マンションリノベーション・リフォーム

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (造作の室内窓が付いた閉塞感のない間仕切り壁)

造作の室内窓が付いた閉塞感のない間仕切り壁

リビングと、寝室+WICを間仕切り壁で分け、上部には大きい室内窓を造作。扉がなくスムーズな動線となり、愛猫も自由に過ごせるようにした。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (心地よい風とたっぷりの日差しを感じるリビング)

心地よい風とたっぷりの日差しを感じるリビング

見晴らしがいい窓からは風も良く入り、真夏でも心地良い風が通るのがうれしいそう。物件購入の決め手は窓から入るたっぷりの日差しだった。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (ウォークインクローゼットの壁がお気に入り)

ウォークインクローゼットの壁がお気に入り

WICの壁の上もお気に入りの愛猫。WICは天井まで壁があると湿気がこもりやすいと聞き、上部を空けた。思いがけなかったのは、愛猫の遊び場が増えたという

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (寝室側につくったインナーテラス)

寝室側につくったインナーテラス

窓側にインナーテラスを配置。大きな梁があり、それを基準に床タイルで切り替えて、寝室との空間を分けた。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (日向ぼっこのできるテラス)

日向ぼっこのできるテラス

お母様の実家にあった床素材を切り替えたサンルームスペースが憧れだったとK様。愛猫もカウンターに登って日向ぼっこを楽しんだり、外の景色を眺めてくつろいでいるという。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (キャットウォーク)

キャットウォーク

踏み板の高さを決めるのにとても苦心したという。今までのお住まいになかったこともあり、愛猫がなかなか慣れてくれず、週一ぐらいしか登ってくれないそう。本棚としても使えるように設計した。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (モールテックス仕上げのキッチン)

モールテックス仕上げのキッチン

キッチン側にも室内窓を付け、空気の流れと採光を取られた。モールテックス仕上げは愛猫がキッチンに登らないようにと防ぐバッファーも兼ねた。ニッチは設計者からの提案を取り入れた。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (キッチンダイニング)

キッチンダイニング

窓がないスペースではあるが、室内窓のおかげで日差しが届く。リノベーション前に蚤の市で一目惚れしたヴィンテージドアは絶対使いたかったお気に入り。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (ダイニング上の照明は引越し後に見つけたお気に入り)

ダイニング上の照明は引越し後に見つけたお気に入り

引越ししてから買い揃えたものも多く、ダイニング上のライトはやっとお気に入りを見つけ取り付けたもの。インテリアがお好きだという施主様らしく、一つ一つのモノへのこだわりが光る。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (洗面下のネコトイレとトンネル)

洗面下のネコトイレとトンネル

施主様が外出しても、愛猫がトイレに行き来できるようにとネコトンネルも造られた。こうすると玄関には近寄れないので安心の工夫だ。

愛猫が駆け、風が通り抜ける、広々と心地良いインダストリアルな空間。 (オープン収納の玄関)

オープン収納の玄関

広く取った玄関の靴収納スペースはオープン棚にし、充分な広さを感じる。リビングドアから差し込む日差しがあるので閉塞感が最小に。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
19

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理

用途

自宅

居住者

単身

所在地

東京都豊島区

費用

設計・施工:1000万円

延床面積

71㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (スケルトン・リノベーション)

間取り

3LDK → 1LDK

築年数

47年

間取り

リノベーション前

リノベーション後

家づくりのきっかけ・施主の要望

新築やリノベーション済み物件を見たが好みに合う物件がなく、愛猫のための仕様も入れて、自分好みのリノベーションをしようと思われたK様。
雑誌を見て好みの事例をチェックしていき、その中から数社に話を聞きに行かれた。インテリックス空間設計にされた理由は柔軟に好みの施工に対応してくれそうで、見積り金額が具体的で分かりやすかったとのことだ。

プランが始まる前に蚤の市で一目惚れをしたヴィンテージドアを使い、このドアのヴィンテージ感に合わせたデザインにしたいとご希望。さまざまな事例写真の中から、躯体現しやモールテックス、室内窓など好みの施工を取り入れていかれた。
建築士とは持っていた家具や、これから買うものなどの写真などを頻繁に送りイメージの共有をしたので、アクセントになっているキッチンカウンターのニッチや、寝室の一部にあるインナーテラスの床色など提案を取り入れたことも多く、どれも気に入っているという。

この事例の見どころや工夫したところ

リビングと寝室の間に扉のない間仕切り壁を造り、その上部に造作した大きな室内窓はこだわりのひとつ。間仕切り壁の両側には扉をつけなかったのは、愛猫が自由に行き来できるようにするため、そして扉を作ることで空間が分断されてしまうのも嫌だったという。
室内窓枠の色は試し塗りの木片を並べて選ばれたそう。昼夜で印象の変わる絶妙なグレイッシュトーン。お好みのインダストリアル系のスタイルに、木目が見えるぐらいに塗り上げた室内窓が全体を調和されていた。

施主の感想

インダストリアル系、和風、ヴィンテージと、さまざまなテイストをまとめられたが、そのどれもが強く出すぎないようにたくさん悩んだとK様。工期までに細かい部分まで決めなければならないなど、追い込まれたこともあったが、そんな時は美術館やインテリアショップで気分転換をして1日でもリノベーションのことを忘れてすごし、リフレッシュされたそう。そうするとまた気持ちが高まり、考えることができたとか。

「インテリックス空間設計のみなさんが管理組合と細かなやり取りをしてくれたり、思いがけない事態にも素早く対処してくれて。その上で『せっかくの自分の家なんですから、楽しみましょう』と声を掛けてくれて、私も楽しもうと思えました。
あちこち試行錯誤していただいて、仕上がりはとても気に入っています。でもやっぱり和の雰囲気は好きなので、将来的には和風にリフォームするかもしれませんね」と話された。

いい家!
19

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

インテリックス空間設計

インテリックス空間設計

理想の家に対する気持ちの持ち方は人それぞれ。悩みもこだわりも違います。 例えば間取り。今までは自分の暮らし方を間取りに合わせていませんでしたか? ご自身のライフスタイルにあわせて最適に、快適に。 資金計画からプランニング、お住まいになってからの満足度や安心感まで わたしたちは一人ひとりの理想の暮らしを叶える「きもちまで測るリノベーション」でお応えします。

所在地

東京都渋谷区渋谷2-9-11 インテリックス青山通ビル

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

インテリックス空間設計さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

インテリックス空間設計

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都