マンションリノベーション・リフォーム

OKAERI~ついつい「ただいま!」と言いたくなる。気がつけばみんなが集まっている、そんな住まい~

OKAERI~ついつい「ただいま!」と言いたくなる。気がつけばみんなが集まっている、そんな住まい~ (リビングダイニング)

リビングダイニング

OKAERI~ついつい「ただいま!」と言いたくなる。気がつけばみんなが集まっている、そんな住まい~ (リビングダイニング)

リビングダイニング

OKAERI~ついつい「ただいま!」と言いたくなる。気がつけばみんなが集まっている、そんな住まい~ (キッチンダイニング)

キッチンダイニング

OKAERI~ついつい「ただいま!」と言いたくなる。気がつけばみんなが集まっている、そんな住まい~ (玄関)

玄関

マンションのドアを開けるともうひとつの玄関が。鎧張りの壁と格子戸が広がり、まるで昔懐かしいおばあちゃんの家に来たような感覚に。お施主様自らが参加してビー玉を埋め込んだ思い出の土間も「おかえり」と迎えてくれるあたたかい玄関です。

OKAERI~ついつい「ただいま!」と言いたくなる。気がつけばみんなが集まっている、そんな住まい~ (和収納(造作))

和収納(造作)

日本家屋の階段箪笥をイメージさせる壁面収納。ウォークインクロゼットや納戸といった収納部屋をただ設けるよりも省スペースかつ、”ただの収納”が愛着のある”住まいの顔”へと変わります。リノベーションだからこそ造れるオリジナリティ溢れる造作家具です。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
11

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

愛知県日進市

延床面積

81.86㎡

施工面積

81.86㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム

間取り

3LDK → 2LDK

築年数

20年

期間

設計:2ヶ月 、施工:2ヶ月

完成時期

2017年04月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

玄関を開けると、思わず「ただいま!」と言いたくなる。その心地よさについつい長居してしまう。まるでおばあちゃん家のような、昔よく行った駄菓子屋さんのような。誰もが懐かしく気軽で心地よい。気がつけば、みんなが集まっている・・・、そんな住まい。

マンションのドアを開けると、もうひとつの玄関ドア。靴を脱げばそこから畳スペース。
廊下という概念をなくし、畳コーナーと階段箪笥の奥には開放的なLDK。どこに居てもゆったりしてしまう住まいです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

(お施主様談)夫婦ともに県外から引っ越してきて、私は8年間、妻は4年間、愛知に住んでいます。子供も産まれて、仕事も落ち着いてきて、この先20年、30年はこの土地で住もうと覚悟を決めたのが、家を買おうと思ったきっかけです。子供が生まれてからは、このエリアの人たちとつながるようになって、ここで友達もできたので、立地は近辺のマンションで探していました。新しい住まいではやりたかったことがあるので、最初から中古を買ってリノベーションしようと決めていました。

この事例の見どころや工夫したところ

(お施主様談)譲れなかったのは土間と必ず“こたつ”は置けるように。私たち“こたつ族”なんです(笑)。今あるモノも夏はちゃぶ台として、冬は天板をとると“こたつ”になる特注品なんですよ。和風の空間はいろんな要素をまとめようとしたら自然と決まりました。“こたつ”は置きたい、家具は茶色いからそれに合うように。そうなるとナチュラルは無理っぽい、じゃあ和なら合うかも!ってね。それからは和のモノを探すようになって、おばあちゃん家みたいな雰囲気にしたいなって思うようになりました。

施主の感想

(お施主様談)まずは土間の収納。キャンプ用品を置いても余裕があって便利ですね。娘はグルグルっと回れる間取りが遊び場になってますし、リビングと和室の段差では座って絵本を読んだりとお気に入りのようです。あとはやっぱりこの和の内装は落ち着きます。引っ越したばかりでも違和感がない。畳の廊下と階段収納もいい感じですね。もし万が一、引っ越すことになってもこの階段収納は持っていきたいので、本来は造り付けにするのですが、あえてバラバラにできるように1つずつ家具として作ってもらいました。

事例の進み方

(お施主様談)初回プランではスペースを気にせず要望をいっぱい伝えてしまったので、全部叶えようとするとリビングを狭くするか、和室を狭くするか、何かを諦めないといけないと思っていたんです。でも次の打ち合わせでは全部叶える方向で提案してくれたので衝撃でした。それはウォークインクローゼットをなくして、和のイメージにピッタリな階段収納にするという案でした。こうすることでスペースも確保できるだけじゃなくて、私たちの目指していたおばあちゃん家みないな昔懐かしい雰囲気も出るので、マイナス発想から真逆のプラス発想になって、打ち合わせ後はルンルンで帰ったのを覚えています。

印象に残っていること

(お施主様談)土間に、昭和レトロ感が出るように家族みんなでビー玉を埋め込む作業をしました。娘はビー玉をにぎったまま放さないなんてハプニングもありましたが、いい体験でした。

リノベーション前の写真

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
11

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

リノキューブ

リノキューブ

創業146年という歴史を誇る株式会社桶庄のリノベ専門部署。住まい創りに長く関わってきた豊富な経験と、お客様が主役という顧客に寄り沿った自由なデザインコンセプトに基づき、中古物件探し、デザイン、アフターサービスまで、ワンストップでサポートします。

所在地

愛知県名古屋市東区相生町96

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

リノキューブさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

リノキューブ

リノベーション・リフォーム会社 / @愛知県