マンションリフォーム・リノベーション

K邸・最大限の空間を確保した上質なインテリア

費用:

950万円

実施エリア:

東京都

築年数:

32年

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「K邸・最大限の空間を確保した上質なインテリア」

内容:

築32年のマンションリノベーション。
家族3人でお住まいのKさんのご要望は、水回りの交換を機に、たっぷりとした収納と好きなインテリアに変えたい、というものでした。

収納スペースは多いものの、使い勝手が悪いと感じていらっしゃったKさんのお悩みを解消するべく、入れるものに合わせて収納計画を見直し、新たな収納スペースを造作。既存の収納も作り変えて使いやすくしました。
また、壁ではなく引戸で仕切ることで、必要に応じて大きな空間をつくることができるようにしています。
キッチンには内窓を設け、キッチンから洗面所へ光と風が届くようなつくりにしています。
デザイン面でもKさんのお好みに合わせて、グレーのドアやタイルのカウンターなど「パリのアパルトマン」の雰囲気を大事にしました。

パリのアパルトマン風リビング

キッチンカウンターの側面は、白いタイル貼りにし、マガジンラックを。床は床暖房対応のオーク三層無垢材を採用。

仕切りをなくした開放的なLDK

廊下はLDKの空間と一体化させた。
キッチン天板の下に棚板を設けてオリジナルデザインとした。カウンター横にはパソコンコーナーを設置。

リビング-フラットな広々空間

クライアントの要望の中に、バリアフリーの住まいがあった。
そのこともあり、段差をなくし各部屋をフラットにつなげ、間仕切りをなくすことで広々空間をつくった。

リビング内和室

間仕切りの壁をなくし、引き戸に変更してリビング内に和室をつくった。引き戸開けた時に和室とリビングが一体化できるよう、床の段差はなくしてフラットにした。
家具を置いている壁側の床は、リビングと同じオーク三層無垢材。

白基調の明るいキッチン

壁付けだったキッチンは、セパレート型のキッチンに変更。
正面の壁は、空間にぴったり合う家電収納を造作した。
壁にはニッチを設けた。

ブルータイルを使った明るい洗面室

広々洗面室。正面にはキッチンとつながる内窓を。

LDK入口-すりガラスの造作引き戸

LDKよりすりガラスの入った造作の引き戸を開けると玄関ホールへとつながる。

アール框の玄関

そのままリビングに入れる玄関。

この専門家のプロジェクト一覧