注文住宅

アンティーク雑貨が揃うカフェのような美しい住空間 – BASC GRAY -

面積:

39㎡

費用:

400万円

築年数:

16年

エリア:

神奈川県横浜市

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「アンティーク雑貨が揃うカフェのような美しい住空間 – BASC GRAY -」

内容:

家族構成: 夫・妻・犬

お子様が社会人になり独立したのをきっかけにリノベーションに踏み切ったS様ご夫婦。国内外で集めたセンスのよい雑貨や家具が揃うLDK を中心にリノベーション計画がスタート。ご夫婦の主なご要望は『収納量・使い勝手・デザイン・広がりのあるリビング』

S邸の主役とも言えるリビングボードは、カップボードとTVボードが合体したオーダー家具。天板は床材と同じフローリング用いることで、室内の統一感と材料費のコストダウンを実現。塗装色はドアと同色のシックなブルーグレー。ご夫婦の雑貨や食器・家具のコレクションにもマッチしている。
 キッチンの白塗装のカップボードも同仕様のオーダー家具。撤去できない構造柱があったため、設計には一工夫。キッチン側は調理家電が機能的に収納できる実用的なカップボードを造作。カウンターと柱を一体化することで生まれるデットスペースを活かし、リビング側には扉付きの収納を組み込み、機能的で大容量の収納を確保した。キッチンは既存のままだが、扉を塗装して取っ手のみを交換。これだけでも雰囲気はかなり変わる。【リノべりす掲載事例】

階段室と撤去できない構造柱をリビングへ取り込み、広々したLDK へ。

調理家電が機能的に収納できる実用的なカップボードを造作。引き出しの取っ手や塗装はキッチン扉と同仕様で統一感を。

吊りボルトとSPF 材を使用した吊り棚は、両面からの見通しも良く空間を広く見せるポイント。デッドスペースは無駄なく活用。

LDK の顔ともなった造作リビングボード。
シェーカースタイルのディテールもSさんのイメージ通りに。白い空間と無垢のフローリングにマッチしている。

リビング内に取り込まれた階段は、空間に立体感と表情を与えた。階段の手摺はアイアンのバーにすることで圧迫感を排除しすっきりとさせた。

かつて階段下収納だったスペースをペットのトイレへ変更。

土間にステップを設けてホールを広くした玄関。

株式会社 空間社

「居心地のいい家」はそこに住む人の気持ちを豊かにしてくれる、そんな風に私たちは常々感じます。住まいづくりの仕事は、そこに住む人の人生にかかわる大切な仕事。だからこそ、家づくりを任せて下さった方に感謝し、ひとつひとつを丁寧に仕事をしていきたいと思っています。

この専門家のプロジェクト一覧