別荘

湯河原の別荘

種別:

別荘

面積:

175㎡

エリア:

神奈川県

実施時期:

2015.04 竣工

内容:

バブル期に建設された日本家屋を親子3代で楽しむための別荘にリノベーションする計画です。
庭に面して配された4室(和室2室+ダイニング+キッチン)を、LDK+和室1室としました。機能しなくなっていた全館空調用のダクトとそれを覆っていた天井を撤去し、天井高3.2mを確保しました。縁側空間をLDKに取り込み一室空間とすることで、庭への開放性を強めました。
また、自然素材をよく吟味して選び、使用目的にマッチした仕上げを施すことで、「訪れる度に心が開放される別荘」を目指しました。

小嶋良一|こぢこぢ一級建築士事務所

「心地の良い暮らし」と聞いて、どんな情景が思い浮かぶでしょうか? くつろいでいるご家族の笑顔ではありませんか? ひょっとすると、その背景には夕焼けや木漏れ日・そよ風といった「自然」が描かれていませんか?太陽と風の恵みを取り込みながら、住まい手の暮らしをありのまま受け止める「器」のような家をつくりたいと思っています。もしその器が、手触りも良く、時とともに風合いを増す素材でできていたら、より豊かな気持ちで日々を過ごせるように思います。

この専門家のプロジェクト一覧