W house (entrance)

entrance

写真:satoshi asakawa

W house (entrance)

entrance

写真:satoshi asakawa

W house (廊下)

廊下

写真:satoshi asakawa

W house (living room)

living room

写真:satoshi asakawa

W house (living room)

living room

写真:satoshi asakawa

W house (living room)

living room

写真:satoshi asakawa

W house (kitchen)

kitchen

写真:satoshi asakawa

W house (kitchen)

kitchen

写真:satoshi asakawa

W house (kitchen)

kitchen

写真:satoshi asakawa

W house (kitchen)

kitchen

写真:satoshi asakawa

W house (kitchen)

kitchen

写真:satoshi asakawa

W house (writing space)

writing space

写真:satoshi asakawa

W house (bed room)

bed room

写真:satoshi asakawa

W house (bed room)

bed room

写真:satoshi asakawa

W house (toilet)

toilet

写真:satoshi asakawa

W house (toilet)

toilet

写真:satoshi asakawa

W house (kitchen - living room)

kitchen - living room

写真:satoshi asakawa

W house (living room)

living room

写真:satoshi asakawa

W house (wash room)

wash room

写真:satoshi asakawa

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, インテリア

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

東京都品川区

延床面積

87.5㎡

施工面積

87.5㎡

改修規模

部分リノベーション (風呂場を除くスケルトンリノベーション)

コンセプトは、住まう人と住まいとの相互関係をより良好にすること。

アイランドキッチンと洗面台の水廻りを中心に、空間の形態を整え、建具を引戸にすることでスムーズな回遊動線を実現した。エントランスは戸建感覚を高めるために、正面に足元が空いた下駄箱を配置、直接部屋の中が見通せないようにしている。背面はリビングとのつながりと場としての魅力を高めるために、思入れのあるオブジェを光で満たす飾り棚を設けた。

リビング、キッチン、ダイニングはゆったりとした広さを確保し、ワークスペースのデスクは明るくて開放的な窓際に 計画。寝室は、壁面と同色の2枚のスライディングドアでプライバシーを確保し、部屋全体の奥行きとキッチンとの連続性を強調するために、面材はキッチン収納と同仕様にした。

寝室の窓際とクローゼットの壁は、湿気対策のために調湿効果に優れた珪藻土壁紙を貼り、カーテンは、 ウォークインクローゼットに収納した衣類の目隠しの役割を果たしている。

洗面台は、アイランドキッチンと同仕様で構成し、その時々の用途と気分に合わせ、羽で視線、光、風、景色をコントロールできる木製ブラインドを採用した。

トイレは、施主好みのパトリシア・ウルキオラの個性的なタイルと、アフリカのお面を際立たせるためのアッパーライトで、独特な雰囲気に包み込まれる空間に仕立てた。

寝室の窓際とクローゼットの壁は、湿気対策のために調湿効果に優れた珪藻土壁紙を貼り、カーテンは、 ウォークインクローゼットに収納した衣類の目隠しの役割を果たしている。

部屋の主な床材は、窓の外の木々との調和を考え、ナチュラルな色見の天然のサイザルカーペットを採用し、壁と天井と 造作家具の面材の塗装は、視覚的な変化による奥深さと空間に与える微妙なニュアンスを楽しむために、アースカラーを基調に5色の塗料を使い分けて、卵の殻ほどの艶を与えた。

施主好みの鳥のかたちをしたドアハンドル、不定形なオブジェのようなフック、私物の銅製のスイッチプレートなどを散りばめて、 施主のモノへの思いを取入れた。

施主の言葉では言い尽くせない感覚を大事にしながら、環境、建築の特徴、庭から見える木々との距離感や関係性などを家作りの主軸としたことで「我が家」と思える住まいに再生できたと思います。

photo : satoshi asakawa

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この住宅の写真

手掛けた建築家

関 洋

SEKI DESIGN STUDIO

関 洋

対応業務

リノベーション (戸建、マンション)

所在地

東京都中野区東中野2-4-16パークハイム東中野303

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

関 洋さんのそのほかの住宅事例

O house

マンションリノベーション

130㎡

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

関 洋

建築家 / @東京都