注文住宅

Yokono ARK

実施エリア:

神奈川県秦野市

実施時期:

2012年

延床面積:

187平米

内容:

3つの中庭を内包した7.5間角の正方形平面の1階の上に、8.5間×2間平面の切妻屋根の2階が載る。丹沢の麓で、周囲は畑と民家が点在する環境である。近い将来、新東名高速道路が間近を通る計画となっていて、環境が大きく変わることになる。中庭形式はそのような現在の周囲の状況と将来の環境の変化に順応すると考えた。1階の中心に据える居間から見える景色は将来変わることはない。北庭越しには二ノ塔、三ノ塔の頂が軸線上に構える。南庭の壁が余計なものを排除し、庭の背景に空だけを切り取る。もうひとつ、浴室に面した坪庭もある。この家も『呼吸する家』のコンセプトを継承し、自然の風が流れる健康な家つくりを目指している。