注文住宅

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜

手掛けた建築家

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)を担当

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (前面道路から見た外観)

前面道路から見た外観

外壁の仕上げはヒバ縁甲板とガルバリウム鋼板を組み合わせています。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (借景を取り込んだ2階の共有空間)

借景を取り込んだ2階の共有空間

右手前がダイニング、左奥の一段下がったフロアがリビングのコーナーです。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (ダイニングから見たベランダ)

ダイニングから見たベランダ

2階のダイニングからは広いベランダ越しに豊かな森の風景を望むことができます。 ダイニングとスムーズに繋がるベランダへは庭から直接アプローチできるので、ホームパーティ等の多彩なアクティビティに対応が可能です。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (ベランダからの風景)

ベランダからの風景

手すりは視界を妨げないデザインとなっており、四季折々の風景を様々なシチュエーションで楽しむことが出来ます。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (リビングコーナー)

リビングコーナー

ダイニング・キッチンからスキップフロアで一段下がったリビングコーナーは、家族の距離を縮めるための、適度な『囲まれ感』があります。 借景を望む窓の障子、あえて低い天井、高さを抑えた家具、薪ストーブを将来設置するための工夫等、『家族水入らず』的お茶の間を演出する仕掛けをそこかしこに散りばめています。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (リビングコーナーから見たダイニングとキッチン)

リビングコーナーから見たダイニングとキッチン

アイランド型のキッチンとは竪格子で緩やかに区切っています。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (ハレの玄関)

ハレの玄関

来客用の玄関はセキュリティとプライバシーを重視した設計ですが、自然光を間接的に取り入れることにより、十分な明るさを確保しています。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (親世帯の寝室)

親世帯の寝室

親世帯の寝室にはキッチンも用意されており、子世帯への来客時には親世帯専用のLDKとしても機能します。 ベッドサイドから庭の風景を楽しめるように、濡れ縁の掃き出し窓には雪見障子を設えています。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (子世帯の寝室)

子世帯の寝室

布団スタイルの子世帯寝室は、天井高さも低く抑えてこぢんまりとした雰囲気ですが、造り付けのヘッドボードやアクセントクロス、アシンメトリーに配置した照明器具等の演出が、雰囲気を醸し出しています。 テラス窓からは四季折々の庭の風景を望むことが出来ます。 右の引き戸はウォークインクローゼットへの入り口です。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (隠れ家的ロフト)

隠れ家的ロフト

屋根裏のロフトは子世帯ご主人の専用スペースです。 まさに『男の隠れ家』的な雰囲気ですが、LDKと吹抜で繋がりつつも適度な距離感を保つことで、閉じこもり感無く家族同士の気配を感じる設計となっています。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (隠れ家的和室)

隠れ家的和室

ダイニングと繋がる和室は、来客用の寝室として、あるいはふと日常を忘れる空間として用意されました。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (道路からのアプローチ)

道路からのアプローチ

道路から玄関へのアプローチは、和と洋が上品にミックスされたデザインです。 遠い昔に訪れた、高原リゾートで辿った小径の記憶が甦ります。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (黄昏時の外観)

黄昏時の外観

非日常を冒険する大自然であるならば、それは人を暖かく迎え、護り、安らげる場所。 日常を過ごす場所であってもそうありたい。 それこそ この家を山荘と呼ぶ所以なのです。

朝比奈山荘 〜なつかしさとあたらしさと、いまそこにあるリゾート〜 (黄昏時のL・D・K)

黄昏時のL・D・K

日が沈み、あたたかな光が灯る空間に、家族が集う時間が訪れます。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
12

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)を担当

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

神奈川県横浜市金沢区

費用

設計・施工:5000万円(設計監理費用含む)

敷地面積

325.82㎡

敷地の特徴

崖地

延床面積

191.96㎡

階数

2階建て

間取り

4LDK以上

期間

設計:18ヶ月 、施工:7ヶ月

完成時期

2014年05月

間取り

手掛けた建築家のコメント

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)を担当

横浜市郊外の閑静な住宅地に佇む2世帯住宅は、隣地の借景を利用したリゾート感覚のインテリアと、品のある山荘のような外観が特徴的です。

この住宅では3世代が気持ちよく生活できるように、プライバシーを守りながら家族の繋がりを感じられる様々な『居場所』が用意されました。
美しく生活するためのアイディアはそこかしこに散りばめられ、さりげなくインテリアに調和するよう工夫されています。

切り取られた緑豊かな風景を望みながら、そこはかとなくリラックス感が漂う住空間は、非日常的なリゾートではなく、私たちが住んでいるのと同じく、まぎれもない日常の住宅なのです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

お客様ご夫婦が、娘夫婦と本格的に同居するにあたって、元々お住まいになっていたお宅を2世帯住宅として建て替えることになり、大手ハウスメーカー各社に提案を依頼されたのですが、どこからも満足のいくプランが得られず、別の方法を模索されていたところ、住宅雑誌で当方の二世帯住宅の実績をご覧になり、期待が持てそうだということでお声がけを頂きました。

この事例の見どころや工夫したところ

二世帯住宅ではありますが、同居するのが娘夫婦ということもあり、完全分離にはしたくないというお話しでした。以前のお宅で既に同居されており、若主人も義理のご両親と良好な関係を築いていらっしゃいましたので、それぞれの居場所を作りつつも気配を感じゆるやかに繋がる完全同居のプランとしました。
また、将来的に薪ストーブやホームエレベーターを設置することも想定した上で設計、施工しています。

施主の感想

以前のお宅では見えなかった素晴らしい景色を楽しめるようになり、家族それぞれの居場所もできたことで、より楽しく暮らせるようになったとのことでした。今ではどこに遊びに出かけても、家に帰るのがとても楽しみになったそうです。

事例の進み方

1つの家ではありますが、2つの家族が同居しますので、それぞれで意見が異なることも多々ありましたが、そこは毎回、みなさんとじっくりとお話し合いを重ねた上でご提案させて頂くことで、最終的にはご満足を頂けるプランが完成しました。

印象に残っていること

設計開始前にお客様から雑誌の切り抜きや参考写真がまとめられたファイルを頂いた時、そのファイルがとても分厚かったこと、また、設計期間中にリフレッシュということで、お客様から少し長いお休みの期間を頂いたことも、特に印象に残っています。

いい家!
12

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

神奈川県横浜市港北区篠原町82-23-2F

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 静岡県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,400〜3,600万円

60平米 フルリノベ

4,800〜6,600万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

岡本 浩さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

岡本 浩

@神奈川県