二世帯住宅

中庭と水盤のある家03 既存RC擁壁をくりぬいて

面積:

197㎡

費用:

5500万円

エリア:

大阪府富田林市

実施時期:

2012

内容:

既存のコンクリート擁壁をくりぬいて作られた中庭空間。高低差のある敷地。地階にあたるドライエリアを兼ねたエントランス。コンクリート打放しの荒々しさ、かご擁壁の存在感、大きな木とスチールの引戸、ガラス、そして水盤、それぞれ素材に迫力があります。
日本一のPL花火を 友人を招いて楽しむため、リビングキッチン階と屋上テラスの動線にこだわりました。花火の邪魔をしないよう、大開口は、10mの引き込み。屋上テラスからの雨水は中庭の水盤に貯まります。
既存擁壁とその内側にある地下室のコンクリート造、上部のシンプルな木造ボックスとの『混構造』
夫婦、子供4人、両親,義兄の9人の大家族が、それぞれの距離を保って暮らす家。エントランス階には、一部、家業の倉庫もあります。

テラスはFRP板で プライバシー確保

テラスはFRP板で プライバシー確保

友人が集う空間 中庭から屋上テラスへの鉄骨階段

この住宅事例を手掛けた建築家

中庭のある家|水谷嘉信建築設計事務所

建築家 / @大阪府

☆ ☆ ☆ 光や風を取り入れるだけではなく、空気感や気配が必要です。 ☆ 中庭のある家づくりとは 光や風だけでなく、空気感や気配までもが感じられるような家づくりを目指しています。 リフォームやリノベーションにおいて、減築させることでそのスペースを中庭とすれば住まいが甦えり、可能性が秘められてたこの魅力的な外部空間を取り込むことで住まいがいきいきとします。 ☆ フレキシブルな中庭のある家 時には大きな扉や建具を開閉する事によって性質が変わり、空間をフレキシブルに変化できるように心がけています。 その間取りは、家族の変化に対応させれるフレキシブルであることは大切です。 可動式の間仕切りや家具が空間を変化させ、違った表情が演出できます。

中庭のある家|水谷嘉信建築設計事務所さんの住宅事例

中庭のある家|水谷嘉信建築設計事務所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード