強を行った)

スケルトンに解体して耐震補強を行った

スケルトンにして構造体のチェックを行い、重い瓦を下ろして軽い仕上げに葺き替え。同時に雨漏りの原因だった飾り棟屋を撤去

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

群馬県

敷地面積

576㎡

敷地の特徴

傾斜地

延床面積

300㎡

施工面積

300㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (母屋をスケルトンにして耐震補強の上リノベーションし、敷地内に子世帯用の住戸を新規に増築して二世帯住宅とした。)

間取り

4LDK以上 → 4LDK以上

期間

設計:3.5ヶ月 、施工:11ヶ月

完成時期

2012年02月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

群馬県に完成した築30年ほどの木造住宅の改築リフォームです。

20年以上前に購入した住宅を長男ご夫婦と一緒に住む二世帯住宅にリフォームするご依頼を頂いたものです。
既存住宅には雨漏りがあり、冬場は気温が零度になる土地柄のため断熱性能がたりず、非常に光熱費がかさんでいました。母屋の計画では既存建物を一端スケルトンまで解体し、腐敗の進んだ構造材の交換と耐震補強を行いました。その上でウレタンフォーム吹付断熱を行い、深夜電力を用いた蓄熱暖房と床暖房を採用して冬場の温熱環境を改善しています。
さらに、寒い玄関ホールにあった階段は暖かいリビング内に作り直し、ヒートショックのおきにくい生活動線につくりかえました。また、小分けだった既存のLDKを統合し、大きな広間としました。その上で涼しい土地柄をいかすために吹抜をつくり、夏場の空気の流れにより快適な気流が発生するように計画しています。若夫婦用の空間は道路側に切妻型のボリュームを増築し、1階ガレージ+2階リビング+3階子供室を確保しました。
敷地高低差を利用して母屋とつながる広い庭に面するようにしたリビングと、母屋の一部区画を若夫婦用の寝室と浴室にあてた部分とを渡り廊下でつないで一つの住戸としています。二つの住戸は玄関を別にしながら庭を共用する形で、お互いの生活の距離を上手くとりながら生活ができるように考えられています。
また一新されたデザインはシンプルで明るい住空間を実現しました

家づくりのきっかけ・施主の要望

中古住宅付の土地をお買いになって30年以上がたち、長男夫婦と同居するために二世帯住宅へリノベーションする事になった。
新築案も平行して検討したが、同額で面積が大きいリノベーション+増築の案を採用した。

この事例の見どころや工夫したところ

中庭を介してつながる2つのリビングの向かい方

リノベーション前の写真

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

石川淳

石川淳

ミニマルでシンプルなデザインの住宅を作っています。

所在地

東京都中野区江原町2-31-13第一喜光マンション106

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

石川淳さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

石川淳

建築家 / @東京都