写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
7

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, プロデュース・コーディネート

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

神奈川県平塚市

費用

設計・施工:1000〜1500万円

延床面積

51.34㎡

施工面積

69.72㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム

階数

平屋

築年数

20年

期間

設計:16ヶ月 、施工:2ヶ月

完成時期

2011年07月

設計会社

こぢこぢ一級建築士事務所

「木造平屋リフォーム済み! 築年数15年! 延べ床面積15坪!」
Mさん夫妻が5年前に購入した物件だ。娘と3人、小さな家で暮らしたい!お二人にとっては申し分のない広さだった。しかし、どうしても気に入らないことが一つだけあった。キッチンから食卓までの動線だ。一度、和室を突っ切らなければ食卓のある洋室へ行けなかった。その後息子さんが生まれ、さすがに少し手狭に感じ、どうしたものかと、こぢこぢへ相談する運びとなった。
動線問題を解決すべく、キッチン·和室·洋室を隔てる壁を取り払い、足りない床はロフトを設けて補うことで、立体的な広がりのある空間が出来上がった。現れ出てきた松丸太。古民家風を期待したが火打梁はスチール製で、和室の柱は集成材の化粧単板貼りだった。
築20年という年数はアンティークと呼ぶにはいささか浅すぎた。見られることを前提としてない構造材。それらの無骨な質感は、まるで何かの道具のように頼もしい風格を漂わせていた。空間の統一感を図るため、床·壁·天井はもとより、棚や手摺·カーテンレールに至るまで、可能な限り無垢材を使用した。木でも鉄でも理屈抜きにムクが合っていた。
この家を貫いている世界観。それを表すピッタリの言葉が見つかった。ブロカント(BROCANTE)というフランスの言葉だ。「アンティークほどの年月が経っていない、人々に愛されてきた古道具」という意味だ。これからも住まい手から愛され続けて欲しいという思いを込め、ブロカントハウスと命名した。

リノベーション前の写真

いい家!
7

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

小さな拘りの積み重ねで上質な空間を生み出す設計事務所

所在地

神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-23-7 プラーザビル倉本206

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小嶋良一|こぢこぢ一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る