戸建リフォーム・リノベーション

K邸・小さな個室と大きなリビング、心地のよい暮らし方

費用:

1600万円

内容:

ご両親が暮らす3階建てのご実家の3階部分が空いているということで、二世帯住宅として同居することに。お客様のご要望は、お子さん4人分の個室と、家族が一緒にくつろぐ広いLDKを、とのことでした。
もともとは2階にLDK、3階は個室のみという間取りでした。その3階部分の間取りを大きく変更し、新たにLDK・水廻り・主寝室・可変する子ども室スペースを用意。限られた空間の中で狭さを克服する工夫をしています。家族が一緒に過ごすLDKはできるだけ広いスペースを確保。壁の一面には珪藻土を塗り、大勢集まっても空気感の良い心地よく過ごせる空間にしています。リビングからつながる洗面室は扉を付けず、アーチ形の入口でオープンに。混雑する朝の時間帯も皆で気持ちよく使えるよう工夫しました。
キッチンはL字型の対面式で、家事をしながらお子さんたちの様子を見守れるような作りになっています。また、大容量の収納棚も造作し、食器やリビングのモノもすっきり片付けられるようにしました。
子ども部屋は限られたスペースを有効活用するために、二段ベッドを造作して空間を仕切っています。家族6人が、豊かに楽しく快適に暮らせる住まいです。

この専門家のプロジェクト一覧