注文住宅

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜

手掛けた建築家

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)、土地・物件探しを担当

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (道路から見た外観)

道路から見た外観

西側の道路から見た外観です。敷地は東西に細長く、南側(画面右)が高くなっている傾斜地です。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (雲のような天井とトップライト1)

雲のような天井とトップライト1

雲のような天井が特徴的な2階は、スキップフロアのワンルームとなっています。トップライトからの光が空間全体の明るさを保っています。手前がLDK、奥が“空の間”です。造付けのベンチの横に“クラ”への出入り口が見えます。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (雲のような天井とトップライト2)

雲のような天井とトップライト2

“空の間”からLDKを見下ろしています。雲のような天井はトップライトからバルコニーを越えて空へと、滑らかに連続します。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (壁の奥行きを利用した壁面収納)

壁の奥行きを利用した壁面収納

奥行きのある壁の内部に、エアコンと飾り棚、照明器具(間接照明)を設置しています。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (家具としてデザインされたキッチン1)

家具としてデザインされたキッチン1

キッチンは設備というよりも家具としてデザインし、製作しました。 チョコレート色の人造大理石と抹茶色の化粧パネルの組み合わせが個性的です。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (家具としてデザインされたキッチン2)

家具としてデザインされたキッチン2

調理家電は家具の中にすっきりと収納されます。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (眺めの良いバスルーム)

眺めの良いバスルーム

バスルームのピクチャーウィンドウからは、ウッドデッキのむこうに豊かな緑の風景が見えます。 トップライトからは爽やかな光が降り注ぎます。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (豊かな緑と崖に面したウッドデッキ)

豊かな緑と崖に面したウッドデッキ

崖に面したウッドデッキは豊かな緑と遮るもののない眺望に面しています。 ハンモックを下げれば、リゾートの気分を味わえます。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (ガラスブロックに包まれた化粧室)

ガラスブロックに包まれた化粧室

化粧室は乳白ガラスブロックの柔らかい光に包まれています。 手洗い台は、遊び心のあるロールのかたちをしています。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (ガラスブロックに包まれた玄関ホール)

ガラスブロックに包まれた玄関ホール

玄関のガラスブロックは透明と乳白を組み合わせて上品なリズム感を演出しています。土間の仕上げは豆砂利洗い出し仕上げ、床はタイルです。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (外観のアクセントとなるガラスブロック壁)

外観のアクセントとなるガラスブロック壁

緩やかなカーブを描くガラスブロック壁の、向かって右側が玄関、左側が化粧室です。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (夜の外観)

夜の外観

西側の道路から見た夕景です。道路から特徴的な天井の造形が見えます。

ひかりと雲の家 〜雲間から差し込むやわらかな光に満たされた安らぎの空間〜 (LDKの夕景)

LDKの夕景

2階LDKの夕景です。雲のような造形的な天井は、照明器具等の設備を取り付けずに済むよう工夫しています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
8

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)、土地・物件探しを担当

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

神奈川県横浜市港北区

敷地面積

140.46㎡

敷地の特徴

傾斜地, 崖地

延床面積

119.21㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

間取り

手掛けた建築家のコメント

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)、土地・物件探しを担当

東西方向に奥行きの深い、北向きの急斜面に造成された敷地のため、南側からの採光が得られず、建物の中心部分に日照が届かないことが予測できました。
そこで、2階をワンルームのLDKとして、天井の真ん中にトップライトを設けました。
さらに、トップライトからの光を雲間から差す一筋の光線と見立て、背景となる天井のかたちをデザインしました。ゆるやかなカーブで構成された天井の造形は、時の流れと共にうつろいゆく光と影のグラデーションをおおらかに受け止め、やわらかく映し出します。
東と西のそれぞれに広がる豊かな緑の景観も、大きな開口部を通してインテリアに取り入れています。

家づくりのきっかけ・施主の要望

土地探しの段階からお手伝いをさせて頂きました。
傾斜地で急な崖に面しており、北向きの土地という難しい条件の土地でしたが、お客様のご要望をしっかりと設計に反映させることに全力を注ぎました。
現代アートを愛するお客様でしたので、使い勝手と芸術性を両立することを目指しました。

この事例の見どころや工夫したところ

個人住宅としては一般的な木造軸組2階建てですが、2階をスキップフロアとすることで、中二階に収納を設けることが出来ました。容積率や木造3階建ての規制に縛られず、コストも押さえながら床面積を確保し、十分な収納を設けることで、スッキリ片付いた美しく暮らせる住宅を実現しました。また、2階のスキップフロアは、ゆるやかなカーブを描く天井の造形と相まって、住み人の感性を具現化したかのような、豊かな空間を創出しています。

施主の感想

お客様は共働きなのですが、帰宅後や休日はLDKで雲のような天井や、眼下に広がる風景を眺めてぼーっとすることが多いそうで、時が経つのを忘れるくらいリラックスできる空間になっているようです。

事例の進み方

土地を購入する際に、併せてご相談を頂きました。
北向きの急傾斜地で急な崖にも面しており、紋切り型の設計では対応出来ない難しい敷地ですが、抜群の眺めがあり、価格も抑えられるというメリットがありましたので、設計の工夫でデメリットを乗り越えるよう努力しました。
また、奥様が幼少の頃より『渡辺篤史の建もの探訪』(テレビ朝日)のファンで、渡辺篤史さんにお会いするのが夢、ということを伺っておりましたので、設計にも力が入りました。

印象に残っていること

『渡辺篤史の建もの探訪』(テレビ朝日)への出演を果たし、ご主人様から、奥様の夢が叶ったことへの感謝のお言葉を頂いたことが、とても嬉しかったです。

メディア紹介

『渡辺篤史の建もの探訪』(テレビ朝日)

いい家!
8

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

神奈川県横浜市港北区篠原町82-23-2F

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 静岡県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,400〜3,600万円

60平米 フルリノベ

4,800〜6,600万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

岡本 浩さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

岡本 浩

@神奈川県