マンションリフォーム・リノベーション

ペットへの愛情にあふれる住まいは、リノベーションだからこそ。

面積:

60㎡

費用:

780万円

築年数:

15年

エリア:

神奈川県川崎市

実施時期:

2016年

内容:

猫が飼える物件でも、猫のための仕掛けはない

リビングに足を踏み入れた瞬間、キャットタワーと、そこから壁に続くキャットウォークが目に飛び込んでくる。愛猫が上へ下へと遊び回れ、すみずみまで猫への愛情にあふれている。
「ペット可の物件をいくつも見ましたが、キャットドアなどペットに特化した設備が付いているわけではありませんし、価格が結構するわりに良い物件は見つかりませんでした。またリノベーション済みの物件は、価格に工事費が上乗せされているので高くなってしまいます。手頃な中古マンションを購入して自分でリノベーションをしても、予算はそれほど変わりません。それなら自分の好きなようにやった方がいいと思いました」
実は物件を探す中で、インテリックスがリノベーションを手掛けた物件に出会った。条件が合わず購入には至らなかったが、その仕上がりが気に入って、リノベーションをするならインテリックスにと決めたそうだ。


愛する“家族”が暮らしやすい気配り

目立った間取りの変更は、部屋数を減らしてリビングを大きくしたくらいだが、猫との暮らしを考えた細部へのこだわりが興味深い。例えば、寝室のドアにはキャットドアを付けた。これで、猫が寝室とリビングダイニングを自由に行き来できる。 そして床にも猫への配慮が。ナチュラルで温もりを感じる風合いが人気の無垢床だが、この床に決めた理由はО様ならではだ。
「普通の床だと猫がすべって歩きにくいようなので、すべらないように無垢床にしました。キャットウォークに使った板も無垢材です。床とキャットウォークに雰囲気を合わせて、家具も買い替えました。それまで持っていた家具には統一感がありませんでしたが、せっかく家をキレイにしたのだからと思い切りました」
猫のための家作りが、暮らし全体をナチュラルな雰囲気に彩っている。


部屋を爽やかにしてくれる珪藻土の壁

家の雰囲気だけではなく、猫のための配慮は偶然にも暮らしやすさにつながっている。
「猫が爪を研ぐと壁紙はすぐダメになってしまうので、塗り壁にしようと思いました。そこで塗り壁の中でも見た目が気に入って選んだのが、珪藻土の壁です」
最近はバスマットの素材としてもポピュラーな珪藻土。見た目で選んだと話すが、湿度を適度に調節し、気になる臭いを吸収してくれる珪藻土の壁は、部屋の空気を爽やかにしてくれる。ウォークインクローゼットの壁にも珪藻土を使っているので梅雨時の湿気に悩まされる心配もないだろう。


防音対策の二重サッシは防寒対策にも

大きな通りに面しており、取材中にも、かなりの数の車が通り過ぎるのが窓から見えた。しかし騒音はまったく気にならない。
「防音のため、プランナーさんにも勧められて、通りに面した窓は二重サッシにしました。二重サッシは防寒効果も素晴らしいですね。これには気が付かず、一番大きな掃き出し窓を、通りに面していないからと二重にしなかったんです。初めて冬を迎える11月辺りから寒さを感じるようになり、あわてて二重サッシにしました。最初からやっておけば良かったですね」


何もかも快適な家が実現

それまで賃貸マンションに暮らしていたこともあり、リノベーションをした新しい住まいは、何もかもが快適で素晴らしいというО様。
「間取りも壁も、何もかも自分の好きなようにできるので、こんな家に住みたいというイメージがあるなら絶対にやった方がいいと思います。それほど予算が変わらずに、好みの家に住めるんですから」
広いバスルームに、大きな収納スペースをはじめとした使い心地のいい設備。ご夫婦で目黒通りのインテリアショップを探し歩いて見つけたというダイニングのペンダントライトも、カフェのようにオシャレで目を惹く。

「猫と暮らすことがきっかけでリノベーションを決めましたが、自分でやらないと絶対に実現しない家になりました。こうしたいという要望に対して、プランナーさんは専門家の視点でいろいろなアイディアをくれて、それがどれも納得できるものだったのでお任せして本当に良かったです」

猫が住みやすい仕掛けがたくさん詰まっている。ダイニング上の照明は2人でインテリアショップを巡って選んだもの

キャットウォークが見渡せ、猫とのコミュニケーションが楽しい。床・キャットウォーク共に猫が歩きやすいようにと無垢床を選んだ。

猫が爪研ぎをすると壁紙がすぐにダメになってしまうから、塗り壁をチョイス。珪藻土の壁は見た目が気に入って選んだ。湿度も調節されさわやかだ。

キッチンからダイニング~リビングはもちろん、キャットウォークが見渡せる。猫との会話をしながらキッチンにいることも。

珪藻土の壁は玄関にも。玄関収納もたっぷり。

バス・洗面はモノトーン。コンパクトながらゆったりとしたスペースになっている。

柄入りのモスグリーンのアクセントクロスが落ち着いた雰囲気

塗り壁ならではの仕上がり。素材は珪藻土

このプロジェクト事例を手掛けたリフォーム・リノベーション会社

インテリックス空間設計

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

理想の家に対する気持ちの持ち方は人それぞれ。悩みもこだわりも違います。 例えば間取り。今までは自分の暮らし方を間取りに合わせていませんでしたか? ご自身のライフスタイルにあわせて最適に、快適に。 資金計画からプランニング、お住まいになってからの満足度や安心感まで わたしたちは一人ひとりの理想の暮らしを叶える「きもちまで測るリノベーション」でお応えします。

インテリックス空間設計

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード