マンションリフォーム・リノベーション

NEW&OLDな住まい

費用:

720万円

築年数:

30年

エリア:

神奈川県横浜市

内容:

築30年、横浜市若葉台にあるマンモス団地内にある80㎡の
一室を中古購入にされた住まい手様と共に
画一的な暮らしをせざるを得なかった昔ながらの間取りから
今の時代でも通づる普遍的な部分のみを抽出し、住まい手のセンス
やこれからの住まい方を落とし込みながら、丁寧にリノベーション
しました。

既存の和室の設えをリユース。洋室にも合うようタモの突板を貼り、杉の無垢床・障子と共に懐かしく優しい寝室となりました。障子は北側の居室によくある結露を抑制する効果も期待できます。

キッチン~ダイニングの動線。視線が届かない部分には≒1帖のパントリーがあり、キッチン周りの使い勝手を向上させています。

北側玄関側からの借景。下足入れはシナ材の建具とタモ材の天板のみを交換し、リユースしました。

障子は既存のものをリユース。折れていた桟は交換し、新旧の桟が混じって新しいデザインの障子となりました。障子の奥は2.5帖の押入れ兼ウォークインクローゼットとなっています。

玄関を開けると、ガラスの建具越しに南面・リビングからの光が溢れます。目隠し・通風・採光のためツガ材の格子を造作。

リビングには、家族共用のワークスペースと本が好きな住まい手のため大容量の可動式本棚を造作。住まいの中にたくさんの居場所があります。

断熱性能・調湿性能に優れた障子を南面開口部すべてに採用。南面からの優しい光が入ってきます。

キッチンとパントリーダイニングが直線で繋がり、家族の会話が生まれる線。南面の障子からこぼれる柔らかな光の中、ウォールナット材を用いた造作のテーブルで優しい飾らない時間が過ぎていきます。

居室だった部分の間仕切りを取り払い、3枚引戸で仕切れる寝室兼リビング一角の和室としました。黒竹と天井の和紙が空間のアクセントとなっています。

ダイニングの壁面には安価な杉材を貼り、コストを抑えながらも空間のアクセントになっています。その下は、一部タイル貼りとし、緑の居場所を作っています。これからどんな緑が置かれるか楽しみな空間です。

古今 Design &Crafts

はじめまして。 横浜市青葉区青葉台に居を構える古今と申します。 わたしたちの仕事は「住み込む暮らし」をつくること。 手掛ける住まいは作品ではなく、肩肘張らず、自然体でいられる暮らしができるおだやかな住まい。 愛着の湧く素材を用いた住まいと共に、経年美化していく暮らしそのもの。 ここに居たいと思える場所=住まい  がある人ほど、幸福な人生はないと思います。 そんな人生を味わう器のような住まいをあなたと共に創っていきます。

この専門家のプロジェクト一覧