出会うべき住まい (出会うべき住まい ダイニング 1)

出会うべき住まい ダイニング 1

敢えて既存窓高に合わせて天井を勾配にする事で奏でた、この凛とした空気感。 杉の無垢床材に、壁はグレー調の色みの入った自然系クロス。 天井は、現場監督が材木問屋まで足を運んで厳選したラワンベニヤ。

出会うべき住まい (出会うべき住まい ダイニング&キッチン 1)

出会うべき住まい ダイニング&キッチン 1

ダイニングから重厚な佇まいのキッチンを臨む。 この雰囲気の対比が、双方の空間をより際立てている。

出会うべき住まい (出会うべき住まい ダイニング&キッチン 2)

出会うべき住まい ダイニング&キッチン 2

ダイニングに設けた多目的カウンター。 実用的でありながらも軽やかさも健在。 向かって左のキッチン側は、敢えて奥行を深く設けて、調理作業台としても利用可能。

出会うべき住まい (出会うべき住まい キッチン 1)

出会うべき住まい キッチン 1

昂然とした趣を醸し出すキッチン。 安定感のある造りの造作キッチンと古びた塗装がモルタル壁とマッチする。

出会うべき住まい (出会うべき住まい キッチン 2)

出会うべき住まい キッチン 2

敢えてシンプルに、自由度が高いオープン収納の造作キッチン。 換気扇も安価で、シンプルな仕組みのプロペラ式。 実は他のレンジフードよりも吸い込む力は優秀。

出会うべき住まい (出会うべき住まい キッチン 3)

出会うべき住まい キッチン 3

背面収納も敢えてオーブンに。 ワゴンや木箱などを自由に使って収納できる。 カウンター代わりにもなる高さを基準に、上部にも入れるモノの奥行を考慮した棚を設置。

出会うべき住まい (出会うべき住まい ダイニング 2)

出会うべき住まい ダイニング 2

キッチンからダイニングを臨むと勾配天井と障子の柔らかさが目を引く。 家族の笑顔を近くに感じながら家事ができそうだ。

出会うべき住まい (出会うべき住まい ダイニング 3)

出会うべき住まい ダイニング 3

手前のダイニングと奥の元は和室だった空間を程良い繋がりに。 奥の空間には座卓の高さのカウンターと収納棚を設けて、実用性も重視した。

出会うべき住まい (出会うべき住まい リビング)

出会うべき住まい リビング

程良い存在感の化粧梁と柔らかな障子が空間を引き立てる。

出会うべき住まい (出会うべき住まい 玄関)

出会うべき住まい 玄関

玄関収納もオープンにする事で、常に風通しも良く、子ども達も簡単に取り出せる、優しい造り。

出会うべき住まい (出会うべき住まい)

出会うべき住まい

使い勝手の良い、大きな洗面ボウルと水栓。 水はねも安心なモルタル壁と相まって、どこか懐かしい、落ち着いた表情に。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理, インテリア, 土地・物件探し

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都

改修規模

フルリノベーション・リフォーム

階数

2階建て

戸建リノベーションを想定しての

物件探しから始まった

『出会うべき住まい』までの行程は、

楽しくも有り、驚きや発見も有りながらの

でも、ややハードな登山のようだった、だろうか。





目標となる地点は、どんな景色が広がっているのか。

そこまでは、どのくらいの時間を要するのか。

そこに辿り着くくまでには、何が在るのか。

歩いても歩いても、なかなか先が見えない。

時にちょっと休憩。ここで良いのか。先に進むのか。











それは遡る事、去年の新緑が深まって

初夏を感じ始める時期だっただろうか。

およそ1年程前から、急遽、その登山は始まった。





そして、住まい手さんの奥さまのお腹には

お2人目の生命が宿っており、

何せ、その登山の最中は

太陽の日差しから逃げたくなる様な時期だった。





でも、こちらの住まい手さんは、

そんな中でも納得する物件に在りつくまでの努力を惜しまず、

日々コツコツとアンテナを張っておられ、

実際に足を運んだ物件数は、20件程はあったと思う。





何よりお子さんの事を重視した環境を求めて、

しっかりとした譲れない条件をお持ちでありながらも、

臨機応変に、工夫や発想の転換で解消できる部分は

緩くも、上手に受け入れる事が出来る方々でした。











そして、ようやく『出会うべき住まい』に

やっと辿り着いた時は9月。

何とか、5か月後の当時の賃貸住宅の更新時までに

引っ越したい。

けれど、、、

ココには大きな壁が待ち受けていました。



築20年以上の物件で、住宅ローン減税を受けるには

一定の要件を満たしていないと受けられない為、

(以前のブログで詳細はご覧下さい)

そこを超えるべき難題をいくつか乗り越えて、

ようやく手に入れる事ができた

この『出会うべき住まい』。



何においても、容易に自分のモノになるよりも

困難があった方が、思い入れも深くはなるもので、

そういう意味でも、住まい手さんを始め、

私達、そして多いにこの難題で活躍して下さった

不動産屋さんのアーキプロジェクトさんの思いを乗せて

リノベーションはようやくスタート地点に立てた。











そして、約3か月間の工事期間を経て、

見事に空間は住まい手さんに似つかわしい姿に変貌したと思う。





真新しいモノよりも、じっくりと経過した時間を感じられるような、

どこか懐かしいような、温かみのある空間を理想とされていたので、

造作キッチンは、思い切って色みを落として、

落ち着きのある、重厚な趣のある仕様にした。

敢えて、全てOPENな造りで、自由度が利くように設計し、

棚板もすぐに外せる仕様。

いずれは、ガスオーブンも入れる可能性も加味して

ガスコンロ廻りもシンプルな造りとした。

壁面もモルタル仕様にした事で、

多少の汚れも気にせずにザックリと扱えるように、

キッチン全体を育ててもらえるような、

そんな仕様を採用した。





そして、元は和室だった空間も、

フレキシブルに使えるように建具は設けず、

2×4工法では撤去できない壁を上手く活かして、

緩やかな区切りとし、どこに居ても

家族の気配を感じられる空間となった。









元和室とダイニングの空間が調和するよう、

至った最終形の障子のデザイン。



天井高2m、と敢えて低さを意識した上で、

既存の出窓高から始まるダインングの勾配天井。







空間自体はシンプルではあるけれど、

これらが、この経年変化する自然素材の空間に

確実に貢献しているのが明らかだ。







この空間も、今のこの凛とした空気感も楽しみつつ、

日々の営みと共に、木の質感が深みを増していくであろう。



今は敢えて対比するキッチンとダインングの空間が

互いを引き立てあっているが、

これが時間と共に、ゆっくりと調和していくであろう。









そして、広いお庭ではデッキや家庭菜園など

これからの楽しみをたっぷりと秘めた土地で、

住まいの周辺環境も住まい手さんらしい、

緑が深い、ゆったりとした生活リズムが似合う環境。





きっとそんな環境の中で、新たなモノを生み出す、

手作りが得意な住まい手さんならではの使いこなしが、

きっと、ゆっくりと、じっくりと、

家族の成長と一緒に、歩み始めてゆくのであろう。





育てていく。

そんな住まい。





やはり、出会うべくして出会った偶然は

必然としか思えてならない。









『出会うべき住まい』だったんだろうな。。。

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた工務店

古今 Design &Crafts

古今 Design &Crafts

はじめまして。 横浜市青葉区青葉台に居を構える古今と申します。 わたしたちの仕事は「住み込む暮らし」をつくること。 手掛ける住まいは作品ではなく、肩肘張らず、自然体でいられる暮らしができるおだやかな住まい。 愛着の湧く素材を用いた住まいと共に、経年美化していく暮らしそのもの。 ここに居たいと思える場所=住まい  がある人ほど、幸福な人生はないと思います。 そんな人生を味わう器のような住まいをあなたと共に創っていきます。

所在地

神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

古今 Design &Craftsさんのそのほかの住宅事例

本棚ROOM

マンションリノベーション・リフォーム

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

古今 Design &Crafts

工務店 / @神奈川県