注文住宅

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」

手掛けた建築家

設計、監理を担当

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」 (リビング・広縁・中庭)

リビング・広縁・中庭

リビングからは中庭が望め、燦燦と陽が注ぎます。多目的に使えるゆとり空間である広縁とはスキップフロアで繋がります。

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」 (広縁(フリースペース))

広縁(フリースペース)

朝日の注ぐ広縁。通路のようであり実は家族みなのフリースペース。 ストレッチや筋トレ、お孫さんのゴーカートにも最適だったりするようです。 天井高さを抑えることで、奥行きを感じる空間です。 また先に広がる高天井のリビングに出たときに、より解放感を感じることができ空間の変化が楽しめます。

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」 (リビング・キッチン)

リビング・キッチン

一段高いスキップフロアの広縁側から、リビングとキッチンを望む。 回遊するように空間がつながり、実際の面積以上に広々と感じる空間。 リビングのダイニングテーブルも、ご希望に合わせて設計し製作したものです。

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」 (玄関ホール)

玄関ホール

玄関から広縁へとつながる引違い戸。細い十字のデザインとし、フロストガラスを落とし込み製作しました。 玄関収納は、スリッパ、傘、長靴などを収納するために製作しました。(靴用の収納は別途、この写真の背面側に壁面いっぱいに創りました)

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」 (リビング)

リビング

リビングは間接照明も取り入れ、シーンに合わせて照明の使い方を選べます。 道路に面する窓は、横連続窓にして、視線を遮断しつつ解放感も失わないように計画。 テレビ台はスキップフロアやテラスに繋がる階段と一体的に造作家具として製作しました。

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」 (中庭・テラス・バルコニー)

中庭・テラス・バルコニー

1階リビングと2階リビングはこの中庭に面して大きく開いています。 中庭を共有することで、同じ景色、同じ季節も二つの家族が楽しむことができます。 バルコニーと外階段でふたつのリビングは動線的にも繋がっていますので、お天気の良い休日は家族みんなが自然と集まる中庭・バルコニーになりました。

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅「バルコニーの家」 (玄関ホール・階段)

玄関ホール・階段

玄関ホールから階段を望む。 階段照明は、ダイヤモンドカットのLED電球をブラケットにして採用しました。光が星形に広がります。 階段スペースには、スリット窓を設けることで、日中は照明なしで十分な明るさが確保でき、隣のお庭の緑の借景も楽しめます。 左手に見えるのは、壁面いっぱいの玄関収納。沢山のくつ、それからコート掛けも備えています。扉は鏡付にして、お出かけ前の姿見になります。 右手に見えるのは、造作家具の玄関収納。土間側から傘と長靴、廊下側からスリッパを収納できるように造りました。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

埼玉県

敷地面積

145㎡

延床面積

190㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

期間

設計:10ヶ月 、施工:12ヶ月

完成時期

2019年08月

設計会社

居アーキテクツ一級建築士事務所

手掛けた建築家のコメント

設計、監理を担当

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅。

親世帯、子世帯とも、リビングを中庭に向かって開きました。
ひとつの中庭を2家族が共有するかたちにしたことで、同じ景色、同じ季節を感じながら、うれしさや楽しみがどちらの家族にもつながっていく家になりました。
その中庭にバルコニーと階段を配置し、ふたつのリビングは中庭経由で往来できるようにしました。
朝はお孫さんがバルコニーから降りてきて「おはよう」の挨拶をしてくれるそうです。

容積率100%という厳しい法規制の下、「それぞれ独立完結も出来る二世帯住宅」としての空間を設えることも一つの課題でしたが、容積緩和規定を活用してご希望を実現することが出来ました。その結果、スキップフロアの変化に富む空間、温熱環境の安定した地下室、たっぷり収納力の床下蔵など、むしろ魅力と利点のある住まいになりました。
地下は鉄筋コンクリート造、地上は木造、バルコニーは鉄骨造という各構造体を適材適所で採用した混構造の建築物です。

家づくりのきっかけ・施主の要望

共働きの娘さん世帯との同居を希望されて、そのために住まいの建て替えをしようとご決断されました。
当初ハウスメーカーなどにも相談されたそうですが、容積率100%の条件が足かせとなり、必要な空間を確保できる提案が出てこなかったそうです。
そこで、やはり建築家に相談してみようと思い立ち、居アーキテクツに来て下さいました。

施主の感想

・今までは、ほどほどに近いとはいえ、別々のところにあった娘さん世帯との同居が実現したことで、二世帯のご家族にゆとりが生まれたそうです。完全独立した形の二世帯住宅ですが、お孫さんたちにとっては広い大きな一軒の家になっているようです。
・とても日当たりが良く快適な住まいになった
・シンボルツリーの足元の植栽や鉢植えや盆栽など、中庭を楽しんでいただいています
・広いバルコニーではプールを特設して2家族で楽しんでいただいています
・冬時期もとても暖かく快適

事例の進み方

最初に親世帯のお施主様から生活の仕方などご要望をヒアリングして、新築6案、改築2案のプランニング提案をさせて頂きました。それを見ていただいた結果、改築はなくなり、新築で進めていくことになりました。また新築6案のうち、一番気に入っていただいたのが、中庭に浮かぶ広いバルコニーがある案でした。
この時点で設計を進めさせて頂く契約をさせていただいて、その後は親世帯のご夫妻、娘さんご夫妻と、それぞれに月2回程度ペースでじっくり打合せしながら設計を詰めていきました。

印象に残っていること

延床面積の上限が厳しかったため、地下室をつくることや、階間の収納蔵、小屋裏収納の容積緩和規定をフル活用して、ご希望の空間を作ることが出来ると確信できたときがポイントでした。2家族のお施主様も設計者である私自身も、そこからは安心して詳細を詰めていくことが出来ました。

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

埼玉県さいたま市浦和区本太1-24-2-105

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,400〜3,000万円

60平米 フルリノベ

600〜1,800万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

居(いとま)アーキテクツ一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード