マンションリノベーション・リフォーム

ヴィンテージマンションで渋カッコよく暮らす – circle -

面積:

50㎡

費用:

700万円

築年数:

37年

エリア:

東京都板橋区

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「ヴィンテージマンションで渋カッコよく暮らす – circle -」

内容:

最寄駅から徒歩2分という好立地と丸窓が特徴の築37 年の中古マンションを購入し、全面リノベーションすることにしたYさんご夫婦。「渋カッコよく暮らす!」をコンセプトに様々な素材を組み合わせた楽しい住まいを計画した。もともとヴィンテージ雑貨や本など趣味の物をたくさん持っていたので、それらをどうレイアウトするかがプランの鍵だった。

当初から要望していた躯体現しの壁面と既存のコンクリートブロック壁はインテリアの一部として残し、床材は濃淡の木目が特徴的で美しいミモザの無垢フローリングを採用。建築の構造材として使われるOSB合板もTVまわりの壁面に使用した。

キッチンとクローク以外は扉をつけず、古材の足場板を使用したオープン棚でゆるく空間を区切るのみ。これも50㎡という限られた空間に、ふたりの好きなものをなるべくたくさん飾るための工夫である。玄関収納もあえてオープン棚にして靴と共にコレクションを飾るスペースにした。生活感が出やすい細々したものが多いキッチンは基本的に隠す収納とし、LDKをすっきりさせている。トイレや洗面室などの一部壁は、珪藻土や自分たちの好きなカラーでDIY塗装をした。古い建物が持つ個性を活かした空間はふたりのコレクションをより味わい深く感じさせてくれる。【リノベりす掲載事例】

既存の作りを活かし、限られた空間で「物」と「生活」をスマートにレイアウト!

ヴィンテージマンションならではの丸窓が、LDK のアクセントに。リノベーションだからこそ実現できた「渋カッコよい」空間。

白く塗装されたコンクリートブロック壁とミモザの無垢フローリングが見事にマッチ。リビングへつながる廊下はブックカフェのような雰囲気に。

廊下とベッドスペースは、靴棚と同じ古材の足場板を使用した本棚で、ゆるく空間を区切るのみとし、省スペース化を実現した。

洗面のミラーは、この物件の顔でもある「丸窓」に合わせた丸型ミラー。黒の洗濯機もオシャレに馴染み、生活感を感じさせていない。

古材の足場板を利用した靴棚は、コンクリートブロック壁のワイルドな雰囲気と相性抜群。センスの良い小物たちも美しくディスプレイされ、まるでギャラリースペースのよう。

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

空間社

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都ほか

「居心地のいい家」はそこに住む人の気持ちを豊かにしてくれる、そんな風に私たちは常々感じます。住まいづくりの仕事は、そこに住む人の人生にかかわる大切な仕事。だからこそ、家づくりを任せて下さった方に感謝し、ひとつひとつを丁寧に仕事をしていきたいと思っています。

空間社

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都ほか

空間社さんの住宅事例

空間社さんのそのほかの住宅事例